探蝶逍遥記

モンキチョウ(3月10日)

 前日の土曜日は蝶関係学会発表で終日フィールドには出られず、翌日近くの多摩川を散策しながら新羽化成虫をチェックしました。朝方はドンヨリと曇っていて9時30分過ぎ頃からようやく陽射しが強くなる状況。突然足元から黄色い影が。おぉ、モンキチョウではないですか!薄曇りが幸いして飛び立ってもすぐに地面に静止し、傾斜日光浴しております。遅ればせながら、管理人も本年新羽化成虫をやっとゲットです。2011年および2012年共にモンキ初見は3/20でしたから、今年は大幅に早い初見記録になりました。

                                                                               ++横位置画像をクリックすると画像閲覧ページに飛び、拡大画像を見ることができます++
f0090680_20375845.jpg
D7K-85VR、ISO=100、F8-1/160、-0.7EV、撮影時刻:9時09分
f0090680_2038733.jpg
D7K-85VR、ISO=100、F4.5-1/400、-0.7EV、撮影時刻:9時14分

 毎春この時期、傾斜日光浴するモンキチョウを撮影しますが、「傾斜日光浴」を表現するのにどんなアングルが相応しいか?いつも悩みます。↑の2枚も似たようなアングルですけど、光のちょっとした当たり具合や対象からの「引き」具合が違っているだけで、2枚は微妙に雰囲気が異なります。春らしい柔らかな表情を演出できる作画にはまだまだ程遠いような気がしております。続いて少し小さ目の個体が足元から飛び立ったと思ったら、キタキチョウでした。
f0090680_20382625.jpg
D7K-85VR、ISO=100、F4.5-1/1000、-0.7EV、撮影時刻:9時50分

 この子は本当に越冬個体なのだろうか?と思う位、新鮮な姿でした。10時前後はモンキの吸蜜タイムになって、探♀飛翔の途中、春の花に訪れていました。タンポポとカラスノエンドウでの吸蜜シーンです。
f0090680_20384329.jpg
D7K-85VR、ISO=100、F9-1/250、-0.7EV、撮影時刻:9時40分
f0090680_20385259.jpg
D7K-85VR、ISO=100、F6.3-1/800、-0.7EV、撮影時刻:10時10分

 狙っていたベロニカ吸蜜シーンはピンボケで失敗(^^; 一通り撮影したので、お次は久しぶりに飛翔にチャレンジ。シーズン最初は置きピン位置が定まらず四苦八苦。酷い絵ですが、一枚ノートリで収まったコマがありましたので、ご紹介しましょう。
f0090680_2039259.jpg
D90-20、ISO=200、F13-1/320、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:9時50分

 それにしても久しぶりに蝶を追いかけ回すと息が切れますね。ヤレヤレ忙しいシーズンに突入したわい・・・と思わず溜息をつきました(笑)。
by fanseab | 2013-03-10 20:41 | | Comments(12)
Commented by Garuda at 2013-03-10 23:38 x
多摩川でも出ましたか。
theclaさんも鶴見川で撮ってるし、いよいよシーズン到来ですが休みが無くて焦ります。
次の休みは13日。出られるのは午後。気温はそれなりに上がりそうですが天候の雲行きが怪しい…。
Commented by clossiana at 2013-03-11 08:04
一昨日はお疲れさまでした。すごく立派な発表内容でしたから参考になることが多かったですし又刺激にもなりました。昨年、チャマの蛹探しに挑戦した際は食草を中心として半径30cmを掻き分けたのですが玉砕しました。ですから1m四方の精査が如何に大変なことであるかは共感出来ました。ところでオギ1株に1幼虫だったとのことですが、これは強い幼虫が他個体を駆逐した結果ですか?又は母蝶が産卵をコントロールしたか?偶然だったのか?どんな理由だったのでしょう。。
Commented by konty33 at 2013-03-11 12:54
急に暖かくなりあちこちで一斉に飛び出しましたね。
綺麗な目をしたモンキチョウもこの時期くらいしか撮影しないですが、今は注目の的?ですね。
こちらでは気温が高いせいか傾斜日光浴するまでもなく、風の中飛び回っていました。
Commented by fanseab at 2013-03-11 22:26 x
Garudaさん、ここ数日の気温上昇は異常でしたからね。一気に羽化まで至ったようです。気温が上がらないと傾斜日光浴している時間が多くてじっくり撮影できますが、探すのが確かに大変ですね。もう一週間もしないうちにベニシジミも飛び出しそうです。
Commented by fanseab at 2013-03-11 22:29 x
clossianaさん、一昨日はお話をする時間が短く失礼いたしました。株に付く幼虫数ですが、母蝶が産卵をコントロールしている(一株に一卵)と推測しております。その検証は今年秋の観察課題でもあります。
Commented by fanseab at 2013-03-11 22:31 x
konty33さん、いよいよ雪のない場所では春全開になったようですね。そうモンキはこの時期以外注目されない可哀想な蝶です。でも綺麗で愛らしい姿に惹かれます。そろそろそちらの某ポイントではギフもお出ましかもしれませんね。
Commented by ダンダラ at 2013-03-12 12:26 x
鱗翅学会での発表お疲れ様でした。
拝見は出来ませんでしたが、お会いしたときにでもお聞かせ下さい。
モンキチョウの日光浴、撮影は難しいですね。
飛翔は個体数が少ないのでまだチャレンジしていませんが、ピント感覚も戻っていないので難しいでしょうね。
でもfanseabさんも苦労するのであれば少し安心です。
Commented by naoggio at 2013-03-12 17:33 x
多摩川でもモンキチョウ出ているんですね。
私は昨年多摩川は3月15日が初見でした。早いですね。
今年はまだ新成虫見ていません。我ながら情けないです。
Commented by fanseab at 2013-03-12 22:06 x
ダンダラさん、発表した内容はどこかでお話できると思います。モンキは貴殿の地元、小畔川で発生してから一ケ月後がこちらでの発生時期ですが、今年はその法則が見事に外れて発生しました。この時は朝方で陽射しが弱かったので長時間日光浴してくれたので、比較的構図を工夫する余裕がありました。飛翔はいつも置きピン位置よりも前の方に蝶が飛んでいってしまう感じですね。
Commented by fanseab at 2013-03-12 22:08 x
naoggioさん、モンキは通常よりはやはり早い発生です。急に春というより初夏が来た感じで蝶達も戸惑っているかもしれませんね。そのうちベニシジミも出てくるのではと思います。
Commented by 22wn3288 at 2013-03-13 08:41 x
モンキチョウの目が鋭いのにびっくりしました。
吸蜜の状態では落ち着きますね。
綺麗に撮れるのはこの時期でしょうか。
Commented by fanseab at 2013-03-13 20:40 x
22wn3288さん、モンキの偽瞳孔はモンシロのそれとは異なり、人間で言えば三白眼の傾向にあります。ですので少しドスが効いた感じがしますね。モンキが綺麗に撮れるのは後、梅雨時がいい感じだと思います。この季節はやはり春らしい花との組み合わせがベストですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード