探蝶逍遥記

アカセセリの産卵行動を探る(8月下旬)

 種類によらず、年1化の蝶は産卵シーン撮影の難易度が上がります。分布が局地的ならなおさらですが、今回敢えてアカセセリに挑戦いたしました。
 中信地方の高原ポイントは銀塩時代に訪問して以来、約10年振りです。当時は長野県では珍しかったツマグロヒョウモン♂がヒルトッピングしているのを見つけて驚いたものです。例によって産卵時間帯の情報が乏しいのですが、ネット画像から正午前後にあることを突き止めました。現地には10時40分着。昔は結構アカセセリが飛んでいた記憶があるものの、意外と姿が見えません。少し焦り始めた頃、ようやく♀を発見。

+++画像はクリックで拡大されます+++
f0090680_21593380.jpg
D71K-34、ISO=200、F11-1/800、-0.7EV、撮影時刻:11時14分

 この子はこの後、イネ科の草に絡むような挙動を示しましたが、すぐに姿を見失いました。母蝶探索と並行してホストのヒカゲスゲ(カヤツリグサ科)の探索もスタート。探してみると相当分布は広く、はたと困りました。食草分布が限定されているなら、その近辺で♀の待ち伏せ作戦が通用しますが、広大な草原にホストが普遍的に生えているとそうもいきません。暫くすると、ノアザミに新鮮な♂を発見。
f0090680_21592075.jpg
D71K-34、ISO=200、F11-1/800、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:11時51分

 ♂は本日の探索対象外ですが、一応撮影しておきます。よく観察してみると、マルバタケブキとアザミに殊の外執着して吸蜜するようです。マルバタケブキは丈が高く、飛ばれた後の追跡が難しいので、アザミが咲いている路傍で、かつ路傍脇にヒカゲスゲが生えている5X50m程度のエリアを重点調査区域に設定し、アザミに吸蜜後の♀個体を追跡する作戦に出ました。ところが産卵時間帯の中心にあるべき正午頃、急に雲量が増したためか、蝶の活動全般が鈍ってしまいました。それとこの草原にはこの時期、紛らしいセセリが存在します。先ずはイチモンジセセリ。
f0090680_2202110.jpg
D71K-34、ISO=200、F11-1/640、-0.7EV、撮影時刻:11時03分

 マルバタケブキに吸蜜にやって来た左側の個体で、中央右奥にアカセセリ♀と思しき個体も確認できます。イチモンジが草丈スレスレに飛ぶとドキッとしてしまいます。お次はオオチャバネセセリ。
f0090680_21595325.jpg
D71K-34、ISO=200、F11-1/800、-0.7EV、撮影時刻:11時58分

 ご覧の通り、オオチャバネは時期的に終盤戦の様子です。流石にこの子は大きさがアカセセリとは違いますので、それほど探索のノイズにはなりません。午後1時を過ぎてようやく陽射しが回復して期待していると、1頭のアカセセリ♀がマルバタケブキに登場。
f0090680_2203724.jpg
D71K-34、ISO=200、F11-1/400、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:13時42分

 この子に注目することに。吸蜜を終えると、定番の開翅日光浴です。
f0090680_2204128.jpg
D71K-34、ISO=200、F11-1/500、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:13時43分

 ところが、この後、サッと飛び立って行方をくらましました(^^; 結局、この日草原に4時間滞在し、出会ったアカセセリは撮影分含め僅か2♂3♀。この個体数で♀産卵を狙うにはあまりも無謀だったようです。とにかく吸蜜後に飛び去るスピードが半端なく速く、動体視力が衰えた管理人はつらい所です。恐らく、産卵時にはある程度飛翔スピードが遅くなり、ホバリング状態で、ヒカゲスゲに接近していくのでしょう。そんな場面はいつ見ることができるのだろう・・・と途方に暮れながら撤収したのでした。
by fanseab | 2014-08-24 22:02 | | Comments(2)
Commented by banyan10 at 2014-08-25 17:49
アカセセリも産卵は難しそうですね。
産卵はやはり下旬になってからでしょうか。
ホシチャと合わせてポイントに行くときは気にしてはいますが、狙うという意識では出掛けたことがありません。
Commented by fanseab at 2014-08-25 21:28 x
BANYANさん、セセリは全般に産卵シーン撮影が難しいものが多いと思います。アカセセリもとにかく吸蜜後にとんでもない距離に吹っ飛ぶように消え去るので、吸蜜→産卵→休止→吸蜜→産卵のような一連のサイクルを継時的に追跡できない難点がありますね。時期としては♀が多くなる下旬が好適かもしれませんね。もちろん場所によっては中旬でも見られる可能性もあります。ホシチャに至っては、はなから諦めモードです(^^;
名前
URL
画像認証
削除用パスワード