探蝶逍遥記

年の瀬のご挨拶(12月30日)

 早いもので2012年が暮れようとしております。本年最後の更新にあたり、拙ブログの読者の皆様、本年も拙いブログにお付き合い頂き、また多くのコメントを頂きまして有難うございました。

 毎年、年初に「撮らぬ蝶の翅算用」をグダグダとコメントしておりまして、本年年初の記事を読み返すと、『アゲハ類も含め撮影難易度の高い♀産卵シーンを狙う・・・』等と戯言を申しておりました。さて、反省してみるに、産卵シーンを撮る目標を掲げたものの、色々と浮気心が出て、大した種類を撮影できておりません。そこで、罪滅ぼしに何とか撮った産卵シーンをまとめてご紹介しておきましょう。最初は最普通種のモンシロチョウ。東京都内での撮影。                                                   
   ++横位置画像はクリックで拡大されます++
f0090680_231475.jpg
D7K-85VR、ISO=100、F14-1/125、-1.0EV、撮影月日・時刻:4月8日、14時17分

 このシロチョウもそう簡単ではありません。お次は運よく新潟で巡り会えたギフチョウです。
f0090680_23142226.jpg
D7K-34、ISO=400、F10-1/400、-0.7EV、外部ストロボ、撮影月日・時刻:4月21日、12時54分

 来春は是非広角で仕留めてみたいシーンです。ゴールデンウイークに遥々岡山まで出かけたシルビアシジミ第1化産卵シーンも初めての撮影でした。
f0090680_23143470.jpg
D7K-85VR、ISO=100、F6.3-1/400、-1.0EV、撮影月日・時刻:5月5日、9時49分

 この時は撮影できなかったシルビア卵の拡大撮影も来シーズンの課題になりました。お次は黒系アゲハ撮影の合間に房総で仕留めたアカタテハです。
f0090680_23144798.jpg
D7K-34(トリミング)、ISO=400、F9-1/1000、-0.7EV、外部ストロボ、撮影月日・時刻:5月19日、10時00分

 アカタテハは自宅近くでこの秋口にも撮影チャンスがあったのに逃してガッカリでした。ギフの発生時期とかに産卵シーンに出会うチャンスが多いのですが、どうしてもこのタテハを真面目に追いまわすことが少なく、簡単そうで難易度高い種類だと思います。お次は今年初めて撮影できたサトキマダラヒカゲ。次に紹介するヒカゲチョウと共に神奈川県の自宅近くでの撮影。
f0090680_2315360.jpg
D7K-85VR、ISO=400、F10-1/125、-0.7EV、外部ストロボ+スレーブ1灯、撮影月日・時刻:9月17日、16時45分

 来シーズンは房総でヤマキマの産卵シーンを仕留めるのが課題です。ジャノメ繋がりでヒカゲチョウの産卵シーンも撮ることができました。
f0090680_23151694.jpg
D7K-85VR、ISO=400、F11-1/160、-0.7EV、外部ストロボ+スレーブ1灯、撮影月日・時刻:9月26日、15時46分

 となると、次なる課題は身近なクロヒカゲ。あわよくばクロヒカゲモドキまで撮れれば御の字ですね。身近なツバメシジミも何とか狙ってみました。
f0090680_23153595.jpg
D7K-85VR(トリミング)、ISO=400、F10-1/160、-1.0EV、撮影月日・時刻:10月15日、14時47分

 こうして振り返ってみると今シーズン、セセリチョウ科は全く撮影できていないことに気が付きました。当面愛着のあるギンイチモンジセセリ、ミヤマチャバネセセリを狙うことになるのでしょう。画像がないのも寂しいので4年前に撮影したダイミョウセセリの産卵シーンをアップしておきましょう。撮影地は横浜市内です。
f0090680_23154542.jpg
D70(トリミング)、ISO=400、F9-1/640、-0.7EV、撮影年月日・時刻:2008年6月1日、10時34分

 浮気心を押さえるのは難しいですが、来年も産卵シーンは意識して取り組みたいと思っております。それでは皆様良いお年をお迎えください。
by fanseab | 2012-12-30 23:18 | | Comments(14)
Commented by ごま at 2012-12-31 07:45 x
おはようございます。
サトキマダラヒカゲの産卵の写真は、卵もはっきり写っていて素晴らしいですね。こんな写真を撮りたいものです。
今年は沢山のいい刺激を戴き感謝しております。
良いお年をお迎えください。
来年も宜しくお願い致します。
Commented by 22wn3288 at 2012-12-31 10:23 x
産卵写真の数々お見事です。
私はなかなか狙って撮れることが少なくて、偶然撮れたことが殆どですが、良い機会に出会いたいと思います。
来年も宜しくお願いいたします。
Commented by konty33 at 2012-12-31 17:34
産卵写真は狙っていても難しいと思います。
ヒカゲ類の産卵シーンなどは数えるほどしか見たこともなく・・・
来年も欲張らずに自然体で楽しみたいと思います。
良い年をお迎え下さい。
Commented by himeoo27 at 2012-12-31 19:47
年初に目標を宣言して、それに向かってチャレンジ
することが、素晴らしいですね!
今年1年fanseabワールド堪能いたしました。
来年もよろしくお願いします。
Commented by fanseab at 2012-12-31 20:41 x
ごまさん、サトキマは狙って撮れた画像なので、記憶に残る
絵になりましたね。こちらこそ、来年もよろしくお願いします。
どこかフィールドでご一緒できるといいですね。
Commented by fanseab at 2012-12-31 20:43 x
22wn3288さん、産卵シーンはそもそも産卵時間帯がよく理解できていないと撮影できません。概ね正午よりは後の時間帯が多いので、そこまで粘れないので撮影できないことが多いですね。先ずは母蝶の行動パターンを良く観察することから始まります。その点が撮影難易度を上げていて、チャレンジのし甲斐があると思っております。来年もよろしくお願いします
Commented by fanseab at 2012-12-31 20:47 x
kontyさん、科によって産卵行動様式が異なるので、行動パターンを良く知ることが大切ですね。ヒカゲチョウとサトキマを比較するとサトキマの方がよほど産卵行動を予測することが簡単であることがわかりました。どちらも普通種ですけど、産卵シーン撮影の難易度は別物で、ヒカゲチョウは珍品並みに難しかったと記憶しております。来年もよろしくお願いします。
Commented by fanseab at 2012-12-31 20:48 x
himeooさん、年初に敢えて難解な目標を掲げて散漫な撮影にならないように心がけるようにしております。そうは言ってもハイシーズンには色々と浮気して目標を達成するのは難しいです。来年もよろしくお願いします。
Commented by Sippo5655 at 2012-12-31 21:29
今年も残すところわずかとなりました。
こちらに伺うたびに、勉強すること多々、、
自分の無知に恥ずかしい思いでいっぱいになり、、
なんとか少しでも、覚えて
自分なりに消化できたらいいな、って思っています♪
また来年度もどうぞよろしくお願いいたします。
良いお年をお迎えください。
Commented by fanseab at 2012-12-31 21:56 x
Sippo5655さん、今年も沢山のコメントを有難うございました。
こちらこそ、貴ブログで表現の豊かさに感心しております。
もちろん真似はできませんが、エッセンスは勉強させて頂いて
おります。
来年もよろしくお願いします。
Commented by naoggio at 2012-12-31 22:07 x
産卵シーン、こうして並べてみると蝶達の必死な思いが伝わってきますね。
秋口のサトキやヒカゲチョウは卵の表面の意外なテクスチャーと共に記憶に強く残っています。
今年もおかげさまで色々な未知の世界を覗かせて頂きました。ありがとうございました。
よいお年をお迎え下さい。
Commented by lycaenidae at 2012-12-31 22:54
テーマを決めて見事な写真を撮影されるfanseabさんには脱帽です。
いつも素晴らしい写真と合わせて掲示されている撮影データも勉強させていただいています。
ありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。
Commented by fanseab at 2012-12-31 23:40 x
naoggioさん、今年も沢山のコメントをお寄せ頂き感謝しております。
そうなんですね。一見ツルツルに見えた卵も拡大すると、とんでもない構造を持っていることは小生にとっても驚きでした。
そちらころ良いお年をお迎えください。
Commented by fanseab at 2012-12-31 23:42 x
Lycaenidaeさん、コメント有難うございます。
いつもつい適当に撮ってしまうので、一応テーマを決めることに
しています。なかなか実行できないですが、テーマを決めると蝶の生態観察の質が上がるような気がします。相手に合わせて撮影方法なりアクセス方法を決める楽しみもあります。
来年も素敵な画像を期待しております。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード