探蝶逍遥記

続:高原で出会った蝶(8月下旬)

 アカセセリ産卵行動探索に先立ち、今月上旬コヒョウモンモドキ探索で歩き回った高原ポイントを朝一番で散策。クガイソウの様子を観察したところ、今回は前回と異なる地形に10株ほど見出すことができました。しかし、よくよく調べてみると、咲き誇っている花の様子が微妙に異なり、クガイソウに類似したヒメトラノオでした。花期が成虫発生時期よりも遅いので、ホスト周辺で待ち伏せする手法が通用せず、ここでの産卵シーン観察も難易度が高いようです。念のため3株ほど葉めくりをしてみたのですけど、卵塊は発見できませんでした。朝8時過ぎからヒョウモン類は活発に活動し、ヒヨドリバナ等で盛んに吸蜜しております。トップバッターはこの子。

+++横位置画像はクリックで拡大されます+++
f0090680_21243112.jpg
D71K-34、ISO=200、F11-1/500、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:8時23分

 黒っぽい印象で、最初はウラギンの♀と思いましたが、斑紋をチェックするとどうやらギンボシの♀のようです(間違っていたらご指摘下さい)。ギンボシ♀にしては相当黒化が進んだ個体で、一番目立つのは前翅端近くにある白色矢尻型紋の存在です。ご存じの通り、ミドリ・ウラギンスジ・オオウラギンスジ・クモガタ♀では、この白色班が♀のシンボルになりますが、このギンボシはその系譜に倣って?♀らしい姿でとても魅力的です。

 黄色いオミナエシの花に小ぶりのヒョウモンがいるなぁと思ったら、生き残りのヒョウモンチョウ♀でした。
f0090680_21242988.jpg
D71K-34、ISO=200、F11-1/500、-0.7EV、撮影時刻:8時27分

 命を紡ぐため、最後のお勤めを果たしているのでしょうね。鮮やかなコオニユリには産卵途中のキアゲハ♀が美味しそうに吸蜜しておりました。
f0090680_21245465.jpg
D71K-34、ISO=200、F5.6-1/800、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:8時48分

 ワレモコウの穂が前ボケで写りこんで、とても雰囲気のある絵に仕上がって満足です。さて、この時期定番のアサギマダラも飛んでおりました。
f0090680_2126157.jpg
D71K-34、ISO=200、F4.5-1/2000、-0.7EV、撮影時刻:8時50分

 ヒヨドリバナとこのマダラチョウの組合せを見ると、夏も終盤戦に入ったなぁと思わずにはいられません。

 さて、お次はアカセセリ探索の高原まで移動した後で出会った蝶のご紹介です。ここで先ず興奮したのがウラギンスジヒョウモン♀との出会い。
f0090680_21254463.jpg
D71K-34、ISO=200、F11-1/640、-0.7EV、撮影時刻:11時06分
f0090680_21255320.jpg
D71K-34、ISO=200、F11-1/640、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:11時07分

 マルバタケブキには多くのヒョウモン類が集っておりましたが、格別に鮮やかな橙色が目立つ個体がこの子でした。先日別ポイントで♂に出会っておりますが、前翅端の白色三角班を見つけて小躍りいたしました。前翅を結構畳んで吸蜜しておりましたので、前翅裏面白斑の表現はイマイチですね。さらにこの日は運が良いことにウラギンスジヒョウモンの交尾ペアにも出会いました。
f0090680_21254791.jpg
D71K-34(トリミング)、ISO=200、F11-1/800、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:12時18分

 管理人にとっては、銀塩時代を含めウラギンスジの交尾場面は初体験! 逃げられないよう慎重に接近したつもりでしたが、サッと飛び立つと、折からの強い南風に乗って、視界から消えて行きました。ガックリです。それでも諦めきれずに付近を探索すると、再度交尾ペアが飛び立ちました。しかし、いつのまにか主役が置き換わってミドリヒョウモンに変わっておりました。
f0090680_21262314.jpg
TG2@4.5mm、ISO=100、F8-1/320、-0.7EV、内蔵ストロボ、撮影時刻:12時26分

 それでもミドリ交尾ペアを広角で写しとめることができて大満足です。いつもは逃げ足速く、接近戦で撮らせてもらえないんですよね。
 以前、ツマグロヒョウモンの占有行動を観察した頂上部に足を運ぶと、今回もキアゲハ、ツマグロヒョウモン♂がヒルトッピングにやって来ており、時々翅を休めておりました。そんな折、キベリタテハも登場。開翅を期待するものの、中々開いてくれず、閉翅画像で我慢いたしました。
f0090680_21275897.jpg
D71K-34、ISO=200、F11-1/320、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:12時54分

 いずれにせよ、今年初めての出会いでした。せっかくなら白樺に止まった開翅画像を撮りたいものです。アカセセリ探索で草原を歩き回ると無数のジャノメチョウが飛び出します。午後からは交尾ペアにも沢山出会うことができました。こちらは偶然、ツリガネニンジンに止まってくれたペア。
f0090680_21273751.jpg
D71K-34、ISO=200、F11-1/320、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:13時36分

 高原らしい雰囲気が出てくれてエエ感じになりました。撤収直前にはキアゲハの産卵シーンにも出会いました。
f0090680_21271681.jpg
D71K-34、ISO=200、F11-1/500、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:14時00分

 産んでいたのは、セリ科のノダケ。夏の高原で出会うキアゲハ♀はシシウド等、丈の高いセリ科に産んでくれるので、背景が綺麗に抜けて、産卵画像としてはスッキリした絵になりやすいですね。春先に丈の低いセリに産むシーンは葉被り必死で、それに比べれば夏型♀の産卵シーン撮影は遥かに容易です。
by fanseab | 2014-08-27 21:32 | | Comments(6)
Commented by Sippo5655 at 2014-08-28 20:49
夏の高原を満喫でしたね!
コオニユリにキアゲハ
花粉いっぱいつけて美味しそうに吸蜜する姿が印象的。
ウラギンスジヒョウモンかっこいいですね!!
キベリタテハ、このお写真素敵です♪(*^・^)ノ
Commented by fanseab at 2014-08-30 22:27 x
Sippo5655さん、ハイ、高原の蝶を満喫して
参りました。同じ8月でも顔ぶれが微妙に変わるの
がいいですね。
キベリは広角でも狙ってみたのですが、露出が
思い通りには行かず、止む無くマクロ画像をアップ
しました。枯れ木のオブジェのような止まり木の
お蔭で、一風変わった情景が演出できました。
Commented at 2014-09-01 15:08 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by clossiana at 2014-09-01 16:14
この頃は蝶影が少なくなってきて私はもっぱら成虫以外を探したり
していますが、まだまだ盛りだくさんですね。ギンボシが羽化直の
ように綺麗なのが不思議です。
Commented by fanseab at 2014-09-01 23:09 x
鍵コメさん、コメント有難うございます。
本文の表現が曖昧だったようで、ギンボシ♀はご指摘のように本来、前翅端の小白班(三角班)はありません。しかし、この個体はクモガタやウラギンスジ♀のように第7室に小三角白斑らしきものが認められ、さらに第8室により明確な三角白班があるのです。これまでの経験上、ヒョウモン類の白化異常個体で、白化する部位はある程度ルールがあるようで、この場所も白化しやすいのでは?と睨んでおります。
この日は全部で3種の交尾ペアに出会うことができました。こんな日もあるんですね!
Commented by fanseab at 2014-09-01 23:12 x
clossianaさん、産卵シーン目的の場合は、蝶影が少なくなる頃からが逆に「掻き入れ時」に入るのですよ。大型ヒョウモン類は秋口に産卵するのが多いこともありますし。。。高原のヒョウモン類は夏眠しないので、確かに汚損しやすいのですが、どうもギンボシは羽化がウラギンよりは遅れるためか、そこそこ綺麗な個体が残っていますね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード