探蝶逍遥記

コジャノメの産卵(5月下旬)

 昨年来の課題で、今回はコジャノメ第1化で挑戦。昨年8月にヒメジャノメ第2化の産卵挙動を観察した経験から午後2時頃にピーク時間帯があるだろうと推測し、探ってみました。場所はこのところマイフィールドにしている東京都下の谷戸ポイント。念のため、正午前後から彼らの様子を確認してみました。正午前後は全く不活発で、こちらが茂みに足を踏み入れるとサッと飛び立ち、すぐに静止するだけです。
 先ず、ここでのホストの見極めをしてみました。一番有力なのはチヂミザサですので、運試しで、2-3枚葉裏を捲ってみたところ、何と3枚目でビンゴ! 1卵が付いていたチヂミザサの環境です。

+++横位置画像はクリックで拡大されます+++
f0090680_21133638.jpg
GX7-Z12、ISO=400、F10-1/30、-1.0EV、外部ストロボ、撮影時刻:12時45分

 矢印の葉裏に1卵ありました。南向きで、比較的明るい環境。次に葉捲りした状況画像。
f0090680_21135580.jpg
GX7-Z12、ISO=200、F3.5-1/50、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:12時43分

 いつもは母蝶産卵撮影の後、卵撮影をするのですけど、今回は順番が逆になりました。ほぼ一発ツモで卵が発見できたのに気を良くして、チヂミザサを捲り続けますが、後が続きません。外れ籤ばかり(^^; 少し間を置いてから、ようやく複数産卵の事例も発見。
f0090680_21142510.jpg
D71K-85VR(トリミング)、ISO=400、F11-1/320、-0.3EV、外部ストロボ、撮影時刻:14時09分

 2および3卵塊の事例です。次にこれらの卵塊を発見した現場の状況。
f0090680_21144153.jpg
GX7-Z12、ISO=200、F5-1/30、-1.0EV、外部ストロボ、撮影時刻:14時00分

 #1,#2は各々2卵塊、3卵塊の産卵場所を示します。その後、葉捲りを色々試した結果、比較的草丈の高いチヂミザサの葉裏に産む事例が多いような気がしました。結局この日は葉捲りだけで合計10卵を発見。♀の産卵時期のピークにあることは間違いないようです。
 さて、コジャノメ達の挙動ですが、午後2時過ぎ頃から♂が活発に飛びはじめ、結構明るい環境まで飛び出してきて探♀行動をスタートさせました。更に2時半頃からようやく♀の産卵行動がスタートした模様です。平均的な鮮度の♀個体閉翅画像です。
f0090680_21151775.jpg
D71K-34VR、ISO=400、F11-1/400、-0.3EV、外部ストロボ、撮影時刻:13時40分

 ♀の産卵挙動は昨年観察したヒメジャノメによく似ていて、上記のような静止モードが長く続いた後、急に思い出したように地表近くをウロチョロ飛び始め、連続的に産卵を行い、再度休止モードに入ります。この休止時間は少なくとも20分以上は継続する感じで、辛抱強くない管理人は待てずについ、他の♀個体を追いかけてしまいます。色々失敗しながら、ようやく撮れたのが次のショット。
f0090680_21155376.jpg
D71K-34VR、ISO=500、F11-1/125、外部ストロボ、撮影時刻:14時22分

慌てて上から見込むアングルですので、腹端も見えません。翅の位置も良くないので更にチャレンジ。今度は翅がほぼレンズに平行になりました。
f0090680_21162581.jpg
D71K-34VR、ISO=400、F11-1/125、外部ストロボ、撮影時刻:14時37分36秒

 しかし前翅が枝被り、これまた腹端も見えないB級ショットですので、更に撮り直しが必要ですね。結構暗い環境なので、ストロボ必須ですが、ストロボ光に相当敏感で、産卵途中で中断してしまう事例が相当多く苦労しました。次はその事例画像。
f0090680_2116439.jpg
D71K-34VR、ISO=400、F11-1/125、外部ストロボ、撮影時刻:14時37分14秒

 ここでは複数卵を産んでいた可能性が強かったのですが、シャッターを押した瞬間、フラッシュ光に反応して急に開翅した場面です。母蝶を驚かさずに撮影するためにはストロボ未使用が前提になりますが、そうなるとISO感度を相当上げねばならず、画像荒れが懸念されます。木蔭で産卵するジャノメ類撮影でいつも遭遇する難しさでしょうね。
 また、産卵場所がかなり薄暗い場所を好む♀個体もおりました。この娘は崖地の薄暗い場所を前脚連打で探索しており、チヂミザサの生えている林道沿いにも降りてきますが、チヂミザサには全く興味を示しません。恐らく崖地のスゲ類を物色しているようですが、ホストを特定できませんでした。全く同じポイントで、ホストの嗜好が全く異なる♀個体が存在することに驚かされました。
 さて、母蝶はひとしきり産卵を終えると、開翅モードで休むことが多いようです。
f0090680_21172591.jpg
D71K-34VR(トリミング)、ISO=400、F11-1/500、外部ストロボ、撮影時刻:13時50分

 相当長時間、開翅しておりますが、やはり相当敏感でカメラマンの僅かな動きですぐに閉翅してしまいます。♂も同様で、午後1時過ぎの時間帯には結構開翅休息している個体が多いようです。
f0090680_21175117.jpg
D71K-34VR(トリミング)、ISO=400、F10-1/400、撮影時刻:13時26分

 ♂は前翅表の白い性標(矢印)が目立ちますが、それよりも前翅翅脈の一部が異常に盛り上がり、まるで翅表に脚を載せているようにも見えますね。
 最後に恒例の卵超拡大画像です。
f0090680_21181960.jpg
GX7-P1442@42mm-P14R(トリミング+上段3コマ/下段4コマ深度合成)、ISO=200、F13-1/250、外部ストロボ+LED、撮影時刻:12時55分

 ジャノメ類の卵によく見られるように表面には細かい網目構造があります。直径は1.1mm、高さ1mm。これは葉捲りで発見した卵画像ですので産卵後経過日数は不明です。ただ胚形成などの色変化が無いので、産卵後3-4日以内と推定されます。次に同属のヒメジャノメ卵(昨年撮影)と拡大像比較をしてみました。
f0090680_21184175.jpg


 コジャノメの方が10%大きい程度で、全体の性状は良く似ております。現在2卵を飼育に供しており、全ステージ完了次第、飼育メモとして記事にする予定です。
by fanseab | 2015-05-31 21:23 | | Comments(2)
Commented by Sippo5655 at 2015-06-02 21:36
あ、そういえば先日、コジャノメがまったりと全開して葉上で休んでました。
あの子も産卵の休憩だったのかも!!

コジャノメは本当に薄暗いところにいるから、産卵の撮影は本当に大変だったことでしょう。
素晴らしい瞬間ですね!
Commented by fanseab at 2015-06-04 00:01
Sippo5655さん、コジャノメの開翅は朝一番以外は午後の時間帯に開くようです。
メスは産卵後、ほぼ確実に翅を開いて休息する姿が観察できます。
今回撮影した場所はそれほど薄暗い場所ではありません。記事に書いたように、相当
暗い環境に産む個体もいるようですが・・・。撮影の苦労は暗さではなく、
母蝶が産気付くタイミングを見極めるのが難しい点にあります。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード