探蝶逍遥記

祝:「フィールドガイド日本のチョウ」刊行(4月24日)

 拙ブログでも何回かご紹介してきた首題図鑑がいよいよ完成し、24日から販売されております。                                             ++横位置画像はクリックで拡大されます++
f0090680_20381047.jpg


 この図鑑では管理人を含めアマチュアカメラマン約90名の方が合計1000枚超の画像を提供し、日本チョウ類保全協会の全精力を傾注して出来上がった力作でございます。
さて、世間には「フィールドガイド」と称するハンドブックがゴマンとありますが、初心者から上級者まで含めて使い勝手の良い本はなかなかないものです。管理人の贔屓目コメントではなく、このガイドブックはユーザー(採集者ではなく、撮影・観察者)の使い勝手を第一に考えて作られた点に注目したいと思います。

 少し、具体的に述べましょう。標本をモデルに記載する従来型図鑑にはフィールドでの種同定に関して限界がありました。現在手軽に入手可能な蝶類図鑑として、GK社刊行の「日本産蝶類標準図鑑」を挙げることができます。例としてヒメジャノメの解説ページ(p.258)を見てみましょう。ここで♂♀性差区別点として、下記のような記述があります。

「♂は後翅表面前縁に近く第7室基部に毛束をそなえ、・・・」。確かに前翅後縁部を水平にまで持ち上げた標本画像では、指摘されている「毛束」が後翅にはっきり確認でき、「なるほどなぁ~」と納得する訳ですが、実際のフィールドで観察される♂の開翅シーンでは、標本に図示されるほど前翅を持ち上げることはなく、この図鑑で指摘している「毛束」は前翅に隠れて確認できず、フィールドで実際に役立つ♂♀識別点としては活用できないのです。

 一方、本ガイドブックでは「毛束」に代替しうる、識別点が提示されており、その識別点が生態画像中に初心者にも分かりやすく矢印で明示されているのです。

 それじゃあ、その分かりやすい識別点とは?・・・、それは読者の皆さん、本ガイドを購入してご確認下さい。これまで、フィールドで撮影した生態画像から種の♂♀判定・種同定する際、撮影者独自の経験から編み出した判定・同定法があったはずです。管理人もそれなりのオリジナル識別点を持っていると自負しておりましたが、このガイドブックを拝見して「なるほど、こんな識別法もあったのか!」と目から鱗の記述がてんこ盛りなのです。

 噂によると、本書の売れ行きは想定以上に好調とのことで、書店では売り切れ続出、品切れの様相を呈していると聞いております。もちろん、図鑑・フィールドガイドブックとして破格な1890円(税込)の価格設定、そしてコストパフォーマンスが評価されたのでしょう。仮に消費税が増税されたらこの値段では買えませんよ!(笑)              
さぁ、皆さん、一刻も早く書店、もしくはネット通販より入手してくださいね。

 さて、本書販売開始後の28日にはガイドブックの完成を記念して、関係者を含めたパーティが品川で開催されました。今回はご来賓として本フィールドガイドを「デジタル昆虫記」上でいち早く宣伝して頂いているプロの昆虫写真家・海野和男氏、また人気ブログ「メレンゲが腐るほど恋したい」の管理人、メレ山メレ子氏ご両名の列席を頂き、盛大に行われました
f0090680_20391758.jpg

f0090680_20393663.jpg

f0090680_20394443.jpg


 もちろんお酒が皆さん入っておりますので、図鑑を作成する上での苦労話、歯に衣を着せぬ辛辣なトークも入って、大いに盛り上がり、撮影者同士はもちろん、執筆者・編集者間の懇親も深めることができました。また、来賓のご両名も二次会にまで参加され、アマ・プロの垣根を越えて交流を深めることができました。特に海野先生からはアマチュア写真撮影者・協会・保全活動に対して、大変暖かい励ましのコメントを頂き、関係者一同、感謝感激したのでした。海野先生、メレ山メレ子さん、そしてパーティ出席者全員の皆様、お疲れ様でした。
by fanseab | 2012-04-29 20:43 | 書籍 | Comments(10)
Commented by nomusan at 2012-04-30 09:15 x
発刊おめでとうございます。
素晴らしい内容のガイドブックのようですね。
すでに予約して到着待ちです。
Commented by ma23 at 2012-04-30 13:25 x
昨日さっそく届きました。すごく中身の濃いフィールド図鑑に驚きました。パーティの様子も楽しそうで、大阪の人間としてはうらやましい限りです。
Commented by himeoo27 at 2012-04-30 20:18
出版記念会とっても楽しかったです。

私も微力なのに、写真撮影&収集中は
文句ばかり言っていましたが、
これまで素晴らしい本の作成に参加出来て、
本当に嬉しく思います。
それにしても素晴らしいフィールドガイドですね!
Commented by Sippo5655 at 2012-04-30 22:00
本当に素敵なパーティーでした。
素晴らしい図鑑の完成を、あらためて実感しました。
また、皆様の「秘話」も楽しかったです^^
海野さんの励ましのお言葉も、心に沁みました。
気がつくと日々ひもといている自分が今、います。
このサイズだからこそ、手軽に手に取れる
やはり、すごくわかりやすいし、毎日のバイブルになりそうです!
3年間の汗と努力の賜物、これは本当に生涯の宝物になりそうです。
Commented by fanseab at 2012-04-30 22:38 x
nomusan、コメント有難うございます。
出版元の予想を上回る出だしで注文残が相当残っているみたいです。到着したら、パソコンの横に侍らせるには最適のサイズですね。
Commented by fanseab at 2012-04-30 22:41 x
ma23さん、おぉ、もう既に入手されましたかぁ。ホンマ、中身が濃すぎる図鑑です。フィールドで開いても勝手に閉じない最適な厚みが嬉しい配慮もされております。
関西版記念パーティもやらねばならないかな?
Commented by fanseab at 2012-04-30 22:42 x
himeooさん、パーティは盛大でしたね。
本当にこの本の完成度が高いと思います。まぁ、相当に編集サイドと撮影者の意地の張り合いが、結果的に完成度を上げたと言ってもいいでしょう。大いに活用したいですね。
Commented by fanseab at 2012-04-30 22:45 x
Sippo5655さん、当日はお疲れ様でした。
やはり一大プロジェクトが完成すると、本当に充実感がありますね。祝杯は大変美味しかったですよ。この感激は一生忘れないでしょう。海野さんの本当に心から溢れ出る情熱と愛情には感謝感激でした。
本書は本当に一生の宝物ですね。
Commented by thecla at 2012-05-03 09:30 x
記念パーティお疲れ様でした。編集最終段階でも結構無茶ぶりしてしまい申し訳ありませんでした。
でも本当に素晴らしい本だし、楽しいパーティ(私は3次会まで行ってしまいました)でしたね。
Commented by fanseab at 2012-05-03 20:39 x
theclaさん、某ブログで拝見しましたが「ギフチョウの舞」まで踊られたようで当日はお疲れ様でした。ハッキリ言って、貴殿の尽力がなければ4月末日の出版納期は遵守できていなかったでしょうね。段取りもへちまもないなかで、よくぞ実現にこぎつけた・・・のが実感です。まぁ、終わりよければ全て良しということにしましょう。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード