探蝶逍遥記

信州遠征で撮影した蝶(7月16日)

 メスアカ・エゾを撮影した日、探索過程で出会った蝶達をご紹介しておきましょう。最初はミスジチョウ♀。                                        ++横位置画像はクリックで拡大されます++
f0090680_2223548.jpg
D7K-34(トリミング)、ISO=400、F4-1/400、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:9時59分

 どうやら鳥の糞から吸汁中の様子。ミスジチョウは管理人のお気に入りのタテハですけど、まともな画像がありません。いつもロングショットだったり鮮度に問題があったりで、納得行く絵が撮れないのですね。お次は♂。時期的に♂はスレ品が殆どだったので、汚損が目立たない角度からパチリ。
f0090680_22231991.jpg
D7K-34、ISO=400、F4-1/400、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:12時04分

 一番鮮度の良さそうな個体を追っている最中、遊び心でトライしたら乗ってきてくれました!管理人初体験のミスジチョウの手乗りでございます。
f0090680_22232931.jpg
D7K-20、ISO=200、F13-1/400、-0.7EV、撮影時刻:12時54分

 撮影した林道は殊の外ミスジチョウが多産しておりました。恐らく一週間程早ければ鮮度の良い♂が撮影できたことでしょう。来シーズン以降、再度訪問したいポイントでした。ミスジ以上に多産していたのが、コムラサキ。まぁ、信州の渓流沿いではモンシロ以上の普通種ですね。最初はほぼ正面からの紫色幻光。
f0090680_22234433.jpg
D7K-34、ISO=400、F14-1/400、-0.7EV、撮影時刻:10時05分

 お次は斜め横からのテリ張りシーン。
f0090680_22235388.jpg
D7K-34、ISO=200、F4-1/1000、-0.7EV、撮影時刻:10時07分

 たまには紫色に光らない♂のシーンもいいかな(本音は負け惜しみ?)。この日出会ったタテハ類で一番嬉しかったのがクモガタヒョウモンの♂。
f0090680_2224885.jpg
D7K-34、ISO=200、F8-1/400、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:12時18分

 恥ずかしながら、管理人はデジタルではクモガタ♂は初撮影。しかも接近戦で捉えることができて大満足でした。関東の低山地では5月に出現し、夏眠するパターンですが、長野県の比較的高標高地では出現そのものが6月以降にずれ込み、その分夏眠の期間も短いのでしょう。場合によっては夏眠なしの可能性もあるかもしれません。新鮮なクモガタ♂を撮影しながら、夏眠の可能性について思いを巡らしておりました。信州を代表とするギンボシヒョウモンも少ないながら飛んでおりました。
f0090680_22242152.jpg
D7K-34、ISO=400、F13-1/400、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:12時25分

 撮影した場所は渓流沿いの空き地で、ギンボシを通常観察するような草原ではなかったのが印象的でした。さて、コムラサキ以上に多産していたのが、コチャバネセセリ。このセセリは神奈川県あたりだと、個体数が少なめのセセリとの印象ですが、信州や北海道に行くと、本当に蠅のように沢山飛んでいますね。この日も、あちらこちらでこんな吸水シーンを見かけました。
f0090680_22244038.jpg
D7K-34、ISO=200、F4-1/320、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:12時21分

 画面内に50頭近くいると思います。接近するとゴミにたかっていた蠅が飛び去るように散っていきます。そんな瞬間を何とか飛翔で切り取ってみました。
f0090680_22245267.jpg
D7K-20(トリミング)、ISO=200、F13-1/400、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:12時56分

 6個体ほど飛んでいるのがわかります。因みにコチャバネの飛翔撮影はこれが初体験。単独個体での撮影はなかなか難しそうなので、集団吸水しかチャンスがないだろうとの読みでトライいたしました。
by fanseab | 2012-07-26 22:27 | | Comments(6)
Commented by kmkurobe at 2012-07-27 15:49
長野県でも、クモガタはやはりこの時期でもめずらしいと思います。
ヒメシジミと同じ頃に発生して次に会えるのは9月に入ってからです。個体数は結構多いのですが、どこに隠れているのでしょうね。
私は一度もみたことがありません。
Commented by fanseab at 2012-07-27 21:54 x
kmkurobeさん、クモガタに関するコメント有難うございます。この時期、やはり珍しいのですね。この日は朝方、小雨交じりでやや肌寒く、陽が差してから急に暑くなった天候で、夏眠中の個体が吸水するトリガーがかかったのかもしれませんね。
とにかく鮮度が良いので嬉しかったです。
Commented by ダンダラ at 2012-07-28 09:45 x
ミスジチョウは私もあまり良い写真を持っていません。
これ狙いで出かけることって無いせいだとは思いますが、難しいチョウですね。
クモガタヒョウモンは私も8月に入ってから標高900m前後で撮影したことがありますが、この個体はこれから夏眠に入るのかそのまま活動するのか興味あります。
コチャバネセセリの集団はすごいですね。
Commented by fanseab at 2012-07-28 21:50 x
ダンダラさんでもミスジチョウは同じ状況ですか?やはりご指摘の通りで、いつも何かの副産物として撮影してしまうので、中途半端になるんでしょうね。クモガタはあまり観察したことがないので、夏眠中と思われる時期に出会ったのでビックリしました。
コチャバネ集団は上高地よりも凄かったです。
Commented by Sippo5655 at 2012-07-30 22:08
珍しい光景を見せていただきました~。
ミスジチョウはきちんと撮影したことがありません。
手乗り♪ 良かったですね(^-^*)
コチャバネ軍団、凄いですね!
三角定規みたいで、なんか可愛いです^^
Commented by fanseab at 2012-08-01 00:23 x
Sippo5655さん、手乗りは意識して撮影しない方ですけど、この時は、ミスジの方から自然に手に乗ってきました。殺気を感じなかったのでしょう。 コチャバネは久しぶりに大集団を見ました。恐らく当たり年とそうでない年があるのだと思います。三角定規みたいですか?ウーン、なかなか小生にはできない発想です。言われてみればなるほどですね!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード