探蝶逍遥記

コヒョウモンモドキの産卵行動を探る(7月下旬)

 首題目的で、前回訪問した北信地方のポイントへ出向きました。本種の産卵時間帯は不明確ですが、ネット上で「長野県某所標高1600m付近、8月2日、12時20分産卵」のExif記録を見出しました。これを参考に正午前後に狙いを絞り、現地には8:00到着。ただ少し上空に寒気が入った影響か、雲量が多く、陽射しが不足しております。前回♂が群れ飛んだエリアには全くモドキの姿がありません。相当細かく探してやっと、一頭の♀を発見。オカトラノオの穂先に開翅休息しておりました。

+++横位置画像はクリックで拡大されます+++
f0090680_221356.jpg
D71K-85VR、ISO=400、F8-1/400、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:9時12分

 吸蜜はしておりません。結構暗化した個体です。この後、複数個体を見出しましたので、これを個体Aとしておきます。Aの脇に座り込んでひたすら動きを待ちました。10時30分頃から陽射しが戻ってきて、ようやく吸蜜を開始。ある程度温まってくると、止まっていた穂先を飛び出し、別の穂先でまた吸蜜を繰り返していきます。
f0090680_22133272.jpg
D71K-85VR、ISO=200、F10-1/800、-0.7EV、撮影時刻:11時00分

 ここはミドリヒョウモン♂と一緒に吸蜜するシーン。モドキより大型のミドリやメスグロが来訪すると少し場所を避けながら健気に吸蜜する姿は可愛いものですね。この個体は12時頃まで吸蜜を続け、正午過ぎに灌木に飛び移り、前脚連打行動らしき姿を確認できました。「すわっ、産卵か!」とこの子を追跡するも足場の悪い灌木帯に遮られ、姿を見失ってしまいました。ガックリです(^^; 行方を追跡していくと、ようやくオカトラノオで吸蜜する個体を発見。
f0090680_2214230.jpg
D71K-85VR、ISO=200、F10-1/250、-0.7EV、撮影時刻:12時11分

 しかし、よくよく斑紋をチェックすると、これは追跡していたはずの個体Aではなく、表翅がやや明るめの別個体(B)でした。どこで入れ替わってしまったのか? 今度はBに着目して追跡するも吸蜜に執着して、ようやく飛んでも産卵行動に移行しません。そのうちBを見失う始末(嗚呼!)。更にガサゴソ灌木帯を探索すると、下草内で吸蜜する羽化不全気味の個体(C)を発見。
f0090680_22142740.jpg
D71K-85VR、ISO=400、F11-1/500、-0.7EV、撮影時刻:12時49分

 この子もひたすら吸蜜に執着しており、産卵行動に移行しません。仕方なく前回♂が多数舞っていた場所に戻ると、今度は個体Dが吸蜜しておりました。
f0090680_22144216.jpg
D71K-85VR、ISO=400、F11-1/500、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:13時16分

 この時点で既に13時を過ぎており、些か不安になって参りました。そのうちこの個体のすぐ傍に個体Eも出現。
f0090680_22145967.jpg
D71K-85VR、ISO=400、F11-1/500、-0.7EV、撮影時刻:14時14分

 この子も憎たらしい?ことに吸蜜を止めることはありませんでした。15時以降は気温が低下しそうでもあり、結局14時30分に観察を止め撤収しました。撤収直前の個体Eの姿です。
f0090680_22151424.jpg
D71K-85VR、ISO=200、F5-1/1250、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:14時21分

 この頃にはすっかり夏空が戻っておりました。結局、5時間におよぶ継続観察で、産卵現場の確認は失敗に終わりました。とにかく♀は暇さえあればオカトラノオで吸蜜しており、一旦開翅休息して再び吸蜜のパターンでした。当初予想した「吸蜜→産卵→休息→吸蜜→産卵」パターンを見ることができなかったのは意外でもありました。実は今回、このポイントで産卵現場の確認に執着したのは、このポイントでのホスト確認も目的の一つでした。コヒョウモンモドキのホストはゴマノハグサ科のクガイソウもしくはヒメトラノオとされています。これは母蝶が産卵する草本でして、越冬した幼虫が翌春食べる草本はこれに加えて、同じゴマノハグサ科のオオイヌノフグリ、キク科のオトコヨモギ、オオバコ科のオオバコ等の記録があります(※)。このポイントで不思議なのは、クガイソウやヒメトラノオが確認できない点。ですので、ゴマノハグサ科以外の草本に産卵している可能性が高いと睨んで、今回の探索になったのですが、目論見は失敗でした。先に紹介した文献(※)によると、「本州中部の多くの産地では、産卵は8月に入ってから行われる」と記載してあります。つまり交尾後、相当時間経過して、♀の卵細胞成熟を待って産むタイプのようです。今回管理人が訪問した時期は産卵観察にとって早すぎたのか?それとも産む時間帯推測が間違っていたのか? 今後の検討課題です。

※福田晴夫他、1983.原色日本蝶類生態図鑑(Ⅱ).保育社、大阪.
by fanseab | 2014-07-30 22:20 | | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード