探蝶逍遥記

ツマキチョウ(4月中旬)

 アカタテハやテングチョウの産卵シーン撮影の合間に、草地を舞い飛ぶツマキチョウも撮影しました。いつもは延々と飛び続けて止まらないツマキですけど、この日は比較的フレンドリーな個体が多く、様々な植物で吸蜜してくれたので、久しぶりにツマキの撮影も堪能できました。最初は半逆光・半開翅での♂休止画像。

+++横位置画像はクリックで拡大されます+++
f0090680_20195629.jpg
D71K-34VR、ISO=200、F7.1-1/800、-1.0EV、撮影時刻:8時52分

 同じ個体を完全逆光・閉翅で。
f0090680_20201660.jpg
D71K-34VR、ISO=200、F8-1/500、-1.0EV、撮影時刻:8時55分

 後翅内縁のフサフサとした毛並がとても印象的です。次は吸蜜シーン。最初はクサイチゴ。
f0090680_2021138.jpg
D71K-34VR、ISO=200、F11-1/320、-1.0EV、外部ストロボ、撮影時刻:9時34分

 クサイチゴは混飛していたスジグロシロチョウも大のお気に入りです。次はタンポポ。
f0090680_20211457.jpg
D71K-34VR、ISO=200、F11-1/400、-1.0EV、外部ストロボ、撮影時刻:10時44分

 セイヨウタンポポではなく、在来種のように見えます。そしてダイコン。
f0090680_20212693.jpg
D71K-34VR、ISO=200、F11-1/400、-1.0EV、外部ストロボ、撮影時刻:10時49分

 やっぱり、ツマキは十字架植物への訪花が一番しっくり来るような・・・。最後はムラサキケマン。
f0090680_2022340.jpg
D71K-34VR、ISO=400、F7.1-1/800、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:11時30分

 色の組合せとしては、紫系の花が華やかな雰囲気になりますね。♀は♂に追い回されることが多く、じっくりと吸蜜シーンを撮影させてもらえません。やっとこさ、オオジシバリでの吸蜜シーンをゲットできました。
f0090680_20222611.jpg
D71K-34VR、ISO=400、F6.3-1/2500、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:10時49分

 この日はツマキ吸蜜シーン画像ストックが一気に増えた気分で、とても嬉しかったのですよ!
by fanseab | 2015-04-30 22:46 | | Comments(4)
Commented by Sippo5655 at 2015-05-01 22:42
ケマンソウで吸蜜する♂の腹部の白さに感動・・・!

こんなにも清廉な白い腹部なんですね。
初めて見ました!

ツマキチョウ名残惜しいです。

東京都心ではもう終焉の模様・・・

産卵する♀個体が目立ちました。


透過光も美しいですね。
翅の先端がパールのように輝くんだ、
♀も同じように輝くのかな!
Commented by otsuka at 2015-05-02 00:34 x
ツマキは多い所でもなかなか撮らしてくれず、くやしい思いをしています。
色々な吸蜜が撮れてすごいですねぇ。
どの花でも絵になっていると思います。
色々な条件が必要なのでしょうが、ツマキの逆光もきれいなんだ。
このような写真を見ていると、次にトライしたくなります。
Commented by fanseab at 2015-05-02 22:35 x
Sippo5655さん、ツマキはやはりスプリングエフェメラルとして主役級の輝きを持っていますね。
山間部ではまだまだ見られますけど、確かに平野部ではそろそろ厳しくなる時期でしょう。
透過光で唐草模様をどうやって綺麗に写すか?
これ、永遠の課題です。
Commented by fanseab at 2015-05-02 22:37 x
otsukaさん、コメント有難うございます。
仰る通り、狙って吸蜜が撮れない蝶ですよね。
今回は相当チャンスがあって、自分でもビックリでした。順光でも逆光でもコントラストが強くなりがちで、難しい撮影対象です。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード