探蝶逍遥記

アカボシゴマダラ春型の飛翔(5月中旬)

 アカボシはいつも2化~4化の夏型を撮影していて、春型はこれまでまともに撮っておりませんでした。昨年秋、多摩川縁でアカボシ♂が比較的多く集うポイントを見つけましたので、今回そこで飛翔中心に粘ってみました。高さ20mほどのクヌギの大木があり、西向きで中間の高さにある葉上が一番見張りに好都合らしく、この占有ポイントを♂同士が激しく争う様子が観察されました。午前中はパトロール飛翔が中心で、多摩川に沿って生えているエノキとクルミの混交林を周回飛行しております。夏型と異なり、高さ5-6mを好んで飛翔し、管理人の目線の高さには滅多に降りてきません。最初は広角飛翔を視野に入れて機材を準備しましたが、途中からは300mm一本に絞り飛翔を狙いました。正午頃、一旦活動がストップした後、午後からは占有活動が活発になり、午後2時30分頃活動のピークを迎えます。そして午後4時頃徐々に活動を終えるパターンでした。パトロール飛翔・占有行動、共に猛スピードですので、300mmで設定した置きピン合焦範囲はいとも簡単に通過してしまいます。結局1500コマ程撮影して見られるカットは僅か10コマ程度。キリシマミドリシジミの飛翔並みに難しい対象でした。最初はクルミの枝先を通過する個体。

++横位置画像をクリックすると拡大画像を見ることができます++
f0090680_21592832.jpg
D71K-34(トリミング)、ISO=640、F4-1/4000、-0.7EV、撮影時刻:11時42分

 殆どのショットはシャッタータイミングが遅れて、このように後ろ姿を眺めるパターンです(^^; お次は今回撮影した中ではベストショット。
f0090680_2159448.jpg
D71K-34(トリミング)、ISO=500、F6.3-1/4000、-0.7EV、撮影時刻:14時42分

 白化した春型ですが、後翅亜外縁の淡いピンク班も何とか確認できます。次は高速右ターンの場面。一番スピード感が出たショットです。
f0090680_21595348.jpg
D71K-34(トリミング)、ISO=640、F4-1/4000、-0.7EV、撮影時刻:15時02分

 このスピード感は惚れ惚れするものがあります。次はクルミの樹冠付近を周回飛行する途中の姿。
f0090680_220843.jpg
D71K-34(トリミング)、ISO=500、F6.3-1/4000、-0.7EV、撮影時刻:15時24分

 周回飛行だと、梢の影から突然対象が出現するので、一番合焦しずらいパターンで、この絵は奇跡的にピンが来ました。テリ争いを観察していると、1頭だけ小ぶりでやや黒っぽい個体が混じっていました。途中からその個体がゴマダラチョウだと気づきました。
f0090680_2202428.jpg
D71K-34(トリミング)、ISO=640、F8-1/4000、-0.7EV、撮影時刻:14時58分

 ゴマダラの春型も夏型に比較すれば白いのですけど、異常に白化したアカボシ春型と比較すると「相当黒い」印象になります。当然の事ながら、アカボシとゴマダラの異種間バトルも発生。
f0090680_2203681.jpg
D71K-34(トリミング)、ISO=500、F8-1/4000、-0.7EV、撮影時刻:15時53分

 アカボシ2頭をゴマダラが追尾するシーンです。ゴマダラは図体が一回り小さいながら、アカボシ以上に機敏で小回りが利く印象でした。冒頭に述べた通り、16時近くになると占有活動もやや不活発になり、葉上で全開翅して見張るパターンが増えてきます(活発時は半開での見張り待機ポーズが多い)。
f0090680_2204563.jpg
D71K-34、ISO=500、F5.6-1/4000、-0.7EV、撮影時刻:15時49分

 この子はクワの木のかなり低い位置で開翅しておりましたが、恐らくベストの占有位置争いに負けて仕方なく低めのポジションを取っているように思えました。それにしても「歴戦の勇士」らしい姿ですね。アカボシゴマダラは「要注意外来生物」のレッテルを貼られ、やっかいな存在ですが、白くてデカく、そして抜群のスピード感・・・。このタテハの魅力には勝てず、ついついレンズを向けてしまうのです。
by fanseab | 2013-05-21 22:04 | | Comments(12)
Commented by hemlenk at 2013-05-21 23:08
この時期、食樹の周りを忙しく舞う姿を見かけますね。♂が♀を探しているのだと思って見ていますが、そのときの滑空が、このスピード感ある一枚を思い起こさせます(=^・^=)
ナイスです。
Commented by fanseab at 2013-05-22 21:35 x
ヘムレンさん、実は♂が♀を発見してくれることを期待して待機しておりました。ただこの時点では♀は未発生だったようで、♂のパトロール飛翔も小生の探索も徒労に終わったようです。♂はもちろん食樹のエノキも周囲も飛びますが、そこらに生えている樹木なら種類関係なくパトロールしていきますね。
Commented by naoggio at 2013-05-22 21:41 x
3枚目はさすがのナイスショットですね。
個体に破損もなく胸の空くような1枚です。
テリ張りではゴマダラの方が強気でしたか、
今後も2種が共存してくれると良いですね。
Commented by himeoo27 at 2013-05-22 21:48
この時期のアカボシゴマダラの白化型は大きくて
存在感ありますね!アカシジミと併せて探してみ
ようかな?
Commented by fanseab at 2013-05-22 23:38 x
naoggioさん、必死に頑張って何とか物にできました。この時期のアカボシは白いだけでなく、夏型よりも大型なので、迫力がありました。
Commented by fanseab at 2013-05-22 23:40 x
himeooさん、仰る通り、白くてデカいので目立ちます。アカシジミが出る頃はそろそろ♂が終わりで、♀の時期だと思います。是非撮影してみてください。
Commented by Garuda at 2013-05-23 01:57 x
猫がたくさん居るポイントですか?(丁度今日、行ってきたところです)
アカボシばかりだと思っていましたが、ゴマダラさんも混じっていたとは…。根気が必要なことがよくわかりました。
他のポイントでもアカボシばかりでゴマダラチョウに逢えないでいますが、歩き回るよりも樹液ポイントとかで1箇所で粘り強く待つ方が逢えるかもしれませんね。

ところで、近くのコムラサキポイントも訪れたのですが1頭も見つかりませんでした。第1化を見たことがないので時期がよく分からないのですが、まだ早いのかもう遅いのか、第1化は少ないのか…。
Commented by fanseab at 2013-05-23 22:30 x
Garudaさん、随分とローカルな話になってしまいますね(笑) 猫が多いポイントよりもちょっぴり下流側です。ゴマダラは意識して初めて気が付きました。ゴマダラは元々それほど個体数は多くないですからね。この時期は夏場と違ってクヌギもクルミも樹液が出る木が少なくて樹液ポイントで待ち構える作戦ができないのが辛いです。
コムラサキももうそろそろでしょう。週末には新鮮な♂が飛ぶと思いますよ。
Commented by Garuda at 2013-05-24 07:07 x
なるほど、「猫ポイント」と「サトキマ通り」の中間点で某「家」がいくつかある、ヒメジャノメが多いところですね。(超ローカルw)
コムラサキはまだこれからですか。でも皆さんからアカシジミやウラゴマダラシジミの報告が出始めてますし、悩むところです。
Commented by fanseab at 2013-05-24 23:17 x
Garudaさん、違います。「サトキマ通り」の突き当り近傍です。そう、平地性ゼフの出始めの頃、平地のコムラサキも出るんで、二兎を追うことになり、辛いですよね。
Commented by Garuda at 2013-05-26 19:35 x
度々コメントすみません。
そんなところまでクルミの疎林が続いていたっけ?
と思ったら、いったん途切れたあと、その辺りでまた疎林を形成しているのですね。(今まで見えていませんでした)

ちなみに本日夕方にコムラサキポイント詣でをしたところ、梢の周囲を飛翔する4~5頭が確認できました。
20分ほど藪と格闘して撮影ポジションを確保した頃には陽が落ちて活動が終わってしまい、撮れませんでしたが…。(30分遅かったです)
Commented by fanseab at 2013-05-27 20:42 x
Garudaさん、コムラサキは数頭群飛していると迫力ありますよね。開翅撮影等は活動がやや不活発な朝方が楽だと思います。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード