探蝶逍遥記

ムラサキツバメ越冬集団(11月下旬)

 例年通り、この時期は首題集団の探索が楽しみです。昨年は不調に終わり、ビワ葉上の
4頭集団を見出したのが精一杯(外部リンク)
でした。今年は何とか10頭以上の集団発見を目標に、神奈川県湘南地域の某谷戸に出向きました。ここは実は昨年も訪問したのですが、坊主。あまり期待せずに出かけてみました。ノンビリ出動で、現地正午着。この時間帯は塒から三々五々飛び出しているはずで、果たしてカシ類やシュロ等の梢上をビュンビュン飛んでいます。飛翔している個体数は昨年より明らかに多く期待が持てます。塒に戻るであろう時間帯まで少し時間があるので、その間、ムラシの塒探しで暇潰し。枯葉にかくれんぼした個体を発見する「鬼ごっこ遊び」です。管理人が勝手にルールを作り、「2頭発見したら管理人の勝ち」として、さぁ、ゲームスタート! ほぼ2分で最初の個体見っけ!

+++横位置画像をクリックすると、拡大画像をご覧になれます。
f0090680_20181528.jpg
D71K-34、ISO=400、F11-1/200、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:12時58分

 蜘蛛の巣に絡まった複数の枯葉に潜む典型的なパターンです。ムラツが活発に活動する時間帯なのに、ムラシは既に活動を終了しているのが興味深いですね。2頭目はちょっと苦労しましたが、首尾よく発見。このゲーム、管理人の勝ち(笑)
f0090680_20184915.jpg
GXR@5.1mm、ISO=320、F2.9-1/125、-0.7EV、内蔵ストロボ、撮影時刻:13時04分

 こちらは葉の途中から変色した部分に鎮座している個体。ちょうどルーミスの越冬個体が好むような半枯葉の上です。
 さて、ムラツの方ですが、梢のかなり高い場所を飛び回っていた個体も徐々に低空飛行に変わり、目線より低い場所で開翅するチャンスも増えました。♂が意外に多かったので、♂に狙いを絞り、何とか♂本来の深みのあるブルーが表現できました。
f0090680_20191670.jpg
D71K-34、ISO=400、F11-1/640、-0.7EV、撮影時刻:12時36分

 実はこれまで♂翅表の色相表現には相当悩んでおりました。原因の一つがRAW現像で見たままの色合いを再現できないこと。本件で以前、ブログ仲間のze_phさん(外部リンクに相談したことがあり、現像ソフト:Photoshop Lightroomを使用するテクニックをご教示頂いておりました。今回、初めてLightroomで現像し、かなり記憶色に近い色相が再現できたような気がします。参考までに普段使用しているソフト:SILKYPIX Developerとの現像結果との比較をご覧にいれます。
f0090680_20195679.jpg



 SILKYPIXではファインカラーコントロール機能を駆使してもムラツ翅表の紫色が「赤紫色」にカブってしまい、見た目の「青紫色」にならないのです。以前、ダンダラさん(外部リンクにお伺いした際、NIKONデジ一では「RAWではなく、JPEG撮って出しで撮影するとムラツの色調再現性が良い」とのことでした。RAW現像ソフトのアルゴリズム上、色調表現の得手不得手がどうもあるようです。また♂同様、♀の紫色表現も意外と難しいのですが、今回はSILKYPIX使用でも、まずまずの色合いが再現できました。
f0090680_2022614.jpg
D71K-34、ISO=400、F11-1/500、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:13時02分

 この♀個体は前翅の紫色部分の面積が比較的小さく、却ってエレガントな印象で、好ましい印象を受けました。
 さて、13時過ぎになって、そろそろ塒に集まり始めている頃だろうと推測し、ウロチョロすると、アジサイの葉上で8頭集団を発見。有難いことに目線の高さ。
f0090680_20223192.jpg
D71K-85VR、ISO=400、F11-1/400、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:13時23分

 広角でも撮影。
f0090680_20224057.jpg
GXR@5.1mm、ISO=200、F6.5-1/30、-0.7EV、内蔵ストロボ、撮影時刻:13時47分

 アジサイの葉はもちろん落葉しますので、一時的な塒でしょう。恐らく近くにある常緑のアオキの葉あたりに塒を移動するものと思われます。現地では複数のカメラマンの方にお会いしました。特に現地のムラツを詳しく観察されているNさんから別ポイントを紹介頂いたので、そちらに移動。と言ってもピンポイント情報ではないので、40分程探索に要しました。それでも何とか執念で集団を発見。嬉しいことに12頭集団! 目的の二桁集団ゲットです。やった~! 高さ4mほどのマテバシイの葉が塒。先ずは300mmで見上げる角度でパチリ。
f0090680_20231240.jpg
D71K-34(トリミング)、ISO=500、F11-1/500、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:14時58分

 正確には11頭と隣の葉に1頭が集まっています。これだけ集まるとすぐに個体数が勘定できない嬉しさがありますね。広角も撮影すべくコンデジを一脚に取り付け、慣れないインターバル撮影。石垣に登り、手を目一杯伸ばしてやっと届く高さ故、さんざん苦労してやっと望みの一枚をゲット。
f0090680_20233118.jpg
GXR@5.1mm、ISO=400、F5.1-1/80、-0.7EV、内蔵ストロボ、撮影時刻:15時35分

 もたもた撮影している内に手前の1頭がどこかに飛んでいってしまったようです。このポイントはマテバシイの植栽密度がかなり高いので、恐らく今回見出した集団以外にも複数の集団が存在している可能性を感じました。なにはともあれ念願の2桁集団を発見し、満足して帰宅できました。今回貴重な情報をご提供頂いたNさんには、この場を借りて厚く御礼申し上げます。また、かなりマニアックなRAW現像ノウハウをご教示頂いたze_phさんにも御礼申し上げます。
by fanseab | 2013-11-26 20:33 | | Comments(8)
Commented by 22wn3288 at 2013-11-27 08:45
ムラサキツバメ♂の濃いブルーが綺麗ですね。
中々上手く写せませんが、現像方法で色の出方が違うのですね。
集団越冬も見事です。
Commented by fanseab at 2013-11-27 21:46 x
22wn3288さん、ムラツ♂表翅は幻光を楽しめる種ですけど、その色合いを忠実に表現するのは結構難しいですね。赤銅色や青緑系に光る場合は、RAW現像でもさほど苦労はしません。しかし、紫系はどうもSILPkYPIXでは上手く再現できないのです。もちろん、JPEG撮って出しでもカメラメーカーにより、色の出方は様々だと思います。集団越冬は数が多ければ多いほど迫力があります。最近は20頭以上の集団を見ていないので、いつか再度観察したいと思っております。
Commented by MatsuHimeji at 2013-11-28 11:40
12頭集団発見とは!?!
そんなのに出くわしたら、ハイヤ~ホッホ♪と円陣で小躍りしそうです。(笑)
そうですか・・・、塒に戻ってくる時間帯とか、枯れ葉の様相とかも大事なポイントなんですね。
( ..)φメモメモ
では fanseabさんの幸運に肖れるよう、目を皿にしてがんばりまっす。
Commented by fanseab at 2013-11-28 21:12 x
MatsuHimejiさん、10頭以上の集団になるのは、やはり時期と条件が上手く合致しないと稀ですね。工場や学校等、周囲をマテバシイの植栽で囲まれた場所が近くにある公園等で、できれば水場の近くの非落葉広葉樹、しかも葉の面積がでかい植物が狙い目になります。晴天で気温が高くなると塒から飛び出してしまうので、集団を発見するには、できれば曇りで肌寒い日の方が好都合です。是非発見目指して頑張って下さい。
Commented by Garuda at 2013-11-29 00:04 x
SILKYPIXの方が私の記憶色に近い気がするのはあまり良い開翅シーンに出逢えていないということなのでしょうか。(T_T)

近場の森林公園では相変わらずムラサキツバメに出逢えていないのですが、多摩川を渡った世田谷区の砧公園で先日見つけた2頭集団を一昨日再訪したら14頭に増えていました。
いい感じに増えているので継続観察したいと思っています。
それとは別に、今年は個体数が多めのようなので12月に入ったら湘南方面にも1~2回探索に行こうと思います。
Commented by fanseab at 2013-11-29 21:48 x
Garudaさん、正確に言うと、Photoshopでの作例も完璧に色再現をしている訳ではなく、「記憶色」にはまだもう一歩なんです。♂は開翅角度と見込むアングルによって本当に様々な構造色が出ますから、複雑ですね。
14頭集団とは魅力的ですね。是非継続観察をお願いします。
Commented by otto-N at 2013-11-30 19:35 x
ある方のブログで、青紫色に輝くムラツ♂を見てなんとか撮りたいと思っていました。でも、ペンタックス付属のSILKYPIXで色々いじっても、どうしても赤紫っぽくなり、諦めていまた。そして「記憶色」の記憶がどんどん薄れ、どんな色であったかも判らなくなってしまいました。Lightroomの購入も考慮して、閑蝶期の冬にじっくり検討してみます。
Commented by fanseab at 2013-11-30 22:02 x
otto-Nさん、♂が青紫色に輝くアングルは相当に限定されていて、小生も今回ようやくそのようなチャンスに遭遇したのです。ですので、その色合いを何とか正確に表現したいものだと思い、新たなソフトを活用してみました。但し、このソフトが必要になるのは国内の蝶では、今の所、ムラツおよびオオムラサキ♂の紫色の再現位程度で、その他はSILKYPIXで全く問題ありません。それと結構重たいソフトで立ち上がりが遅くてあまり常用する気にはなれません。PENTAXのJPEG撮って出しで、もしもいい色が出るなら、トライしてみる価値があると思います。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード