探蝶逍遥記

コヒョウモンモドキ(7月上旬)

 今回の信州遠征で朝一番に訪問したのがコヒョウモンモドキのポイント。本来、この子の産卵シーンも欲張りに画策しておりましたが、どうやら本種の産卵時期は発生の後半戦らしいので、今回は下見と割り切っての訪問に切り替えました。現地に立ち入ると早速数頭の♂がヒラヒラと舞いあがります。先ずは♂の開翅画像から。

+++画像はクリックで拡大されます+++
f0090680_2214576.jpg
D71K-85VR、ISO=640、F10-1/320、-0.7EV、撮影時刻:7時32分

 開翅角度が180度以上にもなるので、両翅端にまでピントを合わせるのが結構苦労します。新鮮な個体でのみ味わえる縁毛の美しさは、Melitaea属の一番の見どころですね。同じ♂でも表翅黒班は結構変異があるようで、かなり黒班が縮退した個体もおりました。
f0090680_2221248.jpg
D71K-85VR、ISO=400、F5-1/800、-1.0EV、撮影時刻:7時38分

 これが文字通りの「ウスイロヒョウモンモドキ」だったりして(笑)  それと、やはりこの属の美点は後翅裏面のモザイク模様でしょう。下草に静止している個体を見上げるアングルで、モザイク模様を表現してみました。
f0090680_2223131.jpg
D71K-85VR、ISO=400、F11-1/160、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:7時34分

 暗い背景に破線模様の縁毛も浮かび上がり、お気に入りの画像になりました(^^) 魚露目で多少デフォルメした画像もパチリ。
f0090680_2224670.jpg
TG2@18mm-gy8、ISO=250、F18-1/100、-0.3EV、内蔵ストロボ、撮影時刻:7時47分

 続いて真正面からのマクロ画像。
f0090680_2225670.jpg
D71K-85VR、ISO=400、F10-1/250、外部ストロボ、撮影時刻:7時52分

 タテハチョウ亜科の♂だと、ギラギラとした迫力が出る角度ですが、コヒョウモンモドキの場合は、棘が抜かれたような穏やかな雰囲気の絵になってしまいます。本種の「ゆるキャラ」的性格が絵にも出てしまうのでしょう。
 まだ♀は不発かと思いきや、綺麗な個体がおりました。最初は閉翅。
f0090680_2231730.jpg
D71K-85VR、ISO=400、F7.1-1/400、-0.7EV、撮影時刻:8時11分

 本種は直ぐに翅を開いてしまうので、側面からの閉翅画像は撮り難いものがあります。案の定、直ぐに開翅パターンに移行しました。
f0090680_2232962.jpg
D71K-85VR、ISO=400、F6.3-1/320、-0.7EV、撮影時刻:8時16分

 縁毛フェチを自認する管理人が酔いしれるような素晴らしい姿です。さて、現地では新鮮なメスグロヒョウモン♂もおりました。出始めのヒョウモン類は種類を問わず、思わずレンズを向けてしまいますね。
f0090680_2234228.jpg
D71K-85VR、ISO=400、F10-1/125、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:7時59分

 次回は本来の目的である♀産卵狙いで、現地を再訪予定です。今回の遠征でお世話になりましたkさんに改めて御礼申し上げます。
by fanseab | 2014-07-15 22:05 | | Comments(8)
Commented by hemlenk at 2014-07-16 08:10
コモドキ、綺麗に撮られていますね。
大型のコモドキは全体的に色合いも明るいし、いい被写体になってくれますね。
広角がまた素敵です。(*^^*)
Commented by fanseab at 2014-07-16 21:22 x
ヘムレンさん、こんばんは。
コヒョウモンモドキは久しぶりの撮影でしたので、丁寧に撮りました。やはりモドキ類はとても愛らしくて遠路のドライブ疲れを癒してくれますね。朝方一番だと、まだ動きが鈍いので、魚露目レンズが殆ど付く位接近させても大丈夫でした。
Commented by 22wn3288 at 2014-07-17 09:34
コヒョウモンモドキの翅裏は綺麗ですね。
魚露目も違った感じが出て面白いです。
Commented by fanseab at 2014-07-17 20:52 x
22wn3288さん、モドキの仲間は裏面を撮ってなんぼ・・・の世界だと思っております。裏面特に後翅の美しさをいかに表現するか?がポイントですね。もちろん新鮮な個体でないとそれも無理ですけど、今回はその意味で恵まれておりました。魚露目は対象がデフォルメされるほど接近した方がインパクトが出ます。引いて撮ったのでは、普通の広角と変わりないので、工夫が必要ですね。
Commented by ダンダラ at 2014-07-19 15:48 x
コヒョウモンモドキの色の薄い個体…一瞬ヒョウモンモドキと思ってしまいましたよ。
コヒョウモンモドキの産卵ですか、良いですね。
そんな生態を追いかけて歩くのも興味深いですね。
Commented by fanseab at 2014-07-19 21:57 x
ダンダラさん、ご指摘の通り、「ウスイロ」ではなく「ヒョウモンモドキ」に似ているかもしれませんね。Melitaeaで産卵を比較的手近に追跡できるのは、本種しかありませんから、何とかチャンスをものにしたいと思います。
Commented by Sippo5655 at 2014-07-19 22:01
♀、ふくよかな印象・・・!!
不思議紋様には惹かれてしまいます。
私は昨年初めての出会いでしたが、
また機会があったら出会いたいです!
新鮮なメスグロの怪しい輝きも魅惑的!
Commented by fanseab at 2014-07-19 22:07 x
Sippo5655さん、コヒョウモンモドキは生息地が
かなり限定されてきたので、撮影チャンスがあまり
ありません。ヒョウモンモドキ類は全てそうですが、
希少種らしい独特な模様が魅力です。特に裏面は
何度見ても見飽きない魅力があります。
ストロボはできれば使いたくないですが、時々、
使用することで、思わぬ色合いになることがありますね。メスグロ♂の外縁部も、ちょっと雰囲気が変わってしまいます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード