探蝶逍遥記

台湾遠征記(16)11月22日午前中その6

 土曜日の関東地方は終日雨で完全休養日となりました。で、久しぶりに台湾の思い出シリーズをアップいたしましょう。林道脇の草地にちょっとインパクトのある眼状紋を持つジャノメが登場。                                               ++横位置画像はクリックで拡大されます++
f0090680_21155376.jpg
D7K-34、ISO=400、F13-1/250、-1.0EV、外部ストロボ、撮影時刻:11時20分

 管理人初体験のコヒトツジャノメ(Mycalesis sangaica mara)の♀。高温期型ですが、これだけスレているので、低温期型への移行期間なのでしょう。陽射しの強まった谷筋に登場したのはエグリシジミ(Mahathala ameria hainani)。
f0090680_2116973.jpg
D7K-34、ISO=400、F13-1/250、-1.0EV、外部ストロボ、撮影時刻:11時22分

 本種は香港で吸水に来ていた個体を撮り逃がした経験があるだけにとても嬉しい出会いでした。ムラサキシジミ属に近縁ですが、ご覧のように後翅形状に特徴があります。肛角部が「おしゃもじ」のように発達していて、スレ品なのか?完品なのか、ちょっと目には分からないですね。ただ尾状突起は切れていて、これはかなりのスレ品なのです。広角でも撮りました。
f0090680_21162036.jpg
GXR@5.1mm、ISO=100、F9.1-1/160、-1.0EV、撮影時刻:11時22分

 いつか、完品、しかも開翅で表翅の紫色を眺めたいものです。因みに台湾は本種分布の北限かつ東限に相当します。正午前になって、結構気温が上昇してきたのに伴い、地面で吸水する蝶を多く見かけました。日当たりの良い路上に先ずやってきたのは、ヤエヤマイチモンジ(Athyma selenophora laela)の♀。
f0090680_21163947.jpg
D7K-34(トリミング)、ISO=400、F13-1/250、-1.0EV、外部ストロボ、撮影時刻:11時29分

 ボロ品であったためか、ちょっと雑に撮ってしまいました(^^; 木陰側にはタイワンアサギマダラが登場。少し前に撮影した♂とは異なり、明らかに産卵行動と思われる挙動を示していた♀でした。と言っても止まる気配が無いので、300mmで飛翔撮影です。
f0090680_21165357.jpg
D7K-34(トリミング)、ISO=640、F4-1/2500、-1.0EV、外部ストロボ、撮影時刻:11時31分
f0090680_2117699.jpg
D7K-34(トリミング)、ISO=640、F4-1/2500、-1.0EV、外部ストロボ、撮影時刻:11時31分
f0090680_21171664.jpg
D7K-34(トリミング)、ISO=640、F4-1/2500、-1.0EV、外部ストロボ、撮影時刻:11時32分

 2枚目の後翅裏面、3枚目の後翅表面いずれも性標を欠く♀の特徴を何とか表現できました。ヤエヤマイチモンジの吸水ポイントには橙色班のミスジもやって来ました。
f0090680_21173061.jpg
D7K-34、ISO=640、F13-1/400、-1.0EV、外部ストロボ、撮影時刻:11時34分
f0090680_2117438.jpg
D7K-34、ISO=200、F7.1-1/1000、-1.0EV、撮影時刻:11時36分

 管理人初体験のタイワンイチモンジ(Athyma cama zeroastes)の♀。は北タイで撮影済みですが、♀は待望の初撮影になりました。ヤエイチ同様、♂♀の斑紋パターンが全く異なりますが、特に本種ではミスジ紋が橙色に変化するので、他種との識別が楽です。ヤエイチ・本種も含め、ミスジチョウの仲間は♀でも吸水にやってくることが多いですね。Papilioでは先ず考えられない行動パターンです。ここには後翅を大破したウスキシロチョウ(Catopsilia pomona )銀紋型♀も登場。
f0090680_21175786.jpg
D7K-34(トリミング)、ISO=200、F13-1/640、-1.0EV、撮影時刻:11時37分

 ウスキシロの吸水場面は久しぶり。香港で撮影して以来となりました。
by fanseab | 2012-06-16 21:20 | | Comments(4)
Commented by Sippo5655 at 2012-06-16 22:38
エグリシジミ・・・こんな翅の形状を持つシジミチョウもいるのですか。
エグリ、と聞いて以前撮影したアカエグリバを思い出しました。
どうして、こんな形状になるのだろう?
黄色いミスジチョウ、綺麗・・・!
先日、キンモンガを見たばかりなのでまたまた印象が^^;
メスも吸水に来るのですね。
覚えておきまーす!
Commented by fanseab at 2012-06-17 21:36 x
Sippo5655さん、異形の翅を持つのは蛾に多く、蝶ではそれほど多くないですね。
枯葉への擬態かもしれませんが、色が黒いのであまり似ているとも・・・?
ミスジの紋が黄色や橙色になるのは結構多いですよ。日本国内でも見られる種としては、キミスジが代表格でしょうか。
Commented by naoggio at 2012-06-17 22:11 x
エグリシジミという蝶は知りませんでしたがユニークな翅形ですね。
和名を考えた方に座布団1枚です。
表はムラサキシジミのような色なんですね。
タイワンイチモンジのメス、撮影おめでとうございます。
メチャクチャきれいですね。殊に裏は魅力的です。
Commented by fanseab at 2012-06-18 21:07 x
naoggioさん、和名はその対象に相応しい名づけ方だと、直ぐに特徴を覚えて同定も楽ですね。
本当にこのシジミの特徴を良く表現していると思います。表はムラシよりもムラツのように部分的に紫色が拡がるタイプです。
仰るように、Athyma属は裏面に魅力が隠されております。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード