探蝶逍遥記

アカタテハの産卵など(5月下旬)

 ウスバシロチョウの産卵行動を追跡していた谷戸では、同時にタテハチョウの産卵シーンも観察することができました。最初はアカタテハ第1化。

+++横位置画像はクリックで拡大されます+++
f0090680_16433257.jpg
D71K-34VR、ISO=400、F9-1/500、外部ストロボ、撮影時刻:13時34分

 ウスバシロが全く姿を見せない曇り空の中、母蝶は元気に飛び回り、カラムシの葉上に産卵しておりました。卵の超拡大像です。
f0090680_16434861.jpg
TG4@18mm(自動深度合成+トリミング)、ISO=100、F4.9-1/100、+0.7EV、内蔵ストロボ、撮影時刻:13時44分

 TG4のファームウエアが最近更新され、自動深度合成撮影がより確実に実施できるようになりました。卵撮影を結構頻繁に行う管理人にとっては、本当に有難い改良です。
 アカタテハは明るい草地を飛び回っての産卵ですけど、林道脇の薄暗い環境で産卵行動を取っていたのはイチモンジチョウ第1化の♀でした。
f0090680_16441165.jpg
D71K-85VR(トリミング)、ISO=400、F10-1/320、-0.3EV、外部ストロボ、撮影時刻:10時27分

 葉上をチェックしたのですが、残念ながら産んでおりませんでした。この産卵場所から東側へ15mほど離れた陽光の降り注ぐ地点には、スイカズラの群落があったのですけど、母蝶はそちらには無関心で、薄暗い一角にえらくご執心でした。イチモンジ♀の産卵行動を真面目に観察したのは、これが初めてで、もちろん、産卵シーン撮影も今回が初体験。第2化以降できちんと再観察をしたいものです。

 さて、アカタテハが飛び回っていた草地には、大きな蛹がいくつもぶら下がっておりました。ヒオドシチョウの蛹です。
f0090680_16443762.jpg
D71K-85VR、ISO=400、F10-1/250、-0.3EV、外部ストロボ、撮影時刻:12時02分

 ざっと観察して全7頭ほど。最寄りのエノキから10m以上は離れております。やはり、彼らは蛹化時に相当な距離を歩き回るようですね。鮮やかな緋縅色をもうすぐ観察できることでしょう。寄生で全滅・・・ってことのないように祈ります。
by fanseab | 2016-05-30 20:51 | | Comments(7)
Commented by himeoo27 at 2016-05-31 20:27
この時期の羽化直後の「ヒオドシチョウ」表翅の
緋色の輝きがドきっとするくらい綺麗ですね!
Commented by fanseab at 2016-05-31 21:45
himeooさん、現地ではヒオドシは既に発生済と思います。
仰る通り、鮮やかな緋色は、この時期の見ものですね。
Commented at 2016-05-31 23:02
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2016-05-31 23:05
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by banyan10 at 2016-06-02 07:17
間違えて前の記事にコメント書いていました。重複しますが書き直します。
TG4での卵は一段と綺麗ですね。
シジミチョウの卵も見せてほしいです。
ファームウエアはストロボの光量調整ですか?
TG-3はアップデートなさそうですね。(^^;
FD-1は使っていないのでしょうか?
Commented by fanseab at 2016-06-02 21:10 x
鍵コメさん、別途私信いたしました。ご確認ください。
Commented by fanseab at 2016-06-02 21:16 x
banyanさん、ファームウエア変更はFD1を最大限有効活用するため、
ストロボ光量調整はもちろんのこと、深度合成時の露出設定も
インテリジェントな仕組みで最適化が図られるようになっています。
もちろん、FD1は使用しております。本件、FD1を使用しない場合の効果も
含め近々に記事にする予定です。
原理上、TG3もファームアップすれば、上記したギミックな仕掛けが使用できる
はずですが、O社は営業戦略上、敢えてファームアップをしないのだと思います
(笑)何故ならストレスを感じさせてTG3からTG4に買い替えて欲しいからです(爆)  
名前
URL
画像認証
削除用パスワード