探蝶逍遥記

紫色の幻光を求めて

昨日(5/30)は久しぶりの年休。遠征の疲れも残っていて静養する予定でしたが、良い天気にじっとしていられず、大阪・淀川河川敷へコムラサキの探索に出かけてきました。

ポイントに到着してみると、沢山のヤナギが有り、いい雰囲気。でも川岸はと言うと、発泡スチロールの塊やペットボトルが山のように漂着してゴミ溜め状態。こんな環境で本当にいるのか?と訝しげに探索すると、柳の梢を黒いシルエットが・・・。やはりいました!しかし梢のてっぺんを飛翔するので首を上げたままお預け状態。そのうち1頭が柳の茂みに潜り込み、探してみると、コゴメヤナギ?の樹液を吸っていました。この時期、彼らにとって貴重な吸汁源なのでしょう。風でそよぐ茂みの間からピンポイントに蝶を狙わねばならず苦労したショットです。
f0090680_21311089.jpg
D70S-VR84@400mm, ISO=500、F11-1/400、-0.3EV、内蔵ストロボ

しばらく歩き回ると結構個体数は多いものの、テリ張り位置は川面の柳の葉上。撮影可能な場所は極めて限られます。ようやくのことで、ぎりぎり狙える角度に完品の♂が止まってくれました。それでも400mmレンズでなければ確実に撮影困難な位置で、望遠ズーム様々のショットです。光の回り込みが絶妙で、いい雰囲気に仕上がりました。
f0090680_21321699.jpg
D70S-VR84@400mm, ISO=500、F8-1/500、+0.3EV

さらにウロウロ探し回ると、上手い具合に90mmマクロの射程距離にこれまた新鮮な♂がモデルになってくれました。所謂「斜め45?度開翅」ポーズで、タテハチョウが最も凛々しい表情を見せるシーンを切り取ることができました。この角度からの写真としては、これまで小生が撮影した中でもお気に入りの作例となりましたので、少し大きめの画像でお見せしましょう。
f0090680_21325855.jpg
D70, ISO=500、F5.6-1/500、+0.3EV

さて、問題は首題幻光色の撮影です。川面に向かってテリ張りするので、今日はチャンスがないかな?と諦め半分でしたが、昼過ぎ、川岸の砂地に♂が吸水にやってきました。シャッターを押しながら、紫色が見える角度は局限されることを実感しました。何とか一番輝いた画像を貼っておきます。残念ながら、後翅肛角部が揃って欠けた(バードビークか?)個体でした。恥ずかしながら、小生、このタテハの幻光色撮影はこれが初体験。まあ最初はこんなもんでしょう。完品撮影は第2化以降のチャンスに賭けることにします。
f0090680_2135294.jpg
D70, ISO=500、F13-1/800
by fanseab | 2006-05-31 21:41 | | Comments(12)
Commented by nomusan at 2006-05-31 23:34 x
綺麗です。実は私も今日は拙ブログにコムラサキを貼ったのですが、幻光は撮れませんでした。更新する前にこちらへ来ていたら今日はとても更新できないところでした(汗)。
Commented by maeda at 2006-06-01 09:18 x
昨年のものですがトラックバックしました。
Commented by fanseab at 2006-06-01 12:37 x
maedaさん、トラックバックされた写真拝見しました。素晴らしく輝いていますね。あのような完品個体が、できれば柳の上に止まって幻光色を見せているシーンを撮影したいものです。
Commented by fanseab at 2006-06-01 12:43 x
nomusan、毎度どうも。確かに幻光撮影は難しいです。朝方や夕方だと、~90度開翅で丁度いい角度になりそうですが、小生が撮影した正午前後では、180度開翅を前方から見込む角度でのみ幻光が見えました。
Commented by kenken at 2006-06-01 22:23 x
おぉ、VRの400mmをお持ちでしたか・・・
クリアな画像ですねぇ。
斜め45度、決まっています。(笑)
そう、コムラサキの両翅の幻光を同時に撮影するには、
目と目を合わせて前方上からですが、これは超高難度です。
Commented by fanseab at 2006-06-01 23:23 x
kenkenさん、まいどぉ。400mmズームはタイ遠征前、「清水の舞台から飛び降りる」決断で購入しましたが、敏捷なタテハには必須の武器となりました。幻光を撮影した個体は多少くたびれていたせいか、目と目を合わせても、のんびりと吸水してくれて助かりました(^^
Commented by banyan10 at 2006-06-02 11:30
2枚目、3枚目の周囲の光りがやさしい陽射しを感じることができていいですね。
幻光は一番綺麗に撮影できたのがコンクリートの上です。良い背景で撮影したいですね。
Commented by fanseab at 2006-06-02 19:00 x
BANYANさん、貴本体HPに掲載されているような、葉上に静止した個体の幻光色を撮りたかったです。2枚目の写真であと1m左に寄れれば幻光を写せましたが、そうすると川に落ちてしまいます(^^::
Commented by NAOKI at 2006-06-02 22:40 x
その後御無沙汰しております。実はケンケンさんの所に紹介されたアドレスからfanseabさんと知りました。相互リンクしていただいた「ネイチャーフォト私と自然」のNAOKIです。こちらにはノゾピーさんや、BANYANさんもいらしているんですね!

ところで、ブログを見てさまざまな方法で撮影されている事に驚きました。飛翔も凄いですね!刺激になりました。今後ともよろしく!
Commented by fanseab at 2006-06-03 20:11 x
NAOKIさん、こちらこそご無沙汰しています。拙ブログにようこそ!貴HPいつも拝見していますよ。NAOKIさんのような蝶の表情が生き生きとした写真はどうしたら撮れるのかな?と考えながら、いろいろチャレンジしています。
今後とも、お気軽にお立ち寄りください。
Commented by 愛野緑 at 2006-06-03 22:22 x
私も5月末、狭山丘陵で撮影に成功しました。今まで数回目撃しましたが、数が少なく遠目でしか撮れていませんでした。
ようやく、ヤナギの木に樹液が出ているところが見つかり、落ち着いて撮影できました。でも高いところにいるので、ずっと上を向いていて首がえらく痛くなりました(**)

遅くなりましたが、エキサイトブログさせていただきました。今後ともどうぞよろしく。
Commented by fanseab at 2006-06-03 22:32 x
愛野緑さん、貴ブログのコムラサキ吸汁シーンも拝見しました。このタテハ、珍品ではないけど、撮影の難易度は高いですよね。折角樹液が出てても高すぎたりで苦労します。小生の一枚目も樹液の出ている場所は川の向こう側なので、吸い終わった場面(ストローを巻き戻している)しか撮影できませんでした(^^;;
名前
URL
画像認証
削除用パスワード