探蝶逍遥記

ミドリヒョウモンの「緑」色表現

 先月30日は長野県山間部を探索モードで活動しておりました。ここで一番目立ったのが栗の花に訪れていたミドリヒョウモンでした。丁度♂発生のピークだったのでしょう、夥しい個体数の♂が飛び回っておりました。ミドリヒョウモンの和名由来はご存じの通り、後翅裏面の色調が緑色を呈することにあります。ところが、この緑色の表現って、結構難しいのです。この日撮影したコマの中から最適解はどれだろう?と探してみました。最初はタテハが一番輝いて見える「斜め上半開翅」のポーズ。                                           ++画像はクリックで拡大されます++
f0090680_2203867.jpg
D7K-34、ISO=400、F10-1/1000、-0.7EV、撮影時刻: 9時13分

 しかし、このアングルは後翅が日影となり、ディテールが潰れて「緑色」は全く表現不可能です。ここでストロボの助けでディテールを表現しようとすると問題が発生します。昨年長野県で撮影した作例をご紹介しましょう。
f0090680_2205386.jpg
D7K-34、ISO=400、F10-1/500、-0.7EV、外部ストロボ、撮影年月日・時刻: 2011年8月16日、9時51分

 同じアングルでないので、厳密な比較はできませんが、後翅裏面の一部にピンク色の幻光を呈しており、これまた「緑色」とは似ても似つかない色合いになってしまうのです。結局、自然光かつ、フラットな光線下で狙うしかありません。でもって、この日ベストの色表現作例がこちら。
f0090680_221884.jpg
D7K-34、ISO=400、F11-1/1000、-0.7EV、撮影時刻: 9時13分

 後翅のみならず、前翅裏面外縁部の緑色班もそれなりに表現できました。しかし、頭部が栗の花に隠されて写真としてはB級作品(^^; 結局、全体バランスの良い作例は次のショットでした。
f0090680_2212231.jpg
D7K-34、ISO=400、F9-1/1000、-0.7EV、撮影時刻: 9時13分

 後翅の1b、2、3室あたりは翅面の凹凸が激しくて影が出来ており、ベストな仕上がりではありません。やはりもう少し陽射しの弱い薄曇りで撮影することが必要なのでしょう。♂に比較して後翅の緑色部分が拡がる♀の方が、「緑色」表現が楽そうですが、出始めの♀を狙うのも結構難易度が高いものです。また当然のことながら、夏眠すると♂♀問わず、後翅裏面の色調はややくすんだものに変化しますので、夏眠明け個体では忠実な「緑色」表現は先ず不可能でしょう。中・大型ヒョウモン類の中では、やはりミドリが裏面色調を忠実に表現する点で最大の難関であることを実感しました。
by fanseab | 2012-07-03 22:04 | | Comments(6)
Commented at 2012-07-04 22:55
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by fanseab at 2012-07-04 23:06 x
鍵コメさん、本文に記載した通り、ミドリヒョウモン裏面の色再現性を狙うのではあれば、やはり薄日が差す程度の天候がベストだと思います。それもできれば午前中のまだ不活発な時期が一番じっくり撮れるでしょう。
複眼の色は種類毎に異なるのではなくて、ヒョウモン類は殆どオレンジ色のように思います。ただ偽瞳孔が種類ごとに微妙に異なって、表情が変化することはありますね。是非、追及してみてください。
Commented by ごま at 2012-07-05 12:50 x
いい色がでましたね。
このメタリックのグリーンは、なかなか難しいですから。
それにしても、作品に対する条件が厳しいですね(^_^;)
私も頑張ります。
Commented by naoggio at 2012-07-06 12:59 x
普通種、しっかり撮らないといけませんね。
この記事拝見してから自分のミドリヒョウモンの過去画像見てみましたが満足なものは1枚もありませんでした。
どんな蝶も出合ったらちゃんと撮ろうとは思っていても、普通種の場合ある程度撮影するとカメラを向けなくなってしまうという事がありがちなので注意したいと思います。
究極画像はなかなかハードルが高いですけど(笑)。
Commented by fanseab at 2012-07-06 20:01 x
ごまさん。ミドリヒョウモンの「緑」って、ベタ塗りではなく、滲んでいて、おまけに干渉色っぽい不思議な色合いですね。今回PC上でじっくり眺めて、初めて発見した気がします。普通種だけにやはり画像に求めるハードルは高くなります。
Commented by fanseab at 2012-07-06 20:07 x
naoggioさん、ヒョウモンは普通ベタに裏面を狙ったりしないので、正確な色再現性なんか注意を払わないですよね!まぁ、小生の拘りと言えばそれまでですが・・・。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード