探蝶逍遥記

山梨のクロミドリシジミ(6月中旬)

 この時期はいつも複数のターゲットを撮影に山梨に出かけております。先ずは最初のターゲット、クロミドリの♂探し。現地に早朝到着すると見慣れた車が止まっておりました。先客はやはり虫林さん(外部リンク。既に降臨作業済で、クズ葉上の♂個体を有難く撮影させて頂きました。

+++画像はクリックで拡大されます+++
f0090680_20352643.jpg
D71K-34、ISO=200、F9-1/640、-1.0EV、外部ストロボ、撮影時刻:5時57分

 この子は♂にしてはかなり大きめの個体で最初は♀と錯覚してしまいました。この後、所用がある虫林さんと別れ、自力での♂探索に。しかしこの日は朝から気温が高く、いつも通り、長竿での誘導も効き目なく、♂だけでなく、♀も梢の上に消える最悪のパターン。仕方なく最初撮影した個体に戻ってみると、どうも開翅は終了したような雰囲気で鎮座しておりました。
f0090680_20355648.jpg
D71K-34、ISO=200、F10-1/800、-1.0EV、外部ストロボ、撮影時刻:7時07分

 この後、陽射しを避けるようにクズの葉裏に潜り込んだのを潮時にこの個体とはお別れ。更に別のご神木の麓に急ぎます。この一帯は面白いことに下草にかなりの個体が舞い降りていたようで、足元から複数個体が飛び立ちました。その中で1頭の♂を追跡すると上手い具合に低い位置に止まってくれました。睨めっこしていると、待望の開翅!ただ正面から見込むと葉被りになってしまうので、仕方なく横後方からの撮影。
f0090680_20363997.jpg
D71K-34、ISO=200、F10-1/800、-1.0EV、外部ストロボ、撮影時刻:7時38分

 左翅の一部に陽光が差す以外は影になっているので、仕方なくストロボを焚きました。結果、右前翅にムラサキツバメ♂を彷彿とさせる青緑色幻光が出現して、エエ雰囲気になりました。クズ葉上の露が虹色に輝いて素敵なアクセントになってくれました。この個体はこの後、サッと飛び立って手前側の葉上に移りました。逆光での閉翅です。
f0090680_2037438.jpg
D71K-34(トリミング)、ISO=200、F10-1/800、-1.0EV、外部ストロボ、撮影時刻:7時41分

 ここでもクズ葉上の細かい朝露がビーズ玉のように輝いて「イケメン」の♂を引き立たせてくれました。この日は昼前から強風が吹き始め、その影響か、いつも以上にウラナミアカ、アカ、ミズイロオナガ達も低い葉上で休んでいる個体が多かったのでした。そんな中、珍しいことにクロミドリの♂までが木蔭の灌木上で休んでおりました。
f0090680_20373855.jpg
D71K-34(トリミング)、ISO=500、F4-1/500、-1.0EV、撮影時刻:11時59分

 地上高1.5mほどで、正午前後にこのような低い葉上に♂が静止しているのを観察するのは初めてでした。この個体を含め、いつもクロミ探索では♂に逃げられっ放し状態でしたが、この日はこれまでで最も多く♂個体の撮影チャンスが多かったように思います。あまり真剣に探さなかった♀もご紹介しておきましょう。最初は駐車場所から1mしか離れていない下草に止まっていた個体。恐らく羽化直でしょうね。
f0090680_2038343.jpg
GX7-Z60、ISO=400、F5-1/160、-0.7EV、撮影時刻:6時06分

 次いで別個体の開翅。
f0090680_20381514.jpg
D71K-34、ISO=500、F10-1/640、-1.0EV、撮影時刻:7時32分

 表翅はほぼスレなしで助かりました。最初の♂撮影に関しては虫林さんにお世話になりました。
次回はこのポイントでは珍しい、ウラゴについてご紹介します。
by fanseab | 2014-06-16 20:40 | | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード