探蝶逍遥記

本体HPの更新:ボルネオの蝶(3)

 「台湾の蝶」更新に引き続き、2年前のボルネオ・グヌンムル公園遠征で撮影した6科12種を新規アップいたしました。下記各種名をクリックすると本体HP該当頁にジャンプします。なお、使用している画像は全て既に拙ブログで連載した、グヌンムル公園遠征記(外部リンクに掲載済のものです。
なお、今回の更新で本体HP掲載種数はいつの間にか、287種(掲載予定種334種)になりました。

<アゲハチョウ科>
デレッセルトマダラタイマイ
ナガサキアゲハ
<シロチョウ科>
ニケビレイキチョウ
ウラナミシロチョウ
<シジミチョウ科>
スブストリゴススエビアシシジミ
ナラダコノハシジミ
<シジミタテハチョウ科>
ゲザシジミタテハ
・ヒオドシ(ハキヌス)シジミタテハ
<タテハチョウ科>
リュウキュウムラサキ
ツマムラサキマダラ
<セセリチョウ科>
アカオビセセリ
クロボシセセリ

 画像が無いのも寂しいので、本体HPやブログにアップできなかったデレッセルトマダラタイマイ(Graphium delesserti delesserti)♂の未公開画像をアップしておきましょう。

+++画像はクリックで拡大されます+++
f0090680_21471297.jpg
D7K-34、ISO=400、F9-1/250、-0.3EV、外部ストロボ、撮影年月日・時刻:2012年3月11日、11時49分、撮影地:マレーシア・サラワク州・グヌンムル国立公園
 

 「ボルネオの蝶(3)」については今後、順次掲載種を追加予定です。ご期待下さい。
by fanseab | 2014-03-08 21:33 | | Comments(6)
Commented by Sippo5655 at 2014-03-08 22:06
わ、わ、珍しいチョウチョがたくさん!!
アカオビシジミって、ベニヒカゲみたい♪
コノハの、シジミなんて(≧∇≦)
凄い本当にチョウチョの広さ深さって、
世界規模で見るとさらに感動ですね!
Commented by himeoo27 at 2014-03-09 15:02
如何にも南国といいう感じで
本州のチョウとは全く違う配色パターン
を堪能しました。
Commented by fanseab at 2014-03-09 22:59 x
Sippo5655さん、アカオビセセリはご指摘の通り、ベニヒカゲと配色パターンが一緒です。但し、暗い環境を飛び回るので、ベニヒカゲより遥かに「赤帯」が目立ちます。また、裏面を木の葉に似せたシジミやタテハ類も結構沢山います。もちろん緑色の葉っぱの上では保護色になりませんね。
Commented by fanseab at 2014-03-09 23:08 x
himeooさん、日本の蝶と比較して、やはり配色パターンが異なる点が見どころの一つです。もちろん好き嫌いはあって、土派手な色使いを好まない方も多いでしょうね。ただじっくり観察すると、それぞれの配色が生息環境と上手くマッチングしていることに気がつきます。ここら辺は標本箱に入っている標本や図鑑からは全く理解不能な点で、現地で実物を観察して初めて納得できると思います。
Commented by 6422j-nozomu2 at 2014-03-10 23:56
ボルネオの蝶はどきっとするくらい美しいですね。私も、暇と金があったら、台湾とかマレーシアとかフィリピンとかボルネオとかに行きたいです。蝶の顔もお国柄があるのですね。私はでも、日本の蝶を極めたいです。撮影種は200種以下のレベルなもんで。(笑)
Commented by fanseab at 2014-03-12 00:32 x
ノゾピーさん、今回アップした種は、ボルネオの蝶の中でも比較的地味な部類なんですよ。もちろん、国産蝶とは配色の傾向が異なりますが・・・。小生も国内撮影種合計はまだ200種には程遠い状態です。お互い頑張りましょう!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード