探蝶逍遥記

ムラサキツバメ越冬集団探索:その2(11月下旬)

 前回の続報です。先ず塒Aの2頭集団。

+++画像はクリックで拡大されます+++
f0090680_2234454.jpg
GX7-10.5、ISO=500、F8相当-1/100、内蔵ストロボ+スレーブ1灯、撮影時刻:12時18分

 カメムシは居なくなっていました。別の画像から手前の個体が♀と判明。撮影時の外乱に対して反応しやすいのは、奥に位置する個体。こちらはひょっとして♂でしょうか?
一方、塒Bは蛻(もぬけ)の殻になっていました。また、前回記事に対し、ブログ仲間のGarudaさんより、同じマテバシイの株に7頭集団を見出したコメントを頂いておりました。そこで、この集団を探索するも、どうも発見できません。仕方なく、別の集団発見目的で前回探索していなかった茂みをウロチョロ歩き回ってみました。途中、ムラツ並みの立派な体躯のムラサキシジミ♀の全開個体に遭遇。思わずパチリ。
f0090680_2241594.jpg
D71K-34、ISO=200、F4-1/3200、-1.0EV、撮影時刻:12時44分

 次いで、頭上を飛び回るムラツを発見。待機していると、マテバシイ葉上で♀が開翅してくれました。
f0090680_2242976.jpg
D71K-34、ISO=200、F11-1/640、-0.7EV、撮影時刻:12時59分

 今シーズン初めてのムラツ開翅画像です。この個体が塒に戻る可能性を求めて、マテバシイの近辺を探索するも塒は発見できず。ちょっとガッカリ。
 結局、新規集団は発見できず、塒Aのある株に戻ってきました。ふと少し高い位置を見上げると、マテバシイの葉上に怪しい影。ちょっと小枝で触れてみると、枯葉が落ちてきました。「やはり枯葉かぁ~」と思い、同じような枯葉が乗っていると思しきもう少し上の葉に触れると、ギョギョ! 1頭のムラツが飛び出しました。慌てて後ずさりして確認すると新規集団でした。
f0090680_225061.jpg
D71K-34、ISO=500、F10-1/200、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:14時12分

 地上高3m。5頭以上は居そうですが、この角度から300mmで狙っても詳細は把握できません。そこで、ミラーレスに対角魚眼を付け、一脚+インターバルタイマー法で「高所覗き見?撮影」。
f0090680_2251653.jpg
GX7-10.5、ISO=500、F8相当-1/100、内蔵ストロボ、撮影時刻:14時38分

 全部で7個体確認できました。撮影前の刺激で1頭飛び出しておりますので、ここは8頭集団と推定(恐らくGarudaさんの見出した集団と同一:これを塒Cとします)。また葉柄部に枯葉が引っかかっていて、枯葉の近くに集団が意図的に身を寄せ、枯葉と一体化した擬態をしているようにも思えます。更にこの葉は地上とほぼ平行に伸びているため、下方からその全貌を確認するのが難しい場所です。恐らく園内を隈なく探索しているつもりでも、このように下方から確認し難い越冬集団を多数見逃しているのでしょう。結局、このマテバシイ株は合計8+2=10頭が越冬態勢に入っていることになります。今後更に個体数が増加してくれることを期待しましょう。
by fanseab | 2014-11-23 22:08 | | Comments(8)
Commented by himeoo27 at 2014-11-24 09:12
最後の「高所覗き見?撮影」画像面白いですね!
ムラサキシジミ、ムラサキツバメ、ルーミスシジミ
紫三兄弟の越冬中のつぶらな目が可愛くて大好きで
す。
Commented by fanseab at 2014-11-24 21:16 x
himeooさん、この撮影法は過去にコンデジで結構トライしたのですけど、レンズの方向を下から見て確認しずらいのが欠点でした。今回はレンズが比較的大きく、レンズを蝶のいる方向に比較的正確に向けられるので、撮影歩留まりが上がったような気がします。5-6m以上の高さの集団には無力なので、その時は諦めるしかありません。
そう、ムラサキ三兄弟は複眼の偽瞳孔に特徴がありますね。
Commented by konty33 at 2014-11-24 22:45
高所の撮影は中心に被写体を入れるのに苦労していますが
対角魚眼だと撮影しやすいのでしょうか?
まだこれから集団が移動したり数が増えたりするのでしょうね。
ムラツの越冬集団は、この時期に観察する対象として面白く、同じ場所に通いたくなります。
Commented by Garuda at 2014-11-25 00:17 x
塒C。それです!
私も下から250mmではとりあえず「居る」ことしか分からず、
詳細は4.5mの磯玉柄+コンデジインターバル撮影で確認しました。
そこで再度11/21夕方にマンション管理組合から高さ1m程度の脚立を借りて持ち込み、
250mmで撮ってきました。

※昨朝、11/21再訪時の詳細をコメントに書き込んだのですが、
 よく考えたら書き過ぎるとfanseabさんの楽しみを奪ってしまう気がして削除しました。
 自分のTwitterとBlogに投稿するようにします。(写真の整理が出来てからですけど)
Commented by Sippo5655 at 2014-11-25 21:02
地上3mですか!
普通に探してもわからないわけですね・・・
ラスト、見事に葉っぱの流れと同化していますね。
この引っかかった枯れ葉は、ちょっとやそっとでは
落ちることもなさそう。
そこまで読んでいるのかなあ。
Commented by fanseab at 2014-11-25 23:20 x
konty33さん、これまでのコンデジよりも焦点距離が短い対角魚眼(フルサイズ21mm相当)だと、対象に狙いをつけやすいことは確かです。まぁ、かなりこの手法に慣れてきたこともありますね。GX7はWi-fi通信機能があって、スマホ上でライブビューを見ながら操作する手法も可能ですが、そこまでは実施していません。これから数が増加してくれればよいのですが。
Commented by fanseab at 2014-11-25 23:22 x
Garudaさん、いつも情報有難うございます。
脚立は1mものが確かに便利ですが、くれぐれも
転倒事故にお気を付けください。
今後ともお互いに継続観察できればと思います。
Commented by fanseab at 2014-11-25 23:25 x
Sippo5655さん、この集団を探す時は、首が疲れるのでどうしても注目する高さは2m-3m程度までで、それ以上はあまり詳細に観察できないのですよ。
今回は目的の株が特定できているので、何とか塒を見つけることができました。
枯葉と同化するのはムラサキシジミがむしろ得意なんですが、今回の集団はムラシ以上にうまく化けていました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード