探蝶逍遥記

ラブジョイ彗星(C/2013 R1)の勇姿

 「世紀の大彗星」と期待されたアイソン彗星(C/2012 S1)はテレビ等の報道の通り、太陽に最接近した際(11月29日)、文字通り雲散霧消し、宇宙の塵と消えてしまいました。その一方で、11月中旬の時点(外部リンクでアイソンの黒子的役割だったラブジョイは意外と尾が発達し、天文ファンにとって主役に躍り出たのです。丁度、月明かりが無い理想的な条件になる先週末に山梨県に遠征し、撮影して参りました。町灯りの影響をなるべく避けるべく下見をした上で八ヶ岳山麓の撮影地を選定しておりましたが、当日のピンポイント予報で午前3-6時の大事な時間帯に曇りであることが判明。急遽、この時間帯の晴天が期待される富士山麓に目的地を変え、現地には3時前に到着。ところが何と、現地は曇っており富士山の姿も見えない始末。仕方なく当初選定した候補地である八ヶ岳に場所変更。しかし、標高1400mの目的地は雪雲が邪魔してこれまたNG。慌てて標高を950mに下げ、ようやく満天の星空に出会うことができました。この時点で既に4時45分。天文薄明の開始まで殆ど時間が無く、慌てて簡易赤道儀をセットしてスタンバイしたのは5時を回っておりました。ラブジョイの位置はかんむり座の少し左側。視力の悪い管理人は肉眼では存在がわからず、双眼鏡で観察すると、すぐにボンヤリとした彗星核を確認することができました。時間に余裕がないので300mm一本に絞り撮影。

+++横位置画像をクリックすると、拡大画像をご覧になれます。

f0090680_2241357.jpg
D71K-34(トリミング+5コマコンポジット)、ISO=1600、F4-(30sec.X5コマ)、-0.7EV、スカイメモRでガイド、撮影年月日・時刻:2013年12月8日、05時21分15秒~24分23秒(JST)

 最初の一コマをカメラの液晶画面で再生した直後、長大な尾が写っていることを確認し感激いたしました。彗星核と尾のコントラスト差が激しく、尾の微細構造を表現すると核のディテールが潰れてしまい、コントラスト調整は相当難しいですね。しかし300mmで撮影した結果、複雑な尾の構造が何とか表現できて満足しております。300mmの対角線画角は5度20分とされていることから判断して、尾の長さは少なくとも5度以上あったものと思われます。コンポジット処理をしない単独画像も参考のため貼っておきましょう。
f0090680_2242889.jpg
D71K-34(トリミング)、ISO=1600、F4-30sec.、-0.7EV、スカイメモRでガイド、撮影年月日・時刻:2013年12月8日、05時24分23秒(JST)

 彗星核は恒星同様、点状に見えます。寒さを忘れて撮影をしておりましたが、みるみる東の空が明るくなり、結局撮影スタートから正味30分で撮影を終了せねばなりませんでした。
撮影スタート直後と撮影終了時の彗星付近の画像をGIF動画で比較した絵もアップいたしましょう。
f0090680_2245624.gif
D71K-34(トリミング)、ISO=1600、F4-30sec.、-0.7EV、スカイメモRでガイド、撮影年月日・時刻:2013年12月8日、05時24分23秒および05時43分27秒(JST)

 わずか19分間ですが、相当なスピードで移動していることがわかりますね。今回は思わぬ雲に祟られ、慌ただしい行動を強いられましたが、雄大な彗星の姿を撮影できて何よりでした。彗星の名前通り、愛すべき(love)姿を十分に楽しむ(joy)ことができました。この後、ラブジョイの位置は日増しに高度を下げ、同時に月明かりの影響で観測が困難になります。ほぼベストタイミングで撮影ができたようです。
by fanseab | 2013-12-10 22:10 | 天体 | Comments(2)
Commented by chochoensis at 2013-12-12 08:33 x
fanseabさん、凄い!!!家内と一緒に、彗星写真を拝見してビックリしました・・・。アイソンは消えてしまったとの報道を見てがっかりしていましたが、ラブジョイという彗星があったのですね・・・驚きです。
ムラサキツバメの集団・・・これも驚きましたが、全てマテバシイというのにもビックリしました・・・写真も綺麗で、さすがです!
Commented by fanseab at 2013-12-12 21:39 x
chochoensisさん、コメント有難うございます。
恐らくアイソンが無事だったら、肉眼でこのような尾が見えたかと思うと残念でした。ラブジョイはやや暗い彗星ですが、とても尾の形が綺麗で感動しました。
今年はムラツの越冬集団を観察するには好都合の年らしく、探し甲斐があります。ブログ仲間は40頭近くの集団も観察していてビックリさせられました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード