探蝶逍遥記

高原で出会った蝶(8月上旬)

 ちょっぴり辛気臭いモドキ探索の傍ら、広大な草原を舞い飛ぶ蝶達を堪能しておりました。先ずはセセリチョウ。コキマダラセセリ♂は盛りを過ぎ、♀の季節でした。それでも何とか綺麗な♂を探し出し撮影。

+++横位置画像はクリックで拡大されます+++
f0090680_2059944.jpg
D71K-34、ISO=200、F8-1/800、-1.0EV、撮影時刻:9時03分

 湿潤な草地では期待したアカセセリ♂も登場。
f0090680_20592758.jpg
D71K-34、ISO=200、F11-1/500、-1.0EV、外部ストロボ、撮影時刻:11時34分

 波打つような前翅前縁の形状は独特ですね。♀はこれから出現するのでしょう。お次は草原脇の樹林帯に多産するウラジャノメ♀。
f0090680_20594212.jpg
D71K-34、ISO=200、F11-1/640、-1.0EV、外部ストロボ、撮影時刻:8時32分

 このジャノメを写すには2週間程遅かったようです。なお、この子の産卵はジャノメチョウ同様、「放卵」型だそうで、大変興味があります。今回はチャレンジする時間がなかったのですけど、いずれ撮ってみたい対象です。次は草原を彩るヒョウモンチョウ類。最初はヒョウモンチョウ♀。
f0090680_210267.jpg
D71K-34、ISO=200、F10-1/640、-1.0EV、撮影時刻:10時57分

 ヒョウモンチョウはデジタルになってから初めて真面目に撮影しました。♂は♀に比較して相当小さく、当初はコヒョウモンモドキの♂と錯覚してしまいました。午前中~午後にかけて♂は飽きることなく探♀飛翔。まるでヒメウラナミジャノメ♂と同じ位、本当にしつこく舐めるように♀を求めて飛んでおりました。その♂を避けるようにしていた♀が急に茂みに潜り込む産卵挙動を目撃しました。これは産卵態勢に入る直前の♀。
f0090680_2102468.jpg
D71K-34、ISO=200、F10-1/640、-1.0EV、外部ストロボ、撮影時刻:11時16分

 ヒョウモンチョウのホストはワレモコウないしはオニシモツケとされています。このポイントではオニシモツケは存在せず、あたり一面に蔓延っているワレモコウを食っているのでしょう。ワレモコウの株近辺に潜り込むのですが、茂みに邪魔されて産卵現場の確認はできませんでした。ただし、①茂みに潜り込んで産む習性、②産卵時間帯が正午前後にあること、等、今後の産卵シーン撮影のヒントが得られたのは収穫でした。①の習性はウスバシロチョウに通じるもので、たとえ産卵現場に出会ったとしても、葉被り必死で、撮影難易度は非常に高いことが予想されます。
 中型ヒョウモンで圧倒的に多いのはウラギンヒョウモンでした。
f0090680_2105127.jpg
D71K-34(トリミング)、ISO=200、F4.5-1/1600、-1.0EV、外部ストロボ、撮影時刻:11時23分

 オオウラギンスジヒョウモンは数が少なく、♂にしか出会えませんでした。
f0090680_211319.jpg
D71K-34、ISO=200、F10-1/640、-0.7EV、撮影時刻:10時07分

 8月上旬の時期で期待していたギンボシヒョウモンも何とか撮影。
f0090680_2112230.jpg
D71K-34、ISO=200、F11-1/500、-1.0EV、外部ストロボ、撮影時刻:11時39分

 ♂ですね。ミドリヒョウモンの個体数も多かったので、暗化型♀期待で探しましたが、暗化レベルは期待値以下?
f0090680_2113372.jpg
D71K-34、ISO=200、F11-1/640、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:11時56分

 今回は全部で5箇所を探索しておりましたが、最後に訪れたやや湿潤な環境で、ようやくウラギンスジヒョウモン♂に出会うことができました。
f0090680_2114734.jpg
D71K-34、ISO=200、F11-1/640、-0.7EV、撮影時刻:13時24分

 独特な前翅外縁形状を確認した時の喜びは筆舌に尽くし難いものがありますし、やはり相当局地的な分布だなぁ~と思い知った次第。いつまでも生き残って欲しいヒョウモンです。
 この他、アップしておりませんが、現地ではメスグロヒョウモン♂♀、ツマグロヒョウモン♂を観察しております。結局、夏眠中?のクモガタを除けば、国産中・大型ヒョウモンのほぼ全てをこの草原で観察できたことになります。今から50年ほど前には恐らくオオウラギンヒョウモンも飛んでいたはずで、やはり信州でも指折りの大草原はヒョウモン達にとって天国のような場所なのでしょう。
 最後に蝶ではないですが、可憐な昼蛾、ヒョウモンエダシャク(Arichanna gaschkevitchii)の吸蜜シーンもご紹介しておきましょう。
f0090680_2121412.jpg
D71K-34、ISO=200、F11-1/640、-1.0EV、撮影時刻:9時04分

 ヒヨドリバナ類は花粉媒介において、鱗翅類から相当な恩恵を受けていることを改めて実感させられました。 
by fanseab | 2014-08-07 21:06 | | Comments(4)
Commented by 22wn3288 at 2014-08-08 14:02
各種のヒョウモン類に出会えるいい高原ですね。
ウラギンスジヒョウモンはかなり稀少でしょうか。
セセリたちも居るようですね。
Commented by Sippo5655 at 2014-08-08 20:29
わあ、同じ頃に高原探索だったんですね!
最も私が歩いたフィールドでは
これほど多彩な蝶には会えませんでしたが、、
ウラジャノメ、ヒョウモンチョウ、
次会えるのはいつになるかなあ・・・
ラストの蛾は本当にインパクトありますよね!
Commented by fanseab at 2014-08-09 21:58 x
22wn3288さん、一日でこれだけ沢山のヒョウモンに出会える場所は少ないと思います。ウラギンヒョウモンはちょっとした高原ならどこでも観察できますが、ウラギンスジはそうではないと思います。恐らく後、50年もすれば、オオウラギンヒョウモンと同じ運命を辿っているのではないかと悪い予感がしております。セセリ類はこの他、オオチャバネとイチモンジを確認しております。
Commented by fanseab at 2014-08-09 22:00 x
Sippo5655さん、暑さでうだる下界を忘れて高原で蝶あそびをするのは何とも言えない贅沢ですよね!思いのほか、沢山の蝶に出会えてラッキーでした。ウラジャノメはもう少し綺麗な時期に再訪したいものです。ヒョウモンエダシャクもドッキリする位、綺麗でしたね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード