探蝶逍遥記

サツマシジミ探索(10月中旬)

 台湾遠征記をちょっとお休みして国内蝶の話題。
 
 昨年に引き続き静岡でのサツマ探索。今年は蝶の発生状況が全般に大変読み難く、それでもサツマ最終化には少し早いかな、とフライング覚悟での出撃です。現地8時半到着。快晴無風で、既に樹冠に陽が当たり始めています。気温も高くそろそろ樹冠から降下するだろうと思いきや、全く影も形もありません。「こりゃ~やっぱりフライングかなぁ!」と諦めムードになった9時過ぎ、林道地表スレスレをチラチラ飛ぶシジミが出現。白い色合いからサツマと直感。吸水するそぶりを見せながら延々100m以上飛んでやっと灌木上に静止してくれました。しかし相当に敏感で、接近すると逃げられ、また接近・・・を繰り返し、ようやく最初のショットが撮れました。
 
+++画像はクリックで拡大されます+++
f0090680_2183431.jpg
D71K-34VR(トリミング)、ISO=200、F11-1/400、-1.0EV、外部ストロボ、撮影時刻:9時08分

 偶々光線状態が良く、縁毛ブルー幻光が撮れてしまいました(^^)/  縁毛の状態も良く、鮮度は抜群です。開翅を期待するものの、この程度がやっと(^^;
f0090680_219059.jpg
D71K-34VR(トリミング)、ISO=200、F11-1/400、-1.0EV、外部ストロボ、撮影時刻:9時10分

 恐らくこれだけ天気が良いと、樹冠上で一旦開翅日光浴をして体が暖まっているので、降下してからは開翅をしてくれないのかもしれません。サツマは逆光で撮って初めて美しさが表現できるシジミです。良いアングルを探そうと動き回ると、その振動を敏感に感じ取って飛び立ち、イライラさせられます。それでも粘って何とかほぼ期待する絵が撮れました。
f0090680_2193616.jpg
D71K-34VR、ISO=320、F10-1/500、-1.0EV、撮影時刻:9時14分

 縁毛が綺麗だとブルー幻光も自然に輝き、画面が引き締まります。順光でもベタ閉翅画像を念のため撮影。
f0090680_219583.jpg
D71K-34VR、ISO=500、F9-1/4000、-1.0EV、撮影時刻:9時18分

 この後、望遠飛翔を撮ろうと追跡している最中に姿を見失ってジ・エンド。今度は場所替えして♀狙いです。昨年♀吸蜜を確認したビワの木を訪れると、全くの坊主。更に♂ポイントへ行くもここも坊主。こちらは完全にフライングのようでした。

 さて、多少時期尚早の感もあったので、11月上旬に静岡へ再出撃。↑の♂画像を撮影したポイントでは9時半まで粘るも坊主。別の♂ポイントもこれまた坊主。♀狙いで転戦したビワの木ポイントでは何とビワの木が伐採!されていてこれには唖然。おまけに近くの♂ポイントもこれまた坊主。飛んでいる白いシジミはウラギンのみ。ダラダラ発生する最終化でも11月上旬は好適期の筈なのにこの有様。トホホです。どうやら個体数の少ない外れ年だった・・・と今シーズンのサツマ探索を諦めることにしました。

 なお、10月中旬に出撃したポイントではウラギンシジミ♂の集団吸水場面を目撃いたしました。
f0090680_21111362.jpg
GX7-P8(トリミング)、ISO=200、F14-1/160、-1.0EV、外部ストロボ、撮影時刻:9時54分

 画面中央付近に4頭、画面左端付近に5頭、合計9頭の♂が写っています。管理人はこれまで海外遠征含め、これだけのウラギン集団吸水場面を見たことがありません。同じポイントを11月上旬に訪問した際は、♂の単独吸水を見ただけでした。ウラギン集団吸水を目撃した日は、ウラナミシジミ♂の吸水シーンも観察できました。
f0090680_21113591.jpg
D71K-34VR(トリミング)、ISO=200、F10-1/500、-0.3EV、撮影時刻:10時14分

 ウラナミの吸水シーンは管理人として初体験。今秋は多摩川縁でもウラナミを観察するチャンスが殆どなく、例年にない不作と感じておりましたので、表翅の鈍いブルーが本当に綺麗に感じたのでした。

<12月18日追記>
12月に入って、静岡在住の蝶屋さんとお話しする機会があり、サツマのことを聞いてみました。
すると、一言「全くの不作ですね~」。やはり管理人の感触は当たっていたようです。これで
変に諦めがつきました。来年はプチ豊作を期待したいものです。
by fanseab | 2015-11-08 21:15 | | Comments(2)
Commented at 2015-11-10 21:26
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by fanseab at 2015-11-11 23:42 x
鍵コメさん、仰る通り、文字通り「白無垢」の表現がピッタリです。
でも、それは♂にのみ当てはまる点で、♀は黒っぽいので、ちょっと
印象は違うんですよね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード