探蝶逍遥記

ヒカゲチョウの産卵(9月下旬)

 2週間ほど前、サトキマ♀の産卵シーン撮影に注力していた頃、ヒカゲチョウ♂が最盛期のようでした。テリ張り活動の一環として、「外敵」である管理人を追跡して追い払う行動を取っていたのは流石です。一方、♀は秋分の日あたりから発生を始めた様子。♂と異なり、♀はメダケ群落のやや奥まった場所でひっそりと佇んでいることが多いようです。                                                                                                   ++横位置画像はクリックで拡大されます++
f0090680_2217157.jpg
D7K-85VR、ISO=400、F11-1/100、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:13時45分

 サトキマ同様、♀の産卵シーン撮影は未体験だったので、暫く♀を追跡してみました。15時過ぎにメダケを縫うように飛ぶ♀がおりましたので、この個体に注目。何とか現場を押さえることができました。
f0090680_22173459.jpg
D7K-85VR、ISO=400、F11-1/160、-0.7EV、外部ストロボ+スレーブ1灯、撮影時刻:15時46分

 産卵姿勢に入ってから、産み終わるまで僅か2秒ほど。フレーミングとフォーカシングをほぼ同時にこなせばならず、相当厳しい状況です。この後も産卵シーンを観察しましたが、暗くてAFが迷っているうちに母蝶が葉から離れてしまうことが多くて、結局この1コマのみの成果でした。卵塊を産み付ける過程で数分以上におよぶサトキマと異なり、殆ど「瞬間芸」の産卵なので、カメラマン泣かせとも言えましょう。しかし、何とか腹端と卵も同時に写し込みたいものだと思い、日を改めてチャレンジいたしました。この日は13時過ぎから現場に張り込んで♀の出現を待ちます。そうして、14時過ぎ、明らかな産卵挙動の♀を発見、一コマゲット。
f0090680_22182614.jpg
D7K-85VR(トリミング)、ISO=400、F11-1/100、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:14時11分

 葉被り必死の状況ですが、何とか目的の「腹端と卵の同時写し込み」に成功いたしました。メダケの葉裏のど真ん中ではなく、葉の縁に近い部分に産む性質があるようなので、卵が隠れずに撮影できました。それにしても本種の産卵撮影はチョー難しい! 今回の乏しい経験からは、午後2時から3時頃が産卵のピーク時間帯で、16時を過ぎると活動を休止するような感じがします。さて、産まれた卵の場所は途中で失念しましたが、何とか再発見。拡大撮影をいたしました。
f0090680_22185422.jpg
D7K-1855改@55mm(トリミング+画像処理)、ISO=400、F29-1/160、-0.7EV、外部ストロボ+スレーブ1灯、撮影時刻:16時35分

 一見、ツルツルの真珠状卵ですが、驚いたことにサトキマ同様、ヒカゲチョウの卵にも細かな網目構造が観察されます。しかし、網目の細かさはサトキマ以上に緻密ですね。
この時期、既に幼虫探索は無理だろうと思いながら、メダケの葉につけられた食痕を探索していきました。比較的新しい食痕のある葉を捲ってみると、何と蛹殻を発見。
f0090680_22191276.jpg
D7K-85VR、ISO=400、F11-1/60、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:13時03分

 地上高は20cmほど。葉の中脈に懸垂するタイプのようです。食痕と蛹殻のツーショットも撮りました。
f0090680_22192190.jpg
D7K-85VR、ISO=400、F11-1/60、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:13時03分

 蛹殻発見はこれが二度目。しかし、野外での(中身の入った)蛹発見は容易ではないでしょうね。越冬幼虫を追跡調査するとか、相当努力しないと見つけられないでしょう。  
 9月に入ってから、近所に棲むジャノメチョウ普通種の中で、何とか2種(サトキマ・ナミヒカゲ)の産卵シーンをゲットできました。実はヒメジャノメ♀の産卵シーン撮影にも成功しましたが、これは後日改めてご紹介したいと思います。
by fanseab | 2012-09-30 22:21 | | Comments(10)
Commented by OTTO at 2012-09-30 23:21 x
ヒカゲチョウの産卵シーンのジャストショット、お見事。
自然状態の蛹殻の発見といい、fanseabさんの根気強い観察とチャンス待ちの成果ですね。
卵の精細画像も鮮明かつ美しくて素敵です。
Commented by naoggio at 2012-10-01 14:08 x
おおーっ !
今度はヒカゲチョウ。すごいなあ。
そしてヒカゲチョウの卵にも、やっぱり網目があったんですね。
ここまで細かいと網目模様というより梨地仕上げみたいな雰囲気ですが、とにかく驚きです。
Commented by konty33 at 2012-10-01 20:36
薄暗い場所での産卵シーンを見事に撮影されて流石です。
以前、何回かはヒカゲチョウの産卵を見たことはありますが、撮影は難しいと感じました。
ヒカゲの仲間の卵に模様があることは今年になるまで知りませんでしたが、見事に撮影されておりこちらも流石ですね。
Commented by Sippo5655 at 2012-10-01 21:09
これがヒカゲチョウの卵ですか!
なんと美しい・・・
繊細 日本固有種・・・
ますます好きになりました。
それにしても、この環境で
どれほどの執念で追ったのでしょうか。
蚊も、いたのではないでしょうか。
尊敬しちゃいます(≧∇≦)

蛹殻も、すごいですね!
神様からのご褒美ではないでしょうか。

↓サンドイッチ ごちそうになりたいな(*´∀`*)
Commented by dragonbutter at 2012-10-01 23:35
ヒカゲチョウの産卵、お見事です。
私も去年石神井公園で産卵するメスに遭遇しましたが、あっという間の産卵ですよね。
何回か繰り返し産卵したのですが完全にお手上げでした。
Commented by fanseab at 2012-10-02 22:05 x
OTTOさん、何とか粘って、産卵シーンを撮影できました。
あまり根気は続かなかったのですが、ヒカゲ♀の挙動を真面目に観察して何とか現場にこぎつけた感じです。
卵は拡大すると、意外な表情を見せるので楽しみです。
Commented by fanseab at 2012-10-02 22:08 x
naoggioさん、もののついでじゃないですが、サトキマの次はヒカゲを狙ってみました。サトキマとは産卵時間帯や産卵挙動が微妙に異なるのが興味深い点です。
<梨地仕上げみたいな雰囲気・・・
おぉ!、貴殿の職業柄、専門用語が飛び出しましたかぁ!確かにサンドブラスト仕上げのような風合いが残っております。
Commented by fanseab at 2012-10-02 22:11 x
konty33さん、薄暗い環境は想定済みでしたが、葉被りになるややこしい場所に潜り込んでいくので苦労します。ある時間帯、集中的に産むタイミングがあって、この時間帯を逃すと、暫く雲隠れ状態になるのが撮影難易度を上げています。
ヒカゲの卵表面微構造観察はこれからも追及していきたいと思います。
Commented by fanseab at 2012-10-02 22:14 x
Sippo5655さん、ヒカゲチョウウの卵綺麗でしょ!
<それにしても、この環境で
<どれほどの執念で追ったのでしょうか。
<蚊も、いたのではないでしょうか。
ご想像の通り、藪蚊対策は十分にしたつもりですが、額と首筋
はボコボコに刺されまくりました(^^;
ちょうど、藪蚊が活発になる時間帯とヒカゲの産卵活動ピークが重なるのが辛いところです。
Commented by fanseab at 2012-10-02 22:16 x
dragonbutterさん、コメント有難うございます。
仰る通り、あっという間の産卵です。セセリも瞬間芸的産卵挙動
ですが、オープンな環境でないので、難易度が違います。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード