探蝶逍遥記

クモガタヒョウモン等(6月中旬)

 クロミ探索をした林縁では期待していた新鮮なヒオドシチョウに会うことができました。

++横位置画像をクリックすると拡大画像を見ることができます++
f0090680_21474180.jpg
D71K-34、ISO=320、F11-1/640、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:7時57分

 ヘムレンさんがアップされていた(外部リンク白樺に止まった絵が理想ですが、まぁ、ここはクルミの木で我慢しときましょう。どうやら樹肌上で吐き戻し行動をしているように見えました。ヒオドシはオオムラサキが出る頃までは散発的に新鮮な個体を見ることができます。ブルー系シジミを撮影した後、帰り支度のためちょっとした広場に駐車し、車内でお握りを頬張っておりますと、前方のウツギに大型ヒョウモンが群れております。慌ててお握りを車内に置き、ウツギに突進して撮影。最初はミドリヒョウモンの♀。
f0090680_2149539.jpg
D71K-34、ISO=400、F11-1/640、-1.0EV、外部ストロボ、撮影時刻:10時51分

 夏眠前の新鮮なミドリ♀を写す機会もそうそうないので、とても嬉しいショットになりました。暗化型ではない普通の個体。でも緑色を帯びた表翅は和名に相応しいものですね。お次はちょっと小さ目に見えるウラギンヒョウモン♂。
f0090680_21492835.jpg
D71K-34、ISO=640、F11-1/800、-1.0EV、外部ストロボ、撮影時刻:10時56分

 こちらはウツギではなく、ムシトリスミレでの吸蜜シーンです。残念ながら既にスレておりました。先ほどのウツギの花弁に次いで登場した大型ヒョウモンはやや淡色。期待して接近すると嬉しいことに新鮮なクモガタヒョウモンの♂でした。
f0090680_21494674.jpg
D71K-34、ISO=640、F11-1/800、-1.0EV、撮影時刻:10時58分
f0090680_21495636.jpg
D71K-34、ISO=640、F11-1/800、-0.7EV、撮影時刻:10時58分
f0090680_2150638.jpg
D71K-34、ISO=640、F9-1/1000、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:11時00分

 実はデジタルになってからクモガタ♂を撮影するのはこれが初めてなので、昂奮して撮りまくりました。乱れの無い後翅表の豹紋と後翅裏面のスッキリ感はやはり魅力タップリです。このポイントで少し時間帯とか時期をずらせば♀の撮影も可能かもしれません。ここで付き合ってくれた♂個体は相当ウツギに執着しており、管理人がしつこく付きまとっても花弁からなかなか離れません。そこで余裕も出たので広角飛翔にチャレンジ。
f0090680_21502864.jpg
D71K-20、ISO=200、F13-1/400、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:11時06分
f0090680_21503697.jpg
D71K-20(トリミング)、ISO=200、F13-1/400、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:11時06分

 1枚目はノートリ、しかも狙って撮った「迎え撮り(飛翔個体を追いかけるのではなく正面から迎えて撮るショット)」画像なので、PC画面でモニターした時、思わず歓声を上げました。2枚目はクモガタらしい後翅裏面のスッキリ感が出せて満足できる仕上がりになりました。

 帰宅準備中の駐車タイムで思わぬタテハチョウ撮影の機会が得られたこともあり、この日はとても効率的な山梨遠征になりました。
by fanseab | 2013-06-20 21:53 | | Comments(8)
Commented by hemlenk at 2013-06-20 22:08
お褒めにあずかり、光栄です(=^・^=)
いやいやクルミもいいではないですか。
ミドリヒョウモンは♀が美しいですね。名前の由来は翅裏の色なのでしょうが、♀の緑がかった色あいは大好きです(=^・^=)
クモガタもまだきれいですね。
これからの高原は、アザミやヒヨドリとのショットが多くなりますが、いろいろな花とのコラボは楽しいですね(=^・^=)
Commented by naoggio at 2013-06-21 13:10 x
ヒオドシチョウのあまりに鮮やかな色に目が覚めました。
樹液や人工物、地面にとまる事が多いこの蝶なので、このようなすっきりした構図には憧れます。
ヒョウモン類もさすがのシャープな画像ばかり。
ワンランク上のありがたい蝶に見えてくるから不思議です。
Commented by Sippo5655 at 2013-06-21 22:34
クモガタヒョウモン、本当にかっこいいですよね!
今季、初めてちょっとは近くで撮ることができて、
遠くに行かないと会えないとばかり思っていたから
東京近県で会えたことが、すごく嬉しかったです。
Commented by fanseab at 2013-06-21 23:44 x
ヘムレンさん、お呼び出ししてすみません。この時期のヒオドシは本当に緑に映える鮮やかさで、毎シーズンクロミ探索のついでに楽しんでおります。ミドリ和名の由来は確かに小生の勘違いでしたが、表の緑色も独特ですよね。クモガタも標高を変えれば結構遅くまでOKであることが理解出来ました。
Commented by fanseab at 2013-06-21 23:53 x
naoggioさん、越冬明けの時期とこの時期のヒオドシは別種と思われる位、印象が異なりますよね。撮影前は恐らく獸糞に止まっていたみたいで、絵になる構図で撮れてラッキーでした。ヒョウモン類も仮眠前は本当に鮮やかで思わずカメラを向けてしまいます。
Commented by fanseab at 2013-06-22 00:01 x
Sippo5655さん、クモガタは本当に格好良いタテハですが、これまであまり相性が良くなく、今回初めて♂撮影ができて嬉しかったです。昔から高尾山周辺等、東京近辺での有名産地はありますが、発生時期が特異的なので、撮影に苦労させられますよね。今度は♀撮影が目標になりました。
Commented by himeoo27 at 2013-06-22 20:46
クモガタヒョウモンは何故か気になる
ヒョウモンチョウの仲間です。
草花での吸蜜シーンをシッカリ写して
みたいです。
Commented by fanseab at 2013-06-22 23:42 x
himeooさん、クモガタは「気にしていても」撮れないヒョウモンですね。このポイントで来年また狙って撮れれば御の字なのですが・・・・。
夏眠前はやはりウツギが一番の吸蜜源のようです。夏眠後は色々と吸蜜種のバリエーションが増えそうですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード