探蝶逍遥記

台湾遠征記:(11)11月22日午前中その1

 前日の晩、ホテルのコンシェルジュに依頼したタクシーは予約した8時前にきちんと到着しておりました。ドライバーのKさんとご挨拶して二言三言会話しただけで、この方が信頼できる方と確信しました。海外遠征でタクシーをチャーターする場合、ドライバーとの信頼関係は大変重要です。客の意図を汲んで的確に運行してくれるか否か?が撮影の成否も分けますし、何よりストレスを溜めずに旅行できるかの分かれ目になるからです。で、このKさん、お客とのアポ時間の恐らく10分前には到着していたのでしょう。管理人がホテル前のタクシーを探すと車を磨いておりました。こんなちょっとした気配りも嬉しいものです。ホテル発7時55分。途中コンビニに寄って、ドリンク類と携帯食品を調達。この日の目的地である林道入口には8時05分に到着。因みにチャーター料金は250元(約670円)。台東空港からホテルまでの料金(535元)に比較するとかなり割高ですが、流しを拾う訳ではないので仕方ないでしょう。Kさんに帰りのピックアップを14時30分に依頼して別れ、出発です。暫く歩くと道路脇にムチャでかい陸生巻貝が。                      ++横位置画像はクリックで拡大されます++
f0090680_21544738.jpg
GXR@5.1mm、ISO=200、F2.5-1/100、-0.7EV、内蔵ストロボ、撮影時刻: 8時38分

 貝殻部分だけで長さは6cmほどあります。昨日同様の曇り空で蝶の飛び出す気配はありませんが、やや陽射しが出てきたようです。期待に応えて林道脇の草地から小さな灰色のシジミが飛び立ちました。タイワンクロボシセセリ(Megisba malaya sikkima)のようです。
f0090680_2155554.jpg
D90-85VR、ISO=400、F11-1/200、-0.3EV、撮影時刻: 8時24分

 申し訳程度に開翅してくれました(笑)。前翅外縁形状から♀でしょうか? このシジミの開翅シーンを撮るのはこれが初めて。低温期型の特徴で、前翅に白紋が確認できます。更に進むと、ちょうど沢筋を巻くような曲り角に陽だまりができていて、よく見るとナガサキアゲハ(Papilio memnon heronus)♂が全開翅休息しておりました。
f0090680_21551947.jpg
D7K-34、ISO=400、F7.1-1/640、-0.7EV、撮影時刻: 8時27分

 台湾まで来ると、♂の後翅表に青色鱗粉が散りばめられていて、こんなナガサキ♂を見ると、南に来たことを実感させてくれます。ただ台湾産亜種の場合は青鱗粉の密度が濃くて青筋状に光るので、飛翔中は別種に見えたりします。陽だまりをよく観察すると、何と数頭のシジミが静止していることに気が付きました。最初はルリウラナミシジミ(Jamides bocus formosanus)♂。
f0090680_2155349.jpg
D90-85VR、ISO=400、F9-1/400、-0.3EV、撮影時刻: 8時25分

 この子は傾斜日光浴状態です。海外遠征でシジミ類の傾斜日光浴を観察したのはこれが初めて。台湾と言っても、この日の体感気温は15度を切る程度。夜の寒さを凌いで、微かな朝日を体一杯に受けている印象でした。別のルリウラナミ個体は路面で吸水もしておりました。
f0090680_21555160.jpg
D90-85VR、ISO=400、F11-1/250、-0.3EV、撮影時刻: 8時37分

 かなりのボロ個体でございます。さて、ルリウラナミの近くで静止していたのは見かけないシジミ。管理人初体験のクラルシジミ(Rapala varuna formosana)♂でした。
f0090680_2156285.jpg
D90-85VR、ISO=400、F11-1/250、-0.3EV、撮影時刻: 8時30分

 開翅した後翅が鈍くブルーに光っております。クラルはトラフシジミと同属ですので、日本のトラフとよく似た輝きです。因みに前翅は一部のみブルーに光ります。できればゼフ同様前方から覗くと、更に輝きが増すはずですが、残念でした。この子は撮影中にすぐに翅を閉じてしまいました。
f0090680_21561410.jpg
D7K-34、ISO=500、F11-1/320、-0.7EV、撮影時刻: 8時31分


 この子の尾状突起は相当長く、左後翅の突起は一部欠落しております。全般に草臥れた個体で、いつか新鮮な♂にチャレンジしたいものです。因みに「クラル」とは台湾の先住民族であるタイヤル族(高砂族)による恒春半島・社頂付近の地名呼称です。戦前、日本占領下の台湾で発見された蝶の和名には、このようにタイヤル族の地名呼称に因んだ種が沢山おります。

 ここで今回歩いた林道風景をご紹介しておきましょう。
f0090680_2156258.jpg
GXR@6mm、ISO=100、F9.6-1/40、-0.7EV、撮影時刻: 8時42分

 道路は舗装されておりますが、道幅は狭く待避所も少ないため、車での通行は結構厳しそうです。おまけにガードレールも全くないので、路肩にも十分注意せねばなりません。レンタカーで行く場合は少し小さ目の車両が必要でしょう。

 さて、草陰に弱々しく飛ぶクロテンシロチョウ(Leptosia nina niobe)が登場。
f0090680_21563721.jpg
D7K-34、ISO=500、F11-1/200、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻: 8時46分

 これまで本種のまともな吸蜜シーンを撮影していなかったので、ホッと一息つきました。このシロチョウの性別判定は難しい部類ですが、全体の雰囲気から♀でしょうか? 羽音を立てて登場したのは、知本に来てお馴染みになったトビイロセセリ。
f0090680_21564792.jpg
D7K-34、ISO=500、F11-1/200、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻: 8時48分

 まぁ、メタボなセセリですね(^^) お次は台湾遠征で、最もよく見かけたシロチョウ、タイワンキチョウ(Eurema blanda arsakia)です。
f0090680_2157232.jpg
D7K-34、ISO=500、F11-1/200、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻: 8時51分

 後翅肩脈の形状から♂でしょう。「台湾黄蝶」を台湾で撮影する・・・、これが今回の遠征で管理人が注力した点でもあります。「産地の地名が冠された蝶を、その由来地で撮影する」のは意外と難しいですが、タイワンキチョウは楽勝でした。何故かと言えば、出会ったEurema属の95%以上は本種だったからです。<次回に続く>
by fanseab | 2012-03-30 22:02 | | Comments(2)
Commented by khaoyai_m at 2012-03-31 10:24
こんにちは!
トビイロセセリの吸蜜、僕はまだ見たことがありません。
早朝なんですね。
羨ましいです。
Commented by fanseab at 2012-03-31 20:38 x
カオヤイさん、こんばんは。貴ブログでの画像データがアップロードできないのは痛いですね!
さて、トビイロは前日、正午頃にも吸蜜を撮影しております。この日も早朝と言うよりは、完全に明るくなってからの吸蜜です。小生も北タイで、同属のoedipodeaを夕暮れ時に撮影しておりましたので、本種も明け方もしくは薄暮時に吸蜜に来るかな~と思っておりました。ですので、いずれも想定外の時間帯でした。きっと活動のピークは周囲の温度にも依存するのではないでしょうか?とにかく肌寒い時間であったことは確かです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード