探蝶逍遥記

ウラナミシジミ(10月上旬~中旬)

 多摩川の河川敷はあたり一面、クズの葉で覆われています。9月中旬からいつもの通り、ウラナミシジミの姿が多くなりました。常日頃、綺麗な個体の開翅を撮ろうと思っているのですけど、♂も直ぐにスレるので、なかなか撮影チャンスがありません。個体数はとても多いので交尾ペアは見つかりやすいほうだと思います。                                         ++横位置画像はクリックで拡大されます++
f0090680_2135358.jpg
GXR@5.1mm、ISO=100、F6.5-1/750、-0.7EV、内蔵ストロボ、撮影時刻:11時21分

 ♀(左の個体)の縁毛に何とか逆光ブルー幻光が写ってくれました。クズの葉を縫うように探♀飛翔する♂を狙って飛翔を撮影。ウラナミは結構不規則な飛び方をするので歩留りは相当悪いです。600コマほど撮って、ご紹介できそうなのは次の3枚だけでした。
f0090680_2141194.jpg
D90-20(トリミング)、ISO=200、F13-1/320、-0.7EV、外部ストロボ。撮影時刻:9時42分
f0090680_2142424.jpg
D90-20(トリミング)、ISO=200、F13-1/320、-0.7EV、外部ストロボ。撮影時刻:9時51分
f0090680_2143398.jpg
D90-20(トリミング)、ISO=200、F13-1/320、-0.7EV、外部ストロボ。撮影時刻:9時51分

 10月も中旬になると♂のスレが目立ちます。尾状突起が欠落しているのは当たり前の世界になるので、たまに飛翔でヒット画像が出ても、見栄えが悪いですね。9月中旬頃はクズの紫色の花が咲き誇っていますが、流石に10月に入ると殆ど「豆」になってしまって殺風景な景色に変わってしまいます。クズの花にはウラギンやウラナミが卵を産み付けますが、不思議なことに豆には全く産卵しておりません。ウラナミの卵です。
f0090680_2144840.jpg
D7K-1855改@55mm(トリミング)、ISO=100、F29-1/320、-1.0EV、外部ストロボ+スレーブ1灯。撮影時刻:12時43分

 下方は二段重ねで産み付けられています。残り少なくなったクズの花弁に彼らが集中して産卵する様子が見てとれます。ウラナミの卵もヤマトシジミ同様、結構直径が小さいので、Stacked Lens法で強拡大撮影もトライしました。
f0090680_15173190.jpg
D7K-85VR+24R(トリミング+3コマ深度合成)、ISO=100、F29-1/320、-1.0EV、外部ストロボ+スレーブ1灯。撮影時刻:16時50分

 直径は0.68mm。珍しく深度合成がバシッと決まって、微構造を正確に表現できました。ヤマト卵表面微構造をマスクメロンに例えましたが、このウラナミは精巧なビーズ細工を彷彿とさせますね。ゼフの越冬卵が概ね白色で、何か無機的な構造美を示すのに対し、淡いグリーンを呈すウラナミのそれは手作りの温もりを感じさせてくれます。
by fanseab | 2012-10-13 21:07 | | Comments(8)
Commented by himeoo27 at 2012-10-14 11:55
ウラナミシジミの卵は、クロツバメシジミのそれと近似
して薄い黄緑色なのですね!一番下のシンメトリック
な微細構造素晴らしいです。
Commented by OTTO at 2012-10-14 13:35 x
うひゃぁ~。
ウラナミシジミの飛翔写真、どんぴしゃですね!
こういう決まった画像をとるには、600枚も撮るんですか。ううむ・・・
交尾の画像も、見事にフォーカスがきまっていますねぇ。

わしゃ、まだまだ修行が足りません。 汗;

卵画像も相変わらず凄いですね。
深度合成とはなんのことですか?(おばかで済みません)
Commented by Garuda at 2012-10-14 13:52 x
ウラナミシジミは本当にスレが早いですね。
9月中~下旬でもなかなか綺麗なのには出逢えませんでした。
ただ、一度16:30頃の土手直下の小道両脇(本当に足下)に十数頭の集団が休息態勢に入っているのに出くわした時は、選り取り見取りでした。
どれもこれも同じ体勢なのが面白くないところですけど。
Commented by fanseab at 2012-10-14 21:59 x
himeooさん、小生、クロツの卵は未撮影ですが、ブルー系シジミは概ね類似した構造だと思いますし、色合いもさほど変わりはないと思います。表面構造はゼフとはまた一味違っていて、撮影後の仕上がりが楽しいですよ。
Commented by fanseab at 2012-10-14 22:03 x
OTTOさん、飛翔画像は宝くじを当てるようなもんですが、たまにドンピシャの当たりが出るので止められません。
深度合成については、拙ブログの下記記事を参照下さい。
http://fanseab.exblog.jp/17077144/
Commented by fanseab at 2012-10-14 22:06 x
Garudaさん、夕方に集団でねぐらに入るシーンは是非共撮りたい対象ですね。恐らくその翌朝、活動に入る直前に狙えば、「選り取り見取り」常態で開翅を撮影できるチャンスがあるのではないでしょうか? それでも10月に入ると、やはり鮮度は期待できないかもしれませんね。
Commented by Sippo5655 at 2012-10-14 22:39
ウラナミシジミ、増えてきましたね。
なんか、安心します。
卵・・・本当、ビーズみたい!!
それに、メロン色の和菓子のようにも見えちゃいました(*´∀`*)
ウラナミシジミってほんと不規則な飛び方しますよね。
飛翔、凄いです(≧∇≦)
Commented by fanseab at 2012-10-16 00:13 x
Sippo5655さん、ウラナミは年によって、個体数が変動しますね。今年は数が多いと思います。
卵は本当にビーズ細工みたいでしょ!
ウラナミ以外の卵と比較してみたいと思います。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード