探蝶逍遥記

続々・多摩川縁のコムラサキ探索(6月上旬)

 前回の反省からこの日は午前10時半前から現地に赴きました。午後1時過ぎ頃と推定される産卵タイムまで暫く時間があるので、ヤナギ林を暫く観察。すると樹冠付近を活発に飛ぶ個体を発見。遠目にも色合いが薄くどうやら♀のようです。暫し追っかけをした後、運よく見通しの良い場所で産卵をしてくれました!

++横位置画像をクリックすると拡大画像を見ることができます++
f0090680_20492037.jpg
D71K-34(トリミング)、ISO=500、F11-1/640、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:10時31分

 産卵時間は2秒弱でしょうか。あまりにも短く合焦が間に合わず完璧ピンボケ。でも管理人にとって記念すべきコムラサキ産卵シーン初撮影となりました。ピクセル等倍で翅形状を検してみると、左後翅肛角部に欠けがあり、どうやら前回の記事でご紹介した識別#F2個体のようです。この後、この個体の追っかけをしましたが、見失い、11時前には活動がストップした様子。仕方なく場所替えして別のヤナギポイントへ移動。ここには新鮮な♂が比較的活発に探♀飛翔を繰り返していたので、飛翔撮影に集中。何とか3枚ゲットできました。
f0090680_20494765.jpg
D71K-34(トリミング)、ISO=500、F4-1/4000、-0.7EV、撮影時刻:12時00分
f0090680_20495784.jpg
D71K-34(トリミング)、ISO=500、F4-1/4000、-0.7EV、撮影時刻:12時05分
f0090680_2050560.jpg
D71K-34(トリミング)、ISO=500、F4-1/4000、-0.7EV、撮影時刻:12時10分

 1枚目は一番バランスが取れた画像ですが、紫色幻光はこのアングルでは期待できません。2枚目はクルミ周辺を周回飛行する個体。距離的にも近くかなり手応えを感じていたにも拘らずこのショットしか成果なし(^^; 3枚目も向こう側に飛び去るショットでガッカリ。兎に角レンズに向かうアングルで太陽とほぼ正対する位置で切り撮れれば紫色幻光を表現できるはずなのに・・・・、そんな時に限って置きピンを外れるんですねぇ~。午後1時を過ぎると♂の占有行動が活発になってきます。2頭が絡んだ場面を奇跡的にノートリで撮ることができました。
f0090680_20502857.jpg
D71K-34、ISO=640、F16-1/4000、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:13時02分

 それにしても順光で撮れていたらなぁ~とPC画面上で溜息をつきました。さてこの日は前回観察時の産卵活動ピーク時間と思しき午後1時半には全く♀を観察できずガッカリ。やっと発見した♀はノンビリとヤナギの樹液を吸っておりました。
f0090680_20504120.jpg
D71K-34、ISO=640、F11-1/640、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:13時36分

 この個体は左前翅外縁に小さな欠けがあり、別途確認した後翅裏面中室にある微小黒点が2個あることから前回確認した識別#F1とも異なる個体で#F3とすべき♀でした。この♀は14時頃吸汁を止めどこかに飛び去ったようで、この後15時過ぎまで♀は活動を休止していたように思います。これまでの3回の観察で、♀の産卵行動を確認できたのは10時半過ぎと13時半頃の2回で、14時以降は葉影で静止しているか樹液を吸っているかのどちらかで全く不活発な状態に終始していたように思います。産卵活動のピーク時間帯が上記のように2山あるのか、それとも日照や気温・湿度に応じて産卵時間を変える1山タイプなのか?今後、第2化/3化♀の挙動を継続観察して確認してみたいと思います。いずれにせよ、産卵はヤナギの樹冠付近を好むようで、今回観察したポイントで産卵シーンを撮影するのは至難の業でした。接近戦で撮るためには橋の欄干等からヤナギ樹冠を見下ろせるようなポイント開拓が必要と思われます。ネットで調べると、コムラサキ♀はヤナギの幹上や幹から発生する実生(ひこばえ)にも産卵するようです。このような場面に巡り会えたらもう少しましな産卵画像が撮れるのでしょう。それでも今回初めて真面目に継続観察した結果、コムラサキ♀の生態の一部を知ることができ、大変有意義だったと感じております。
 なお、ヤナギの樹液に比較的立派なヒラタクワガタ♂が吸汁しておりました。
f0090680_20512484.jpg
D71K-34、ISO=640、F11-1/400、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:12時32分
 
 因みに多摩川縁のヤナギでヒラタを見るのは管理人初体験でした。
by fanseab | 2013-06-15 20:52 | | Comments(4)
Commented by 愛野緑 at 2013-06-15 22:06 x
ヒラタクワガタ格好いいです。
5月終わり頃多摩川べりのヤナギを見て回りましたが、コムラサキは発見できず、コクワガタを見つけました。たしかヒラタは湿気の多いところを好んだように思います。意外と沢山見られるかもしれませんね。
Commented by himeoo27 at 2013-06-16 18:35
コムラサキの飛翔シーン素敵ですね!
先週の日曜日に兵庫県南部でごまさん、yodaさん
とコムラサキの雌と卵を撮影しました。
Commented by fanseab at 2013-06-16 21:49 x
愛野緑さん、やはりコクワと違いヒラタは格好いいですね。ただ樹液が出ているヤナギを見つけるのに苦労しますね。カナブンが舞っているヤナギを見つけても、彼らも樹液探索の最中だったりすると、そこが「ご神木」であるとは限らないからです。ですのでこれまでコクワでさえ発見できるのは稀でした。
Commented by fanseab at 2013-06-16 21:51 x
himeooさん、コムラサキの飛翔シーンは広角で狙えないので、300mmで頑張っていますが、やはり厳しいのが実情です。紫色の光る翅を覗かせたシーンを撮るのが目標です。
コムラサキの卵、撮影できてよかったですね!羨ましい限りです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード