探蝶逍遥記

但馬の春

毎年この時期恒例の但馬ギフ参りです。今回は前回不調に終わった超広角飛翔写真の再トライと、まだデジ一眼できちんと撮っていないスギタニルリシジミの撮影が目的。

この日はこれまでとうって変わって青空が広がるものの、風強く、温度が高く、またしてもギフ撮影には不向きな天候。この4月は天気に泣かされました。トホホ。現地に9時前に着いたのですが、もう2頭がもつれあっています。♂はスレ品が多く、去年より季節の進行がやや早い印象。「青空が覘く、林道脇を駆け抜けるギフ」がようやくイメージ通りに切り取れました。

f0090680_22432895.jpg
D70S-10.5-X1.4TC, ISO=500, F11-1/500,-0.7EV、内蔵ストロボ

次に谷あいのポイントに移動。ここでも、「青空と新緑をバックに飛ぶギフ」を超広角ならではの絵がものにできました(ストロボを使ってバックをもう少し暗く落としたかったが)。

f0090680_22434932.jpg
D70S-10.5-X1.4TC, ISO=640, F8-1/1250、-0.7EV

沢沿いのポイントでは、♀が岩から滲みだした水を吸っていました。小生、ギフの吸水シーンは、初体験です。

f0090680_22441427.jpg
D70S-10.5-X1.4TC, ISO=500, F13-1/400

一通り、ギフは撮影終了して、お次はスギタニルリに注力。まずは、吸水シーン。このシジミ、吸水中はノコノコ動くので、結構てこずりましたが、本日のベストショットを貼っておきます。尾端に注目してください。水滴が見えますでしょうか?これスギタニルリのポンピング行動なのです。アゲハではよく知られているこの行動、シジミでは小生初体験ですし、撮影できたのももちろん今回が初。撮影している時は気付かず、帰宅してPCモニターで発見しました。
また、この蝶の縁毛がブルーを呈していることにも気がつきました。

f0090680_22443831.jpg
D70, ISO=500, F14-1/320

やはり、スギタニと言えば、表翅の渋いブルーを撮らねばなりません。飛翔写真で写しこみました。超広角と90mmマクロ両方の作例を貼っておきます。超広角は沢沿いの岩も写しこまれて、小生お気に入りの作品となりました。

f0090680_22483318.jpg
D70S-10.5-X1.4TC, ISO=500, F14-1/500、内蔵ストロボ

f0090680_2245025.jpg
D70, ISO=500, F7.1-1/1250

ようやく林道の雪が消えかけてきた早春の但馬。いつ来ても幸せな気分にしてくれます。

※本体HPに「日本の蝶」コーナーを新設しました。第一弾として、ギフチョウとヒメギフチョウをアップしました。お口直しにお立ち寄りください。
by fanseab | 2006-04-29 22:54 | | Comments(10)
Commented by banyan10 at 2006-04-30 18:56
素晴らしい写真の連続ですね。
スギタニの広角の飛翔が撮影の難易度を考えても見事です。ポンピング行動も貴重ですね。
もちろん、ギフの飛翔も青空背景でいいですし、吸水は僕も見たことありません。
Commented by nomusan at 2006-05-01 06:11 x
本当に、素晴らしい画像の連続ですね。スギタニ、エエ色ですね~・・・。エエです。ギフも吸水するんですね~・・・。
Commented by fanseab at 2006-05-01 15:09 x
BANYANさん、まいどどうも。スギタニ広角はストロボを使用しているので、表翅の色がルリシジミのようになってしまって残念なんですが、逆光気味の状況ですので、これで精一杯でした。ギフ吸水はこの写真だとちょっと見難いですが、ピクセル等倍で確認するとストローを伸ばしています。
Commented by fanseab at 2006-05-01 15:12 x
nomusanも、まいどどうも(笑)。スギタニの開翅も狙っていましたが、吸水に夢中で、開いてくれませんでした。で、仕方なく飛翔での撮影です。
Commented by maeda at 2006-05-01 17:53 x
すばらしい写真の数々です。
同じレンズ使っているのに出来上がりの違いにため息が出てしまいます。
Commented by kenken at 2006-05-01 18:12 x
青空をバックにギフの飛翔シーン、ストロボはまったく使っておられないのでしょうか?微妙に弱めで使われたのでしょうか?私は、この青空の色はとても気に入っています。
ギフに続いてスギタニですか・・・これは余裕ですねぇ。沢沿いの飛翔シーン、これは傑作です。雰囲気が本当によく表現されています。私もこんなシーンを狙ってみたいなぁ・・・
Commented by fanseab at 2006-05-01 19:24 x
maedaさん、10.5mmはシジミやセセリ類には単独で使うにはちょっと拡大率が不足するので、テレコンを付けての撮影です。結局SIGMA15mmと似たような画角になりますが、仕方ないですね。ギフもテレコン付で撮影した方が自然な印象になりやすいです。
Commented by fanseab at 2006-05-01 19:28 x
2枚目はストロボを焚く余裕もなく、飛来してきたので、慌てての撮影です。-0.7EVもその前の設定条件のままだったので、オリジナル画像はかなり暗く、レタッチ補正でギフを明るくしたら、青空が丁度、見た目と同じ柔らかな春の日差しになりました。怪我の功名かな?
Commented by maeda at 2006-05-02 17:28 x
テレコンを付けての撮影なんですね。
分かりました。私と同じでした。kenko 1.5を同時使用して状況によりFisheye単独で使用しています。単独だと歪曲がきつすぎる場合もありますが、逆に良い感じのときもありますし。
Commented by fanseab at 2006-05-02 19:31 x
maedaさん、仰るとおり、状況により使い分けするのがいいのではないでしょうか?maedaさんの撮影された「線路とヒメギフ」のような状況は10.5mmでないと迫力出ませんよね。また、拙ブログでご紹介したオオゴマダラとか大型のアゲハ類なら、10.5mm単独でも飛翔写真がOKと思います。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード