探蝶逍遥記

房総で出会った蝶(4月下旬/5月上旬)

 ヤマキマ探索の過程で出会った蝶をいくつかご紹介しておきましょう。最初はアゲハ類から。ゴールデンウイーク前半戦あたりはオナガアゲハ♂の盛期でした。咲きそろったフジをバックに飛ぶオナガの♂です。

++横位置画像をクリックすると拡大画像を見ることができます++
f0090680_22669.jpg
D7K-20(ノートリ)、ISO=400、F13-1/320、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:12時56分

 狙って撮った訳ではありませんが、季節感タップリの飛翔画像になりました。アオスジアゲハもハルジオンに頻繁に吸蜜に訪れておりました。
f0090680_2262166.jpg
D71K-34、ISO=400、F4-1/2000、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:11時13分
f0090680_2262961.jpg
D71K-34、ISO=400、F11-1/800、-0.7EV、撮影時刻:11時23分

 ストロボ使用・未使用画像共に、これまで管理人が撮影したハルジオン吸蜜画像としてはベストの仕上がりになりました。運よく、ジャコウアゲハ♀の産卵シーンに出会うこともできました。
f0090680_226594.jpg
D71K-34、ISO=400、F11-1/320、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:14時37分

 オオバウマノスズクサへの産卵です。この食草に産む画像は初撮影。河川敷に生えるウマノスズクサとは異なり、藪の上下方向に長く蔓が掛っているのと、葉が巨大なので、腹端が草被りしないで撮れる利点がありますね。とにかく、今シーズン、アゲハチョウ科としては産卵シーン初物でした。この時も産卵前に前脚連打行動(drumming)を観察することができました。
f0090680_2273313.jpg
D71K-34、ISO=400、F11-1/320、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:14時36分

 しつこく叩くのではなく、軽く1,2回の接触で判断しているような雰囲気でした。産まれた卵の様子も広角で撮影。
f0090680_2275857.jpg
D7K-20、ISO=400、F11-1/160、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:14時42分

 葉の面積がデカいため、産卵位置は常に葉の外寄りになります。現地で拡大撮影システムを持ち歩いていなかったので、卵を自宅に持ち帰り、後日、前玉外しで拡大撮影をいたしました。
f0090680_2282286.jpg
D71K-1855@55mm(トリミング+深度合成:左3コマ/右4コマ)、ISO=100、F11-1/200、-0.7EV、内蔵ストロボ+スレーブ2灯増灯、撮影月日:5月12日

 ジャコウ卵の側面形状は、橋の欄干にある「擬宝珠(きぼし)」に譬えられます。擬宝珠の頂点から底面に複数伸びる隆起に沿って小さな粒が付いていて、まるでイクラか数の子のような質感ですね。
 サトキマ♂が飛び出したBポイントの薄暗い林床に黒系ヒカゲがゆっくりと舞っておりました。久しぶりに見るコジャノメ♀でした。
f0090680_229085.jpg
D71K-34、ISO=200、F11-1/250、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:11時04分

 確かコジャノメ♀開翅を撮影するのは国内では5年振りでしょうかね。縁毛に一つの欠けも無い完品で多分数時間前に羽化した個体だと思います。ここでは♂も目撃しましたけど、すぐに行方不明に。やや明るい環境のAポイントではヒメジャノメ♂が神経質に飛んでおりました。
f0090680_2292447.jpg
D7K-20、ISO=400、F11-1/320、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:14時20分

 何故か、ムチャ敏感でした。また春型はコジャノメがヒメジャノメに優先して発生することを思い知らされました。ヒメジャノメが飛ぶすぐ横のハルジオンにはコチャバネセセリ♀がやってきて長時間吸蜜しておりました。
f0090680_2294348.jpg
D71K-34、ISO=200、F9-1/800、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:13時50分

 少しスレた個体ですね。♂は殆どがボロ品で、恐らく♂は4月20日頃には発生していたものと思われます。
by fanseab | 2013-05-16 22:13 | | Comments(6)
Commented by naoggio at 2013-05-17 20:35 x
アオスジアゲハ、さすがにピント良く撮られておいででね。
ジャコウアゲハの卵はやはり存在感が違います。
タマネギ型にこの色とテクスチャー、この亜科の卵の多くは本当に変わっていて面白いですね。
私も一昨年産卵シーンは撮ったのですが公園のロープの中だったので卵は撮りませんでした。
ちょっと後悔してしまいますね。
Commented at 2013-05-17 22:47 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by fanseab at 2013-05-17 22:53 x
naoggioさん、最近、貴ブログを訪問し、交通事故の件を知り驚きました。幸いにもお体に問題ないと聞き安心いたしました。ご自愛下さい。
この時のアオスジはいつになくゆっくりと吸蜜してくれたのでアングル等を工夫する余裕がありました。ジャコウの卵は深度合成のし甲斐がある構造ですが、若干合成に無理があって、出来はイマイチです(^^; アゲハの卵の中ではParnassiusと並んで独特ですね。
Commented by fanseab at 2013-05-17 23:01 x
鍵コメさん、ご指摘有難うございました。
該当箇所を修正いたしました。
Commented by 22wn3288 at 2013-05-19 10:56 x
アオスジアゲハの吸蜜 見事な写真ですね。
シャコウアゲハの産卵も卵も素敵です。
コジャノメの紋の黄色いリングが綺麗に出ていますね!
Commented by fanseab at 2013-05-19 22:28 x
22wn3288さん、コメント有難うございます。
2年前にアゲハを集中的に撮ることに集中した時期があり、その時の練習成果が徐々に出てきて、何とかアオスジ吸蜜も上手く撮れました。
ジャコウの産卵はアゲハチョウ科の中では比較的緩慢な動きをするので撮影しやすい部類ですね。ナミアゲハの方が遥かに難しそうです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード