探蝶逍遥記

神奈川のギフ(4月9日)

 禁断の平日スクランブル出撃です(笑)。管理人は天邪鬼な性格でして、これまで神奈川の超有名観察スポットである某I山に行ったことがありません。専ら、その周辺のポイントで秘かに撮影しておりました。そろそろ「総本山」に登ってみようということで、出かけて参りました。現地登山口に7時15分着。駐車スペースには平日にも拘らず既に先客2台が。流石人気スポットであります。この日は前日に引き続き快晴の好コンディション。ひとまず、山頂を目指しながら、ギフの好きそうなポイント・吸蜜源を物色。時折、トネリコ類の根際をチェックするも、ウラキン越冬卵は発見できず。山頂に8時に着いてから周辺をウロチョロ。それにしても、このあたりの山は足元が崩れやすく、登りは良いけど、下りは登山靴でもズルズル滑って太腿の筋肉が悲鳴を上げてしまいます。9時過ぎ待望の1頭が舞い始めますが、すぐに行方不明状態に。そうして9時15分過ぎから常時3頭が飛び交う宴状態になりました(^^)

 一旦静止しても、♂同士がちょっかいを出すので撮影も一苦労。個体数が多いポイントでのジョウザンミドリ開翅撮影と一緒の悩みですね。やっと一コマ撮れました。 ヤレヤレ。                                                             ++横位置画像はクリックで拡大されます++
f0090680_23101336.jpg
D7K-34、ISO=400、F10-1/640、-1.0EV、外部ストロボ、撮影時刻:9時22分

 開翅シーンも結構苦労しましたが、完品が撮れて大満足。
f0090680_23102587.jpg
D7K-34、ISO=400、F11-1/640、-1.0EV、外部ストロボ、撮影時刻:9時30分

 管理人に対して、正対して開翅するチャンスが多いので、そんなアングルでもパチリ。
f0090680_23104068.jpg
D7K-34、ISO=400、F13-1/800、-1.0EV、外部ストロボ、撮影時刻:9時42分

 ギフ♂の体毛の多さは別格ですね。この後、場所を移動し、吸蜜狙いでスミレが咲いている一角に陣取り、ギフを待ちます。ミヤマセセリが時々通り過ぎていきますが、ダンダラ模様は全く飛んで来ません。10時から30分粘って来なければ場所を変えよう・・・、その作戦でひたすら待機。踏ん張っていないとズリ落ちそうな急斜面で右足が悲鳴を上げていきます。そろそろ足も限界かな?と思った頃、谷底から待望の1頭が出現。狙っていたスミレに止まって吸蜜してくれました!
f0090680_23105319.jpg
D7K-34、ISO=320、F10-1/800、-1.0EV、外部ストロボ、撮影時刻:10時21分

 例によって、吸蜜時間は1秒足らず。この絵の一コマ撮影後、サッと飛び去っていきました。その後は全く吸蜜する個体も訪れず。何とか一瞬の吸蜜チャンスをものにできたので、再度飛翔狙いで、元の場所に再移動。今シーズンから中速シャッター使用での飛翔にトライしておりまして、その条件下で先ずはバシャバシャ。恥ずかしながら失敗作例です。
f0090680_23111222.jpg
D90-20、ISO=200、F11-1/320、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:11時05分

 ノートリでバランス良く収まりましたが、翅はブレています。この手法では自然光とストロボ光のバランスが鍵となるのですけど、自然光が勝って翅を写しとめることができていません。ストロボ光の調光補正条件を見直さねばなりません。途中からは使い慣れたハイスピードシンクロに設定し直して撮影。
f0090680_23112829.jpg
D90-20(トリミング)、ISO=500、F8-1/4000、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:11時17分
f0090680_23113850.jpg
D90-20、ISO=500、F8-1/4000、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:11時18分

 こちらの方が、やはりしっくり来ます。2枚目はノートリで蝶がど真ん中。しかもジャスピン。しかし、こんな時に限って後翅大破個体なんですね。飛翔撮影では「ジャスピン画像画面端の法則」なる嫌~な経験則があるのですが、今度は「大破個体画面ど真ん中の法則」なる、嫌なジンクスが追加されなければいいのですが・・・(^^;

 ギフと同時に飛び始めたのが、ミヤマセセリ。しかし、最近動体視力が衰えたことを実感する管理人にとって、枯葉の合間を不規則に飛ぶ黒いセセリの追跡は辛いです。おまけにここは急斜面の連続でミヤマを撮るには適していませんね。それでも今年初めての出会いですので、撮ってみました。
f0090680_23115972.jpg
D7K-34、ISO=320、F10-1/800、-1.0EV、外部ストロボ、撮影時刻:9時58分

 縁毛も歯抜け状態でそれなりに飛び古した♂個体でございます。正午前から南風が強くなったのを潮時に下山開始。途中の尾根筋で風に煽られてホバリング状態のミヤマを見っけ! これ幸いと飛翔撮影。
f0090680_23121349.jpg
D90-20(トリミング)、ISO=500、F8-1/4000、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:12時02分

 置きピン位置をギフと同じ40cmで撮影したのですが、ミヤマセセリあたりの大きさだと、もう少し置きピン位置を短くしたほうが良さそうです。↑の撮影直後、この個体は古切株に止まり、結果オーライの広角静止画像になりました。
f0090680_23122443.jpg
D90-20(トリミング)、ISO=500、F8-1/4000、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:12時02分

 ですので、この絵は着地直後の姿でもあります。この日、まだミヤマ♀は確認できませんでした。一方、ギフは丁度♂の発生数がピークに向かっている時期でベストのタイミングだったようです。ただ山麓の桜の咲き具合をチェックすると、まだまだ蕾状態のポイントが多数確認できました。ギフ発生が遅れ気味であることは事実で、今週末頃から♀も登場することでしょう。振り返ってみると、神奈川のギフ撮影は2008年以来4年振りでありました。何とか再開を果たして、スクランブル出撃の成果に胸をなで下ろしたのでした。
by fanseab | 2012-04-11 23:16 | | Comments(24)
Commented by yoda-1 at 2012-04-12 12:50
なんと月曜日に出陣でしたか。
スミレの場所での撮影、カタクリほど時間をかけないのことが多いのにお見事です。
最後のミヤマセセリの着地シーンも、なにか誇らしげで暖かい画像です。
飛翔難しいですよね。今年も北信の方でサクラ背景飛翔にいかれるのかな??
Commented by naoggio at 2012-04-12 19:11 x
行かれたんですね。そう言えば神奈川ギフ、私も6年くらい見に行ってないかも、地元なのに。とは言え横浜からだと意外と行きにくい場所なんです。周辺の探索に行こうと思いつつも今年も忙しさにかまけて怠けている次第です。
新鮮なギフチョウはやっぱりいいですね。2枚目は鱗粉の厚みも感じられて最高です。
最後のミヤマセセリ、面白い写真ですねえ。こういう瞬間て、なんだか個性的です。ヒップホップダンスを踊る若者を見ているような楽しさがあります。
Commented by Sippo5655 at 2012-04-12 20:46
いよいよギフチョウシーズン開幕ですね!
お天気にも恵まれて、素敵な出会いがありましたね。
スミレでの吸蜜・・・うっとりです(´▽`*)
ギフチョウの翅の色模様は、しゃきっと目覚めさせてくれますネ☆
ミヤマセセリ、このアングルすごく可愛い~♪♪
飛翔シーン、凄いですね!
Commented by ごま at 2012-04-12 21:05 x
ご出陣でしたか。
ギフチョウは飛翔が美しいですね。
私の好みは飛翔1枚目。疎林の雰囲気や青空の感じがいいです。
飛翔2枚目に一面にスミレが咲いていたら最高ですね。
摺れた個体も混じってきたのは残念です。
今週末、再挑戦するか迷ってます。
Commented by kmkurobe at 2012-04-12 21:41 x
スミレ吸蜜は時間が短いのと、草丈が短いのでなかなかいいアングルで撮影できないですね。
小生はなるべく土手に咲いている花を探すようにしています。
さすがに飛翔の技はけんざいですね。
Commented by fanseab at 2012-04-12 22:11 x
yoda-1さん、ハイ、平日出陣する時はよく雨に降られたりするんですけど、この日は普段の行いがよかったみたいです(笑) スミレはこの一本に絞って待機していたので、一瞬でも何とかなりました。止まってから撮影しようとしても駄目な場合が殆どですよね。
桜背景飛翔もいいですけど、先ずは桜吸蜜画像を撮りたい気持ちがあります。
Commented by fanseab at 2012-04-12 22:14 x
naoggioさん、人気ポイントなので、もしも行くなら平日しかない・・・と思っておりました。それでも相当な撮影者が入っていてビックリです。
ミヤマセセリの飛翔って、結構難しいです。偶々吹いた一陣の風に感謝です。
Commented by fanseab at 2012-04-12 22:20 x
Sippo5655さん、こんばんは。
やはり跳躍するようなギフの舞いを見ると、心が躍動してシーズンが始まったことを実感します。蝶屋にとっての「初詣」でしょうか?
スミレ吸蜜の絵は何回チャレンジしても難しいですが、淡い紫色とギフの黄色のコントラストが眩しくて、いつも狙ってしまいます。
Commented by fanseab at 2012-04-12 22:24 x
ごまさん、変則出陣でございました。
仰るようにギフの飛翔は撮影した背景によって様々な表情に変化して面白いですね。小生も1枚目の飛翔の雰囲気が好きなので、失敗作だけど、敢えてアップいたしました。悔しさをバネに次回はリベンジでもう少しましな絵を狙いたいと思います。
Commented by fanseab at 2012-04-12 22:27 x
kmkurobeさん、そうなんです。草丈の短さはどうしょうもないので、この場面でも崖に近い急傾斜地に咲いているスミレにターゲットを絞り、ずり落ちそうな足場を確保しながらじっとギフが来るのを待機しておりました。林道あたりの平坦な足場で、林道脇の崖地に咲くスミレを狙うのが常道でしょうね。
Commented by 6422j-nozomu2 at 2012-04-13 00:04
ギフ、ミヤマセセリ、エエですなあ。両種共まだ見ておりません。次の休みに地元でミヤマセセリ、ギフは4月後半に奈良県でも行ってみようかな。両種を撮影出来ないと春が来ない心境です。ミッションGは昨年に引き続き×でしたし。(涙)
Commented by himeoo27 at 2012-04-13 21:12
私も8日の日曜日に出勤して、
9日に休んで神奈川県に出かけようかな?
と真剣に考えていました。
↑の写真を見るとそちらの方が良かったような
でも、やっぱり腕の差でしょうね!
Commented by fanseab at 2012-04-13 21:36 x
ノゾピーさん、今年はギフを含めて蝶の発生が遅めなので、どの週にどの蝶を狙うか?昨年を練り難いですね。今回はミヤマやコツバメをパスして、先ずは近場のギフ狙いに徹しました。
何とか目的が撮れてヤレヤレでした。
ミッションGも蝶が不発でも楽しみがあって何よりでしたね。
Commented by fanseab at 2012-04-13 21:39 x
himeooさん、この時期は週末に晴れる保障がなく、かつギフの発生も遅めで読みにくいため、今シーズンのギフ撮影は例年以上に難易度が上がっていますね。今回はスクランブル出陣が効を奏しましたが、以前、快晴の天気予報を信じて出かけ、黄砂の影響で坊主だったこともあります。本当に当てるのは難しいですよ。
Commented by 霧島緑 at 2012-04-14 02:52 x
総本山への初詣、お気持ちよく分かります。
私も昨年、今年と休日は避け、平日も午前中になんとか仕事の切りを付けて午後から出掛けるようにしています。
それにしても開翅した完品のギフがまぶしいですね。同様の個体に一度出会いましたが、1度シッターを切ったところで樹上に消えて行きました。
やっぱりトネリコの根際が気になりますね。一昨年1卵だけ見つけましたが、随分減ってしまったようですよ。
Commented by fanseab at 2012-04-14 11:08 x
霧島緑さん、あのあたりは意外に広く分布しているのですけど、ヒルトッピングする個体を狙うにはやはり山頂付近が好適と思い、出かけてみました。平日でも相当数のカメラマンが入山しているにはビックリしました。
トネリコはようやく樹相から見分けることができるようになったので、ギフが飛ぶまでの時間帯にちょっとチェックしてみました。
Commented by ダンダラ at 2012-04-14 12:03 x
I山は初めてでしたか。
私も昔は沢筋のカタクリの群落でギフの来るのをまったりしたこともあるのですが、今ではそのカタクリの群落がどの場所だったのか忘れてしまいました。
スミレで吸蜜する写真は良いですね。
ミヤマセセリの飛翔も素晴らしいです。
すばしこくて、なかなかファインダーに入れるのが大変ですけど、きちんと撮影されていてさすがです。
Commented by ma23 at 2012-04-14 20:18 x
ギフチョウ、ほんまに素晴らしい成果で良かったですね。
しかしミヤマセセリで飛翔写真とはさすがだなあとほんと感心させられます。
自分も無駄でも挑戦してみようっと思います。

でも一番うらやましいのは月曜に・・。
Commented by fanseab at 2012-04-14 22:03 x
ダンダラさん、あの辺の沢筋に入り込んで探索する誘惑に駆られますが、登りが大変そうで躊躇します。確かに秘密のカタクリ群落があっても不思議ではないでしょうね。
スミレ吸蜜は待ち伏せ方式で今回初めて撮影しました。左後翅を邪魔する枯れ枝がなければよかったんですが・・・。ミヤマはホバリング状態なので、比較的歩留りはよかったです。通常の飛行で追尾するのは非常に厳しいですね。
Commented by fanseab at 2012-04-14 22:06 x
ma23さん、コメント有難うございます。
贅沢なもので、一度撮れれば撮れたで、やはり、色々な吸蜜場面を追及したくなります。貴殿のような梅とのツーショットもいつか撮りたいですね。
ミヤマは播磨で物凄く飛翔を撮りやすいポイントがあったのですが、関東では未だ発見できていません。
ハイ、月曜出動は異例でございます。
Commented by thecla at 2012-04-16 00:00 x
禁断の平日スクランブル、大成功で良かったですね。
私は今日、秘密の桜ポイントで一人で美味しい思いをしようと思ったら昨年に続き敗退、午後から人気ポイントに転戦する羽目になりました。
実は月曜日休暇取っているのですが、天気がイマイチそうで近所での撮影になりそうです。
Commented by fanseab at 2012-04-16 22:57 x
theclaさん、平日スクランブルって、天候に恵まれないことが多いですね。別に悪いことしている訳ではないのに・・・(^^; ただ、今回はお天気は申し分なく、一通りの目的を果たせたので、安堵いたしました。桜吸蜜は小生も当日狙いましたが、その桜が蕾状態で敗退いたしました。今年は遅れ気味の発生状況が平日スクランブルする勇気を余計必要としますね。
Commented by kenken at 2012-04-17 00:07 x
おっとシゴナニですかな?(笑)
「開幕」おめでとうございます。やはりギフを見ると、シーズン開幕って感じがしますね。
ミヤマの飛翔、この翅表はえぇですなぁ~ホバリング状態って、なかなかお目にかかれないチャンスですね。
亀レスにて失礼しました。
Commented by fanseab at 2012-04-17 22:50 x
kenkenさん、まぁ、そんなところで・・・ハハハ。当方、物理的にはモンキが開幕戦でしたが、やはり心理的にはギフからシーズンがスタートする感じですね。ミヤマの飛翔って最近追尾が厳しくなって困ります。歳は取りたくないですね
ぇ(涙)尾根筋で急に強風が吹いたので、煽られたミヤマもビックリ顔でした。ホバリング状態は、吹上ポイントで待機すると意外と出会えるシーンなのかもしれませんよ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード