探蝶逍遥記

台湾宜蘭縣遠征記(2)海外レンタカー初体験の巻

 今回は時系列記事ではなく、レンタカーについて詳しく記してみたいと思います。
フトオの撮影目的地は公共交通機関でのアクセスが不便な場所で、今回国外で初めてレンタカーを利用することにしました。当初、台北からレンタカーで直接目的地まで行くことも考えました。しかし、海外での筆おろし?運転かつ左ハンドル・右側通行ももちろん初体験。バイクと自動車がひしめき合う台北市内を運転するのはあまりにもリスクが高いと判断しました。 そこで、台北から宜蘭県までは高速バスを利用し、ここで一泊して翌日レンタカーで目的地周辺に向かう作戦にしたのでした。今回利用するレンタカー会社、格上租車(外部リンクの羅東支店カウンター内の様子です。


+++横位置画像はクリックで拡大されます+++
f0090680_11463556.jpg
TG2@4.5mm、ISO=100、F2.8-1/80、撮影時刻:9時59分(5月28日)

(1)レンタル時の顛末
 遠征前、事前に台湾でのレンタカー事情について詳しいサイト(外部リンク)で下調べをしておきました。日本のレンタカー会社同様、同支店にはEメール(英文)で、事前に希望車両他を伝えておいたので、スムーズに事が進んでいたのですが、ここで大きな問題発生!同支店の窓口担当者(上画像で電話している人物)は英語力に不足しており、管理人は中国語能力に欠けます。日本国内同様、先ずは租賃(レンタル)契約書の説明からスタートします。これが契約書の写し。
f0090680_11482625.jpg


 各項目共英語表記があるので、特段の問題はありません。ところが契約書裏面に記載されている詳細な約款は全て中国語ですので、説明内容を理解するのにえらく時間がかかりました。重要項目については、日本語に翻訳したプリントが用意されておりました。
f0090680_11484560.jpg
TG2@4.5mm、ISO=100、F2.8-1/80

 但し日本語訳の無い詳細注意事項については、先方がI-padを用いて中国語を日本語に翻訳して提示するのですけど、I-padアプリの翻訳が結構いい加減で、却って煩雑でした。さらにクレジットカードでトラブルが発生! 事前予約する際、クレジットカードNo.・有効期限を記載して先方に提出していたのですが、予約時とは別のカードを持参して出国したのでした。カードが異なっていても、返却時精算には問題ないはずです。しかし、台湾で外国人がレンタルする場合、台湾内での交通違反反則金は違反発生後、約6ヶ月後に一旦、レンタカー会社に請求されます。同会社は借用者が契約時に発行した金額欄白紙の請求書に金額を記入し、クレジットカードでの引き落としをします(上記画像説明文中bの赤字表記部分)。ところが持参したクレジットカードの有効期限は2014年9月で、反則金請求時点(同年11月頃)でカードが期限切れになってしまい、当該請求書を発行できないことに(^^:  ここで上記窓口のお兄ちゃんがレンタカー会社本社と電話で必死に交渉した結果、何とか無事車を借りることができました。
 因みにレンタカー代金は一日あたり2400NT$。4日間連続使用割引およびクレジットカード払い割引が適用されて、トータルで8550NT$(≒29000円)。これには対人死亡任意保険最高200万NT$(≒670万円)等を含んでいます。これとは別に自賠責相当保険対人最高200万NT$がかけられているようです。日本国内だと任意保険の対人賠償額は確か無制限のものが多いですね。「命の値段」の考え方は国によって大きく異なるものだと感じさせられました。

(2)運転しての雑感
 選択車種はトヨタ・VIOS(Vitzの海外バージョン名)の4ドアセダン(排気量1.5㍑・オートマチック仕様)。契約時のトラブルで予定より大幅に遅れて28日の午前10時15分に羅東支店を出発。最初は本当に恐る恐るの運転。外国人向け左ハンドル専用の若葉マークがないかなぁ~と本気で思いました(^^; 早速、最初の交差点でウインカーとワイパーを間違えて操作。まぁ、これは想定内。信号を数本やり過ごすあたりから、何となく右側通行の感覚が身に付き、ウインカーも間違えずに出せるようになりました。今回は無料オプションでガーミン社のカーナビを付けました。
f0090680_11503414.jpg
TG2@4.5mm、ISO=100、F2-1/320、-0.3EV、撮影時刻:14時47分(5月30日)

 これは大正解。日本語バージョンで動作する優れもので、カーナビのお蔭でかなり余裕が出てきました。交通量の多い羅東市中心部を少し抜けたあたりでやっと一息付くことが出来、信号待ちの間に写真を撮る余裕も。
f0090680_11505521.jpg
TG2@4.5mm、ISO=100、F2.8-1/2000、撮影時刻:10時37分(5月28日)

 写真撮影地(中山路四段)は片側3車線で、右側2車線がバイク専用となっております。画像の通り、時折バイクが突然左折のため中央線付近に出没して驚かされます。とにかく市内はバイクがやたら多くて本当に注意が必要でした。交通量の少ない山間部でようやく借りた車(右側シルバー色)の全景を撮影。
f0090680_11511655.jpg
TG2@6mm、ISO=800、F9-1/60、撮影時刻:15時44分(5月28日)

 さて、交通量の少ない郊外でも注意が必要。現地のドライバーは見通しの悪いカーブでも平気で追い抜きをかけていきます。日本人から見たら完全に自殺行為ですが、殆どのドライバーが同様な運転をしているのには驚かされました。この行動を見た後、カーブに差し掛かった際は、こちらが徐行を実行し、身を守ることにしました。市内のバイクも怖かったのですが、一番恐怖を感じたのが、上記運転マナー。

(3)ガソリン給油

 日本でのレンタカーは満タンで借り、返却時に満タン返しが原則です。台湾ではちょっと異なっていて借用時に満タンになっていないので、レンタル期間中、どこかで給油する必要があります。今回は一回だけ国営・台湾中油のスタンドでレギュラー30㍑を給油(台湾では油種がオクタン価表示されていて、レギュラーは「95」を指定する)。またクレジットカード精算が可能。給油を担当したスタンドのお兄ちゃんとガスメーターです。
f0090680_1152079.jpg

f0090680_11521254.jpg
TG2@4.5mm、ISO=800、F8-1/30、撮影時刻:16時12分(5月28日)

(4)自損事故対応

 今回不慣れな左ハンドル運転で、恥ずかしながら軽微な自損事故を起こしてしまいました。土砂降りの山道を走行中、突然落下してきた大きな枝を避けようとしてガードレールに車体右側を軽く擦る失態! レンタカー返却時に包み隠さず担当窓口に話すと、担当者は直ぐに擦過部位に散水し、コンパウンドで擦って修復可能かを判断します。コンパウンド修復可能な傷は問題なし、コンパウンド処理でも残る場合は補償対象となります。どうなることか固唾を飲んで状況を見守っていると、担当者は手際良く、車種・損傷部位別修理料金表を提示し、スラスラと修理費用を算出してくれました。こんな明朗会計?システムは外国人にも安心ですね。こちらが修理に関する合意書(異常環車協議書)の一部です。
f0090680_11523788.jpg


 文中、「保桿」とあるのはバンパー、「葉子板」はフェンダー。車の部位別名称も中国語で覚えておかないと、いざと言う時に困るかも・・・。請求金額は①修理代金+②営業機会損失費用の合計金額となります。結局、値引き交渉含め9000NT$(≒3万円)で決着。痛い想定外出費でしたが、人身事故でなかったのが不幸中の幸いでした。

 さて、帰国後、クレジットカード会社からの引き落とし明細表を確認しておりましたが、昨年末までにレンタカー会社からの追加請求記録は無く、現地で速度違反をしていなかったようでホッといたしました。台湾北東部~東部は西部と比較して交通の便に劣り、どうしてもレンタカーの必要性を感じますが、できれば運転を避けたいのが正直な思いです。<次回へ続く>
by fanseab | 2015-01-10 12:01 | 旅行記 | Comments(6)
Commented by himeoo27 at 2015-01-11 08:06
台湾には何時の日か訪問したいと考えて
いますが、レンタカーの利用は、
①国内でも20年以上車を運転していない。
②北九州弁以外の言語を殆ど理解できない。
ヒメオオには至難のことが良くわかりまし
た(笑)。
Commented by yurinBD at 2015-01-11 08:16
海外であっても目的の蝶を撮影するために
一つ一つ障害を乗り越えられていくご様子に
感銘を受けました!
私にはできそうもない気がしますので、
台湾に友人を作らなくては(笑)
次の記事を楽しみにしております。
Commented by fanseab at 2015-01-11 21:28 x
yurinBDさん、まぁ、好きだからやってられることがありますね。これが仕事ならやらないかな・・・って事も、実現できたりしちゃったりします。
旅の先々では色々とハプニングの連続ですが、慣れてくるとそれも旅の思い出になりますね。
Commented by fanseab at 2015-01-11 21:31 x
himeooさん、小生もレンタカーを使うか否か、今回は相当に悩みました。台湾は国交がないため、国際運転免許証も通用しないし、色々と特殊な環境ですので。まぁ、最後は語学力ではなく、必死に相手に意志を伝えるボディランゲージ力がものを言いますね。
Commented by Sippo5655 at 2015-01-11 22:33
ひゃあ~~~
大変な思いをされましたね。
私なんか、ひっくり返ってもできません><

職場コンビニには外国人のお客様が多いので、
旅先での「困った」にはよく遭遇します。

よく聞かれることには、独自のマニュアルを作り
見せることで、解決をスムーズにできるように
工夫しています。^^

そうそう、ネットの翻訳機能って、
微妙に使えないことが多いですよね^^;
Commented by fanseab at 2015-01-12 10:18 x
Sippo5655さん、海外の旅では想定外の事態が良く発生します。でもある程度日程に余裕がある時は、慌てなくてすみます。これも単独行動故の利点かもしれません。そう、マニュアルは大事です。今回のレンタカー会社もある程度大手なので、日本語版説明文の備えがあって助かりました。もう少し安いレンタカー会社だとそんな準備もしていないでしょうね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード