探蝶逍遥記

台湾台東縣遠征記(9)タテハチョウ科その3:ジャノメチョウ亜科B

 引き続きジャノメチョウ亜科のご紹介です。最初はクロコノマチョウ(Melanitis phedima)♀。

+++横位置画像はクリックで拡大されます+++
f0090680_2081418.jpg
D71K-34VR(トリミング)、ISO=400、F11-1/640、-0.7EV、外部ストロボ、撮影月日・時刻:5月12日、7時37分

 ♀はそれほど撮影していないかもしれません。落葉の中ではもちろんのこと、路上でも目立たず、いきなり飛び出してビックリさせられる蝶ですね。次はシロスジマダラ(Penthema formosanum)♂。
f0090680_2083421.jpg
D71K-34VR(トリミング)、ISO=500、F11-1/400、-0.3EV、外部ストロボ、撮影月日・時刻:5月13日、10時44分
f0090680_2084495.jpg
D71K-34VR、ISO=320、F11-1/640、+0.3EV、外部ストロボ、撮影月日・時刻:5月13日、10時50分

 この子とは初対面・初撮影です。マダラチョウに擬態しているとされていますが、登場した時は「一風変わったアカボシゴマダラかなぁ~」程度の印象。擬態の完成度はとても低いです。図鑑で見る限り、中国本土などに分布する同属のP.darlisaの方がよほどルリマダラによく似せております。樹液吸蜜後、脇の草地ですぐに開翅してくれました。複眼の色はArhopalaに似て深緑でちょっと異様な雰囲気ですね。マネシジャノメ類は全般に大型で迫力があり、管理人はフィリピンで繁栄しているZhetera属を是非撮影したいと思っておりますが、いつのことになるのやら・・・。お次はルリモンジャノメ(Elymnias hypermnestra hainana)の♀。
f0090680_2093880.jpg
D71K-34VR(トリミング)、ISO=400、F10-1/800、-0.7EV、外部ストロボ、撮影月日・時刻:5月13日、9時00分

 本種の♂2頭がバトルを繰り広げていて、2頭が飛び去った後、近くの葉上で日光浴している光景です。燦々と陽光が照りつける場所にはあまり出てこない種なので、ちょっとビックリです。4種目はコウラナミジャノメ(Ypthima baldus zodina)♂。
f0090680_2095683.jpg
D71K-34VR(トリミング)、ISO=左400/右320、F10-左1/400右1/800、-0.7EV、外部ストロボ、撮影月日・時刻:5月14日、左9時38分/右10時13分

 普通種でこれまで複数回撮影しているので、ここでは高温期型2頭の個体変異を示してみました。最後は(タイワン)ウラナミジャノメ(Ypthima multistriata)♂。
f0090680_2010167.jpg
D71K-34VR(トリミング)、ISO=400、F11-1/640、-1.0EV、外部ストロボ、撮影月日・時刻:5月11日、13時06分
f0090680_20102613.jpg
D71K-34VR、ISO=400、F4.5-1/250、-1.0EV、外部ストロボ、撮影月日・時刻:5月11日、13時08分

 台湾到着後、台風一過、ようやく雨が止んだ後、初めて撮影できたのが本種でした。日本では大変局地的な分布を示す本種ですが、台湾ではちょっとした草地ならどこにでもいる普通種です。

 今回遠征で目撃・撮影したジャノメチョウ亜科の種をまとめます。学名で亜種未記載のものは名義タイプ亜種。黄色着色種は管理人の初撮影種。
【ジャノメチョウ亜科】全11種
(1)メスチャヒカゲ(Lethe chandica ratnacri)
(2)タイワンクロヒカゲモドキ(L. butleri periscelis)
(3)ウラキマダラヒカゲ(Neope muirheadi nagasawae)
(4)ヒトツメジャノメ(Mycalesis sangaica mara)
(5)キレバヒトツメジャノメ(M. zonata panthaca)
(6)マルバヒトツメジャノメ(M. mineus)
(7)クロコノマチョウ(Melanitis phedima)
(8)シロスジマダラ(Penthema formosanum)
(9)ルリモンジャノメ(Elymnias hypermnestra hainana)
(10)コウラナミジャノメ(Ypthima baldus zodina)
(11)(タイワン)ウラナミジャノメ(Y. multistriata)

<次回へ続く>
by fanseab | 2015-12-22 22:55 | | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード