探蝶逍遥記

サトキマダラヒカゲの産卵(9月10日)

 前日の夕刻、サトキマ♀が産卵している様子を観察しました。一応撮影したのですが、300mmでのショットで不満足の残るものでした。そこでリベンジを兼ねて翌日も15時以降の時間帯に多摩川縁に出向き、様子を伺いました。最初に前日母蝶が産卵した現場を探索しましたが、正確なポイントを失念しており、苦労した挙句、ようやく発見。産卵場所はアズマネザサと思しき葉裏(矢印)。                                              ++横位置画像はクリックで拡大されます++
f0090680_2334344.jpg
GXR@5.1mm、ISO=100、F4.6-1/15、-0.7EV、内蔵ストロボ、撮影時刻:16時03分

 葉先の方角は東南。地上高11cm。裏返すとこんな感じ。
f0090680_2335668.jpg
GXR@5.1mm、ISO=100、F4.1-1/15、-0.7EV、内蔵ストロボ、撮影時刻:16時04分

 合計9卵の卵塊です。これを第1卵塊と呼称することにします(以下同様)。卵塊を観察するのは20年振りでしょうか? 16時過ぎ頃から、♂♀問わず、サトキマの活動が活発化してきました。そして待望の産卵シーンを撮影することができました。
f0090680_2354391.jpg
D7K-85VR、ISO=320、F9-1/125、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:16時29分

 丁度、傾いた夕陽の木漏れ日が、卵塊をスポットライトのように照らし、雰囲気ある仕上がりになりました。ご覧のように、相当入り組んだ下草内に潜り込むように産卵するので、葉被り必須の状況です。卵塊で産むギフチョウ同様、1卵産むと暫く溜息をつくように休止し、もう一度力を振り絞るように腹端を付けてもう1卵産み付けていきます。産卵現場の全体像です(矢印が産卵場所)。
f0090680_2361135.jpg
GXR@5.1mm、ISO=100、F4.1-1/15、-0.7EV、内蔵ストロボ、撮影時刻:16時04分

 ↑の産卵シーンで分かる通り、現場は完全な木蔭ではなく、木漏れ日が差しこむような環境です。産卵された葉先の方角は東。地上高は40cm。葉裏の第2卵塊です(囲み画像は水平に眺めたショット)。
f0090680_2364395.jpg
GXR@5.1mm、ISO=160、F4.6-1/25、-0.7EV、内蔵ストロボ、撮影時刻:16時39分

 合計18卵。一層目に15卵、その上に3卵重ねて産み付けられております。中秋の名月もそろそろ。まるで「お供え団子」の雰囲気ですね。それも蓬入りの草団子かな?

 この個体は連続的に産卵を実施していたようで、もう一回、撮影のチャンスがやってきました。
f0090680_2381337.jpg
D7K-85VR、ISO=400、F11-1/125、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:16時43分

 今度は上手い具合に背景が綺麗に抜けてくれました。それにしても、腹端、卵を同時に表現し、翅面にもピントを合わせるには苦労しました。暫く無理な撮影体勢を取っていたせいか、翌日軽い腰痛を発生させてしまいました。母蝶は一度産卵をスタートさせると割と鈍感になるので、何とかコンデジを接近させて縦広角撮影もできました。
f0090680_2383114.jpg
GXR@5.1mm、ISO=100、F6.5-1/80、-0.7EV、内蔵ストロボ、撮影時刻:16時53分

 デジ一、コンデジ共にもう少しストロボを強めに焚いて、卵塊を明るく表現すべきでした。産卵現場の全体像をもう一度確認しておきましょう。
f0090680_2384476.jpg
GXR@5.1mm、ISO=100、F6.5-1/25、-0.7EV、内蔵ストロボ、撮影時刻:16時55分

 矢印が第3卵塊の位置。葉先の方角は南。地上高は62cm。卵塊の状況です。
f0090680_2385699.jpg
GXR@5.1mm、ISO=100、F3.2-1/60、-0.7EV、内蔵ストロボ、撮影時刻:16時56分

 こちらは15卵でした。ここには掲載しませんが、他に別個体の産卵も確認しました。こちら第4卵塊は3個。撮影のストレスの影響か?途中で慌てて飛び立った印象でした。こちらは葉先の方角は東。地上高15cm。またデジカメのExifデータから各産卵時の所要時間を見積もってみました(第1卵塊は計測できず)。

第2卵塊(18個): 8分27秒  1卵あたり28秒
第3卵塊(15個): 4分53秒   同上19秒
第4卵塊(3個):    33秒   同上11秒

 かなりバラツキがあるようです。直感的な産卵ピッチ(1卵を産む所要時間)はギフより長い感じですね。産まれた各卵塊に関しては今後継続観察し、幼虫の成長、越冬態勢への移行(蛹化)までフォローできればと思っております。
by fanseab | 2012-09-14 23:11 | | Comments(16)
Commented by ごま at 2012-09-14 23:48 x
こんばんは。
素晴らしい観察と写真ですね。
私も是非自力で見つけて観察したいものです。
いい刺激をいただきました。
有難うございました。
Commented by cactuss at 2012-09-15 06:53
サトキマの産卵シーンの撮影、すばらしいですね。
産卵時間、産卵場所の情報をありがとうございました。
一度、撮影したいと思っていたので、チャレンジしてみます。
Commented by MatsuHimeji at 2012-09-15 10:20
丁寧な観察記録と素晴らしい画像を拝見してとても勉強になりました。
夕方4時以降ともなれば自然光での撮影にいろいろと難儀しますし、昆虫の営みも目ぼしいものはないなどと決めつけて早々に撤収してましたが、これはちょっと粘って見たくなりました。
普通にそこらに居るからとスルーしてしまいがちなチョウですが
こんなに魅力的に見えたことはありません。
どうもありがとうございます!
Commented by OTTO at 2012-09-15 11:06 x
サトキマの産卵シーン、夕刻の光の中で母蝶の営みのさまがよく写し取られている画像に感動いたしました。
私も、今年は近くでヤマキマの産卵シーンに遭遇し、撮影をしたのですが、ただシャッターを押して、写したぞ!とまんぞくしてしまっただけで、こんなに丁寧な観察などしても見ませんでした。
たとえ普通種と言えども、それぞれの種特有の行動や習性があるわけで、それに繊細かつ微細なところまで目を注いでおられるfanseabさんの姿勢には感心いたしました。
わたしも見習わねば・・汗;
Commented by Sippo5655 at 2012-09-15 22:16
うわ~、サトキマの産卵シーンも、卵も
初めて見ました!
本当にお月見だんごみたいですね^^
3段重ねとは、、すごい。
なぜだろう?
頭痛、、大丈夫ですか・・・?
この暑さの中の集中力、脱帽です。
私は今日、イチモンジセセリの産卵シーンに出会い
卵も撮ってみました(*^-^*)
つるんとして可愛かった。
Commented by fanseab at 2012-09-15 22:42 x
ごまさん、コメント有難うございます。
本種の産卵シーンは初体験だけに昂奮いたしました。藪の中での産卵だけに複数回のシーンに立ち会えて、いいアングルを確保できたのはラッキーでした。
Commented by fanseab at 2012-09-15 22:44 x
cactussさんなら、既に産卵シーンは撮影済かと思いました。産卵は概ね夕刻だろうと踏んでウロチョロ歩いているうちに上手い具合に出会うことができました。
チャレンジと成果を期待しております!
Commented by fanseab at 2012-09-15 22:48 x
MatsuHimejiさん、この蝶をスル―するのもよく理解できます。なにせ夏場の第2化は藪蚊発生の真っ最中ですからね。この日も虫よけスプレーを腕に散布する等、完全武装で臨みましたが、首筋を見事に刺されました。まぁ、希望通りの絵が得られたので、蚊に刺された跡は、「名誉の負傷」だなんて笑っているんですが。。。
Commented by fanseab at 2012-09-15 22:50 x
OTTOさん、過分なコメント恐れ入ります。
ヤマキマは未だ産卵シーン未撮影なので、チャレンジしたいですね。♀が産卵行動を開始するトリガーがいつの時間帯なのか?何となくわかったのも収穫でした。
Commented by fanseab at 2012-09-15 22:58 x
Sippo5655さん、ジャノメチョウの卵って、母蝶の地味な姿とは対照的に優美で透明感のあるのが多いですね。これ、本当に団子に見えるでしょ!お蔭様で腰痛は直ぐに回復しました。ご心配有難うございました。
Commented by banyan10 at 2012-09-16 13:06
サトキマの産卵、写真はもちろん素晴らしいですが、狙って撮影に出掛けるのもすごいですね。
僕も一度撮影していますが、卵や腹端を狙えるような角度ではなかったので、このような写真は本当に難しいと思いまが、機会があれば挑戦したいです。
Commented by himeoo27 at 2012-09-16 19:55
ピラミッドのように2段重ねで産みつけられた18卵塊
面白いですね!
重ねての蝶の産卵はクジャクチョウ、ミヤマシロチョウ
くらいしか観察したことがありません。
Commented by fanseab at 2012-09-16 21:20 x
BANYANさん、前日に産卵シーンを観察していたので、翌日も狙ってみました。上手い具合にメスの産卵ピークにもぶつかったのだと思います。高さ50cm以上の葉でないと、卵と腹端の同時表現は難しいですね。
Commented by fanseab at 2012-09-16 21:25 x
himeooさん、だいたい15卵までは1層の卵塊で、これ以上は2層構造になるみたいですね。
Commented at 2012-09-17 18:47 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by fanseab at 2012-09-17 22:41
鍵コメさん、こんばんは。、
すみません。そうでしたか。こちらからも
ご挨拶せずにすみません。読み方は正直本人
もわからないのですよ(爆)次回はお話でも
できればと思います。よろしく!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード