探蝶逍遥記

ミドリシジミなど(6月上旬)

 この週末、関東地方は大雨洪水情報が発令されて、我が神奈川県でも相当な雨量が降ったようで、一部中央高速が通行止めになる事態にまでなりました。それでも日曜日には雨も小雨になったので、思い切って早朝から拙宅近くのポイントへ出撃。ビニール傘を差しながらの探索も久し振りです。
 ハンノキ林の入口で真っ先に見つけたのは、ウラナミアカシジミの♀でした。

+++横位置画像はクリックで拡大されます+++
f0090680_2241685.jpg
D71K-34(トリミング)、ISO=200、F11-1/400、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:7時40分

 右前翅が破損しているお蔭で♀と同定できました。雨でしっぽり濡れた下草上にポツポツとミドリシジミの姿を確認。そのうちの1頭が開翅するのを確認すると♀。更に足元から飛び立ったのも♀。♂がいそうにありません。そのうち同好カメラマンの方が集まっている一角に立ち寄ると、目的の♂が開翅の真っ最中。早速撮影に参加させて頂きました。
f0090680_2244926.jpg
D71K-34、ISO=800、F9-1/500、-1.0EV、撮影時刻:9時09分

 左前翅端に傷がある個体なので、傷が目立たない角度で撮ってみました。このアングルからの色合いも捨てたものではありませんね。この子はとってもフレンドリーでして相当長時間開翅してくれましたので、魚露目でも撮影。
f0090680_2251040.jpg
TG2@18mm-gy8、ISO=800、F18-1/60、-0.7EV、撮影時刻:9時48分

 背景はハンノキ林です。TG2の発色はとても素直で、ミドリシジミらしい色合いを極自然に表現してくれます。この♂からさほど離れていない場所に2頭の♀がいました。先ずはA型(AO型とでも言うべきかな)の個体。
f0090680_225316.jpg
GX7-Z60、ISO=400、F5-1/160、-0.7EV、撮影時刻:8時31分

 ほぼ完品です。傷のように見える小さな点は全て水滴(霧雨の滴)です。お次はB型。
f0090680_2254872.jpg
GX7-Z60、ISO=400、F5-1/250、-0.7EV、撮影時刻:8時39分

 こちらもなかなかの別嬪さんでした。都合の良いことに上記♂♀3個体は2mX2mの狭い一角に集中していたので、とても効率良く撮影できました。更に驚いたのが、ミズイロオナガシジミまでこの一角に鎮座しておりました。
f0090680_226783.jpg
GX7-Z60、ISO=400、F3.2-1/640、-0.7EV、撮影時刻:8時41分

 暫く待機すると、何とこの個体も開翅してくれました。
f0090680_2261699.jpg
GX7-Z60、ISO=400、F5-1/250、-0.7EV、撮影時刻:9時35分

 右前翅の一部が羽化不全だったのが何とも残念(^^;  先ほど撮影したミドリ♂は少し傷が入っていたので、何とか完品個体♂を撮影したいものだと思ってウロチョロしますが、相手は雲隠れ。仕方なく撤収しようと思っていた時、近くで撮影していたカメラマンの方が「開翅していますよ」と教えてくれました。これが何と求めていたド完品個体!!
f0090680_226487.jpg
D71K-34、ISO=200、F5.6-1/5800、-1.0EV、撮影時刻:10時01分

 まるでフィールド図鑑用にピッタシの構図で、あまり面白みのないアングルですが、滅多に無いチャンスなので、バシャバシャ激写いたしました。久しぶりの綺麗な個体に心が洗われました。折角のチャンスなので、コンデジ広角でも撮影。
f0090680_227680.jpg
TG2@、ISO=200、F8-1/160、-0.7EV、撮影時刻:10時08分

 この後、少し空が明るくなった頃、サッと飛び立ち、梢の上に消えていきました。この日は狙い目通りの小雨模様で、ゼフ開翅を撮影するには絶好の日和でした。♂開翅個体をご教示頂いたカメラマンの方、有難うございました。
by fanseab | 2014-06-08 22:09 | | Comments(8)
Commented by 22wn3288 at 2014-06-09 08:36
ミドリシジミやミズイロオナガシジミの開翅 素晴らしいですね。
いい色が見られますね。
曇り空や小雨模様の時が良いのでしょうか。
Commented by 愛野緑 at 2014-06-09 20:16 x
完品の♂、ミドリらしい綺麗な色が出ていますね!青っぽくなってしまうことがほとんどなので、今度は天気の悪い日にも挑戦したいです。
Commented by fanseab at 2014-06-09 22:06 x
22wn3288さん、どんな蝶でもピーカンの天気ではいい色が出せませんよね。緑系ゼフは特に曇り空か、小雨が降るような空模様が表翅を綺麗に撮ることができると思います。露出補正も簡単ですしね。
Commented by Sippo5655 at 2014-06-09 22:07
こんな天候でも開帳するんですね!
かえって陽光が無い方が綺麗な色が出るのかも!!
Commented by fanseab at 2014-06-09 22:08 x
愛野緑さん、コメント有難うございます。
ミドリシジミの構造色も独特でミドリらしい色合いを出すのに苦労しますよね。この時は一番「らしい」色が出る位置に止まってくれていて助かりました。
天気が悪いと開翅する時間も長いので助かります。
Commented by fanseab at 2014-06-09 22:11 x
Sippo5655さん、ゼフの種類によりますが、少なくともミドリシジミは小雨模様でも開翅しますし、小雨が降るような空が暗い状況の方が開翅持続時間が長くなって撮影には有利なのです。構造色の発色はご指摘の通りで、陽光が邪魔になることが多いですし、直ぐに閉じてしまうので、開かせるのにわざわざ影を作ったりで苦労の連続になります。
Commented by himeoo27 at 2014-06-10 16:04
小雨交じりの天候の中出かけて
ミドリシジミ、ミズイロオナガシジミの両方
の開翅撮影とは素晴らしいですね!
私もチャレンジしてみたいです。
Commented by fanseab at 2014-06-10 21:27 x
himeooさん、♂は少し時期遅れかなと思って、思案顔で探索しておりました。最後になって、綺麗な♂に出あえてホッといたしました。ゼフは年によって、発生時期が微妙に異なるので、難しいですね。埼玉でもチャレンジして下さい。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード