探蝶逍遥記

ミスジチョウ他(5月下旬)

 ウスバシロの産卵シーンを狙って神奈川県北西部の丘陵地帯を訪れました。ウスバシロの活動時間になっても出現せず、他のポイントを巡って戻って来るとやっと1頭の♀が飛び始めました。ヨロヨロと地面に降りたので、それっとばかり接近するもどうも産卵の気配はありません。何となく腹部も細く感じられ、産み尽きた様子。仕方なく太陽をバックに飛翔を撮りました。

++横位置画像をクリックすると拡大画像を見ることができます++
f0090680_2155347.jpg
D7K-20(ノートリ)、ISO=400、F5-1/3200、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:10時10分

 ウツギの花も満開で黒系アゲハの訪花も期待したのですけど、サッパリ。暗いウツギの影からフワッと飛び出したのはアサギマダラの♀でした。
f0090680_2162050.jpg
D71K-34、ISO=400、F8-1/160、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:10時22分

 もちろんアサギマダラは今シーズン初撮影。しかも♀のまともな吸蜜シーン画像ストックがなかったので、ちょっぴり嬉しかったですね。このポイントを離れ、車で5分ほど離れた場所に移動。以前ミスジチョウを目撃したポイント付近をじっくり探索。暫くするとコンクリート補強された崖地にNeptisの影・・・。どうせコミスジだろうと思い接近すると、やったー!新鮮なミスジチョウ♂でした。吸水シーンと言えどもそれなりに敏感なので300mmで遠目から狙ってみました。
f0090680_2110080.jpg
D71K-34、ISO=100、F9-1/640、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:11時12分
f0090680_21102067.jpg
D71K-34、ISO=100、F9-1/640、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:11時12分
f0090680_21103323.jpg
D71K-34、ISO=100、F9-1/640、-0.7EV、撮影時刻:11時13分

 管理人はタテハチョウフリークでして、特にNeptisはお気に入り。国内外問わず、この手のグライダー滑空飛翔を見るとアドレナリンが湧いてきます。これまでミスジチョウはオオミスジ狙いで出かけた長野県で撮影したボロ品等含め、まともな絵が撮れていなかったので、ようやく溜飲を下げることができました。この後、飛翔を撮ろうとカメラを持ち替えている隙に姿を見失い、それっきり・・・(^^; それでも今回きちんとマクロで♂が撮れたので、次回は♀それも産卵シーンが撮れたらいいなぁ~と夢が拡がるのでした。
by fanseab | 2013-05-29 21:13 | | Comments(6)
Commented by naoggio at 2013-05-30 14:15 x
ウスバシロの飛翔、決まってますね。
ミスジチョウ、それ狙いで出掛ける事はありませんがとてもきれいですし出合えると嬉しい蝶です。
それにしてもセメント系の崖が好きですよね。
いつもどこかいい場所に止まってくれないかと思うのですがさっぱりです。
Commented by fanseab at 2013-05-30 22:39 x
naoggioさん、弱弱しく飛ぶことを幸いに♀の飛翔を撮ってみました。ちょっと可哀想な位の飛び方で置きピン位置に設定するのも楽でした。
ミスジチョウはトラフシジミ等と同様、狙って撮ることのできない代表格のような感じですね。いるだろうと思って出て来てくれた時は、本当に嬉しかったです。モミジの上あたりに止まるのが映えますが、アングルが難しかったりで、上手くいきませんね。
Commented by 6422j-nozomu2 at 2013-05-30 23:00
ご無沙汰です。貴兄もミスジ狙いでしたか。カエデの葉上ではなくて、地面での撮影。少し残念でしたが、とに角おめでとうございます。関西では、♂はかなりボロになっています。♀はこれからかなあ。あまり狙う蝶ではありませんが、さほど多産しないので、結構感動するでしょ。飛翔がかっこいいですものね。私も♀の産卵シーンは見たことがありません。お互いチャンスにめぐり合えればラッキーですね。
Commented by fanseab at 2013-05-31 00:07 x
ノゾピーさん、こちらこそご無沙汰しております。貴殿の地元ポイントのようなカエデ背景で撮影できるポイントが意外と無くて、苦労します。♀の時期はゼフの追っかけをする事が多くて♀の撮影もなかなかチャンスがありません。産卵はともかく、先ずは綺麗な♀個体を撮影したいものです。
Commented by clossiana at 2013-06-07 17:12
敏感なこの蝶をしっかりと撮られていてさすがです。真横からの写真を見させて頂くと♂だとはっきりわかりますね。先日この蝶の産卵シーンを目撃しましたがカエデの小枝に潜り込んでしまうと葉に邪魔されて翅のごく一部しか見えていませんでした。幸運を祈ります。
Commented by fanseab at 2013-06-08 22:37 x
clossianaさん、確かにミスジは敏感です。好みのアングルを撮ろうとしても、サッと飛び立ってアングル再設定・・・・の繰り返しでストレスが溜まりました。それでも吸水時がやや鈍感になる唯一のチャンスでしょうか?
この場所ではカエデが少なく、かつ梢が高いので、ここでの産卵シーンは諦めており、今シーズンチャレンジするのだとすれば、もう少し標高の高いポイントでないと無理そうです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード