探蝶逍遥記

モンシロチョウ第1化の増加(4月中旬)

 マイフィールドの多摩川中流域では毎春3月中旬過ぎにモンキチョウ第1化♂が飛び始め、それから2週間ほど経過してからモンシロチョウ同♂が発生します。いずれも言わずと知れた最普通種ですが、この場所に限って言えばモンシロチョウは珍品なのです。モンキ個体数を10とした場合、モンシロはせいぜい多く見積もって2程度。以前、第1化モンシロ撮影のために、わざわざ東京都まで「プチ遠征」したこともあった位です(2化以降はモンシロとモンキの個体数は同等になる)。

 ところがこの春は様子が一変し、モンシロの個体数が著しく増加したように思います。モンシロは蛹越冬ですから、昨年秋最終化世代の個体数が増えたためなのでしょう。直接の原因としては、ホストであるアブラナ科、とりわけ「菜の花」群落が増えたためと推測しています。先月撮影した多摩川中流域の情景です。

+++画像はクリックで拡大されます+++
f0090680_15154540.jpg
GX7-Z60、ISO=200、F2.8-1/3200、-0.7EV、撮影時刻:16時21分

 河原はこれまで見たこともない程、黄色一色に覆われていました。昨年秋、豪雨が降った際、上流から菜の花が大量に運ばれたのか、増加した理由は不明です。さて、一口に「菜の花」と言っても、実体はセイヨウカラシナ(Brassica juncea)もしくはセイヨウアブラナ(B.napus)、あるいは在来種のアブラナ(B.rapa)の可能性がありますし、3種間相互のハイブリッド種もあるようなので、ナノハナ(Brassica sp.)と記載しておくのが妥当なのでしょう。晴天時、この黄色に染まった一角を訪れると最大で10頭ほどのモンシロが戯れておりました。最初は♂の飛翔。
f0090680_15231984.jpg
GX7-Z12、ISO=400、F5.6-1/3200、撮影時刻:10時03分

 背景とのバランスがベストでしたが、こんな時に限ってスレ個体が飛ぶのですね(^^; 次はほぼ完品ですが、菜の花が遠すぎました。
f0090680_1517478.jpg
GX7-Z12、ISO=400、F5.6-1/3200、撮影時刻:11時11分

 しかし、春先第1化のモンシロ♂はとんでもなく速く飛びますね。待ち構えて高速連写しても、あっという間に飛び去ってしまいます。次は♀。こちらはホスト探索(産卵行動)の際、スピードが落ちるので遥かに楽に撮影できます。最初は菜の花をチェックしている個体。
f0090680_1518851.jpg
GX7-Z12(トリミング)、ISO=400、F5.6-1/3200、撮影時刻:9時42分

 お次はカラスノエンドウをチェックしている個体。
f0090680_15182275.jpg
GX7-Z12(トリミング)、ISO=400、F5.6-1/3200、撮影時刻:10時52分

 流石にマメ科には産みませんでした。菜の花が増加した影響でしょうか、ツマキチョウの個体数も増加傾向にありました。
f0090680_15183919.jpg

GX7-Z12、ISO=400、F5-1/3200、撮影時刻:11時19分

 こちらの飛翔も足場が悪いこともあって、歩留り悪かったです。最後に菜の花繋がりで、無理やり菜の花群落を背景にしたギインチモンジセセリの飛翔です。
f0090680_15185369.jpg
GX7-Z12(トリミング)、ISO=400、F5-1/3200、撮影時刻:15時35分

 この春はギンイチ、ミヤマチャバネ共に真面目に追跡していなかったので、両種の動向はよくわかりません。2化以降に調査してみたいと思います。
by fanseab | 2016-05-10 22:08 | | Comments(2)
Commented by clossiana at 2016-05-11 10:17 x
最近都心でツマキチョウが増えていると聞いていますが、モンシロも増えているのですね。
そうだとすれば、アブラナが増えているのが要因の可能性が大ですね。私もツマキチョウが増えているのを実感しておりますので近い内に似たようなテーマでアップの予定です。
Commented by fanseab at 2016-05-11 21:14 x
clossianaさん、ツマキの増加については、以前ムラサキハナナ(ショカッサイ)
の都心での増加が原因とされましたね。多摩川中流域のモンシロについては、場所に
依存していて、小生の観察エリアだけが増加している可能性があります。
今回の観察ポイントより10kmほど下流にダイコンの群落(人為的な植生)があって、
ここは以前からモンシロが多いのです。一般論で都心で増加している・・・意味ではないと
思います。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード