探蝶逍遥記

ルリシジミの産卵(7月中旬)

 今年は梅雨明け後の猛暑の影響か、拙宅近くの多摩川沿いのクズの成長も早く、既に花穂が色づいてきました。やはり良い匂いがするなぁ~とクズの花穂を観察していると、白いシジミが登場。おぉ!ルリシジミの♀ではありませんか。当然産卵行動と思い、カメラをセットします。母蝶は結構神経質でカメラの動きに敏感で、なかなか思い通りのショットが撮れません。最初は産卵途中のシーン。

++横位置画像をクリックすると拡大画像を見ることができます++
f0090680_2158812.jpg
D71K-85VR、ISO=400、F11-1/320、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:11時45分

 触覚を上下させながら、好みの位置に腹端をセットして産んでいきます。産卵シーンのアングルとしてベストだったのが、こちら。
f0090680_21582187.jpg
D71K-85VR、ISO=400、F11-1/320、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:11時48分

 ただ、肝心の複眼と腹端が超ピン甘(^^; これでは産卵シーンとしてはB級ショットですね。結局これ以上の画像を撮らせてくれないまま、母蝶は去っていきました。産卵の途中ではクズの花穂から吸蜜しておりました。
f0090680_21583499.jpg
D71K-85VR、ISO=400、F11-1/320、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:11時46分

 クズの花穂への産卵状況です。
f0090680_21584467.jpg
D71K-85VR、ISO=100、F11-1/320、-1.0EV、外部ストロボ、撮影時刻:11時39分

 画面上に4卵(1卵は孵化済の卵殻)確認できます。花穂の数は流石に未だ少ないので母蝶は特定の穂先に集中的に産んでいくようです。この辺の事情は秋口のウラギンやウラナミシジミの産卵状況と良く似たパターンでしょう。例によって、卵の拡大像も撮影。
f0090680_2159066.jpg
D71K-85VR-24R(トリミング+上段のみ3コマ深度合成)、ISO=100、F29-1/320、-1.7EV、外部ストロボ

 ヒメシジミ族の卵表面構造は概ね類似していて網目構造を有し、網目の頂点が水柱状に盛り上がっております。ルリシジミの場合は頂点の突起は控えめな印象です。以前、撮影したヤクシマルリシジミと微構造の比較も行いました。
f0090680_21591018.jpg
撮影条件はルリとほぼ同じ。

 教科書上では、卵の直径はヤクシマルリシジミ>ルリシジミとされておりますが、管理人の撮影結果では逆転しております(ルリ:0.67mmΦ、ヤクルリ:0.61mmΦ)。個体変異で逆転するものなのか、今後の検討課題です。表面網目構造はヤクルリの方が粗く、水柱状突起の高さもより突出している印象ですね。今後できればサツマやスギタニルリ、オガサワラシジミとも微構造比較をしてみたいと思います。
by fanseab | 2013-07-17 21:59 | | Comments(6)
Commented by Garuda at 2013-07-18 01:07 x
今日、早野聖地公園でクズ群落に花が付いているのを見て、「アレ?クズが咲くのは夏の終わりじゃなかった…?」と思ったのですが、ウラナミシジミやウラギンシジミのイメージに引きずられてるだけだったのか。(ようやく納得)

そういえばルリシジミもクズに付くのでした。もっとよく見てくれば良かった。
Commented by Sippo5655 at 2013-07-19 19:33
ルリシジミはクズの花にも産卵するんですね。
そういえばルリシジミの産卵は見たことなかった、、
この卵の美しさ・・
やはり、メロン和菓子だ♪
クズの中にいるウラギンの幼虫をいつか見つけてみたいです^^;
今日は我が家のミカンとユズに、アゲハとクロアゲハが産卵していました。
クロアゲハの幼虫が無事育ったら
終齢前に部屋に保護して、羽化の瞬間を見てみたいです♪
Commented by 22wn3288 at 2013-07-21 19:42 x
ルリシジミの卵とヤクシマルリシジミの卵の違いが良く分かりました。
拡大すると大分違うのですね。感心しきりです。
Commented by fanseab at 2013-07-21 22:21 x
Garudaさん、早咲きのクズがいつ頃から花穂を膨らませるのか、真面目に観察しておりませんが、ルリシジミの♀は目敏く見つけるのだと思います。この時期は他にハギが花穂を色づかせるので、ハギの方が一般的な産卵樹になるかもしれませんね。
Commented by fanseab at 2013-07-21 22:23 x
Sippo5655さん、ルリシジミの仲間は雑食性の種類が多く、その時期に旬の花や蕾を求めて♀は苦労するのだと思います。卵の微構造は均整がとれていて綺麗ですねよ。ゼフの卵とは別の意味で美しさがあるのだと思います。
クロアゲハの件、別途私信しますね。
Commented by fanseab at 2013-07-21 22:26 x
22wn3288さん、ルリシジミ、スギタニルリ、サツマシジミ、ヤクルリ、タッパンルリの卵はルーペレベルだと判別が付きがたいようです。チャンスがあればそれぞれの違いを確認したいと思っております。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード