探蝶逍遥記

広島のウラナミジャノメ(9月下旬)

 広島遠征の初日、キマダラモドキ探索で最初に訪問した林縁は竹藪の脇。流石に竹藪にはキマダラモドキはいないだろうな~と思いながら林縁を歩いていると、木蔭をゆっくりと飛ぶYpthimaに出会いました。ヒメウラナミにしては少し図体がでかく、静止した裏面を確認するとウラナミジャノメでした。

++横位置画像をクリックすると拡大画像を見ることができます++
f0090680_2114819.jpg
D71K-34(トリミング)、ISO=400、F11-1/500、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:12時16分

 実はこの近辺ではキマモ以外にウラナミジャノメも産するとの情報も把握していたので、念のため確認したらビンゴ!でした。因みに管理人は国内で本種を撮影するのはこれが初体験。生息していた環境にはヒメウラナミジャノメも混棲していて、特別な環境とは思えません。絶滅危惧Ⅱ類のカテゴリーに属する本種の生息環境保全は結構難しい問題だと思います。ウラナミジャノメ固有の生息環境が一義的に決まらないでしょうから・・・。また管理人は初体験故、本種の♂♀判定が結構難しいですね。↑でアップされた個体は何となく♀に見えましたが、如何でしょうか?間違いあればご指摘願います。初日はウラナミジャノメに没頭している余裕がなかったので、2日目の午前中このポイントを再訪。朝から結構蒸し暑く、日陰の草地をゆっくり舞う本種が観察できました。この時は行動パターンから飛翔している個体は全て♂と判定できました。最初はイノコズチで吸蜜する個体。
f0090680_21151782.jpg
D7K-85VR、ISO=400、F11-1/400、-0.7EV、撮影時刻:11時05分

 イノコズチはやや暗い環境に生えていますから、暑さを避けているウラナミジャノメにとって、貴重な吸蜜源なのでしょう。♂は結構飛び古した個体から新鮮なものまで色々。ここでの第2化はダラダラ発生なのかもしれません。撮影していて感じたのは、ヒメウラナミに比較して相当敏感な事。ストロボ光にもシャッター音にも反応鋭く、意外と接近戦を許してくれません。それでも相当しつこく追跡してようやく接近戦をものにできました。
f0090680_21154758.jpg
D7K-85VR、ISO=400、F11-1/400、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:11時13分

 後翅眼状紋のスッキリ感はこの蝶最大のチャームポイントですね。キマダラモドキ同様、あわよくば本種の産卵シーンも・・・と気持ちはあったのですが、終日本種を追跡できず、それは今後の課題となりました。Ypthimaを探している際、飛び古したダイミョウセセリ♀に出会いました。
f0090680_2116554.jpg
D71K-34、ISO=400、F11-1/800、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:12時27分

 関東に棲んでいる蝶屋にとって、ダイミョウセセリ関西型はやはり気になってつい撮影してしまいますね。今回はクロツ探索もちょっぴりやりましたが、こちらは成果ゼロ。広島県の蝶探索も久し振りでしたが、所変われば何とやら・・・で、色々と楽しい場所でした。
by fanseab | 2013-09-30 21:17 | | Comments(4)
Commented by Sippo5655 at 2013-09-30 21:46
広島ですか~♪
ウラナミジャノメ、眼状紋のインパクトが凄いですね!
国内初とは、嬉しい出会いでしたね。
ああ、ダイミョウセセリ
私も神戸で出会った時はドキドキしちゃいました^^
なんで、このような違いが出るのだろう!?
Commented by fanseab at 2013-09-30 22:24 x
Sippo5655さん、ウラナミジャノメは関東だと産地が少なく、関西以西に産地が多いですね。ジャノメの眼状紋は数が多いのもインパクトがありますが、逆に少ないのも強烈な印象があります。
ダイミョウ関西型も関東の蝶屋にとっては「珍品」ですもんね。
Commented by たにつち at 2013-11-26 00:09 x
ウラナミジャとの出会いですか、いいですね~~
当方、未撮影です。いつかはと、儚い夢のような課題です。
Commented by fanseab at 2013-11-26 20:46 x
たにつちさん、対馬に行けば簡単に見られるのですが、簡単に見つけられない本州で探すことに妙味があるジャノメですね。裏面の眼状紋はスッキリしていてとても魅力的だと改めて思いました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード