探蝶逍遥記

キアゲハとアカタテハの産卵(4月下旬)

 スジグロシロチョウの撮影目的で訪問した東京都下の谷戸で、首題2種♀の産卵シーンを目撃。キアゲハは10時過ぎから既に産卵態勢に入っておりました。セリ類の若葉に産み付けようとしますが、好みの葉がないと見え、産卵撮影のチャンスが意外とありません。次のカットが精一杯でした。

+++画像はクリックで拡大されます+++
f0090680_20275379.jpg
D71K-34(トリミング)、ISO=400、F11-1/800、-1.0EV、外部ストロボ、撮影時刻:10時07分
f0090680_2028310.jpg
D71K-34、ISO=400、F11-1/800、-1.0EV、外部ストロボ、撮影時刻:12時03分

 2枚目は右前翅端がフレームアウト(^^; 腹端の葉被りがどうしても解消できませんね。丁度、近所のおばさん達が山菜取りで谷戸に入っておりました。彼女達もセリ摘みが目的の一つだったようです。人間から見れば美味しそうなセリの若葉は豊富にあるのですけど、キアゲハ母蝶にとっては、殆どの株は我が子を産み落とすには不合格と考えているのでしょう。産みそうで産まない・・・・。イライラして諦めかけてカメラを収納すると、突然産んだりするものですから困ります。

 一方アカタテハの産卵もこの時期よく目撃します。主なホストである、カラムシを探して地表スレスレを滑空しておりました。アカタテハ産卵も葉被りしやすい撮影対象ですけど、今回も悲しいかな葉被り(^^;
f0090680_2028407.jpg
D71K-34、ISO=400、F11-1/800、-1.0EV、外部ストロボ、撮影時刻:12時13分

 産み付けられた卵を今シーズン新規導入したコンデジ、TG2のスーパーマクロモードで撮影。
f0090680_20285470.jpg
TG2@18mm(トリミング)、ISO=200、F6.3-1/640、-0.7EV、撮影時刻:12時21分

 このコンデジ、噂に違わぬ実力の持ち主でした。
さて、今シーズンも種類によらず産卵シーン撮影に拘る予定で、今回何とか2種をゲット。実は4月中~下旬はミヤマセセリの産卵シーン探索に拘っておりましたが、こちらは失敗。そもそも産卵シーンの目撃すら叶いませんでした。少し標高を上げれば未だ間に合うかもしれませんが、正直、来年春までの課題になりそうです。
by fanseab | 2014-05-08 20:30 | | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード