探蝶逍遥記

ビョウヤナギ

本日は花の話題です。
小生の居住地、兵庫県・六甲山麓は阪神大震災の影響で町並みが大きく変わったとされています。震災の教訓から、立て込んだ住宅の周囲に延焼を防止するための小公園や緑地が計画的に配置され、幹線国道沿いにも緑が積極的に植えられています。丁度、現在、国道沿いの緑地に「ビョウヤナギ」の黄色い花が咲き誇っています。茶筅(せん)のように密集した細長いオシベが大変艶やかな花です。
f0090680_203969.jpg
D70-10.5-X1.4TC, ISO=400、F11-1/250、+0.3EV

↑の写真のように、トラックの運行規制がかかるほど交通量の多い国道脇で、すさまじい排気ガスに晒されながら元気に咲くタフな花でもあるのです。ネットで調べてみると、この花、江戸時代に中国からもたらされたオトギリソウ科の草本で、和名は「未央柳」もしくは「美容柳」の当て字が使われるとか。カタカナで「ビョウ」ですから、当初、小生は画鋲の「鋲」を連想し、「鋲柳」と勝手に漢字をあてがっていました。何故この花が鋲に似ているんだろう?と暫く合点がいきませんでしたが、美容と聞いて納得です。でも「美容」なら『ビョウ』ではなく『ビヨウ』と『ヨ』を全角で書くべきだろ、とついツッコミを入れたくなります。

さて、丁度この花が咲き始める頃、関西ではウラゴマダラシジミやアカシジミといった平地性ゼフィルスが出現し始めます。そうして艶やかな黄色い花が色褪せて枯れる頃、関西の平地~低山地産ゼフも発生末期を迎えていることでしょう。ウラゴあたりの撮影に出撃したいのはやまやまですが、今週は自宅でゴロゴロしながら、のんびりとブログ仲間の画像を楽しみたいと思います。もちろん、お目当ては出始めのゼフ達。皆さん素敵な写真を期待してますよ~♪
by fanseab | 2006-06-03 20:04 | | Comments(2)
Commented by maeda at 2006-06-05 08:40 x
何もせずのんびりしたい時も確かにありますね。
こちらでは季節が一気に進むので、天葵の良いときには活動するようにしています。
今週末は予報では雨のようなので、休息日になるかもしれません。
Commented by fanseab at 2006-06-05 12:41 x
maedaさん、関西の6月は蝶撮影のハイシーズンで、土日休んではいられない状況ですが、暫しの休養でした。関東だと標高を変えて、時間差で撮影チャンスを分散する作戦も可能ですが、関西ではそれができず、苦労します。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード