探蝶逍遥記

北海道遠征記(13)シロチョウ類

 遠征の初日、旭川空港に降り立つと生憎の雨でした。レンタカーをゆっくりと走らせながら傘を差してリンゴシジミのポイント探索をしておりました。とある開けた草地を歩いていると、足元から小さ目のシロチョウが飛び立ちました。エゾスジグロかな?と思って追跡すると、ツマキチョウの♀でした。                                          ++横位置画像はクリックで拡大されます++
f0090680_21465963.jpg
D90-85VR、ISO=400、F9-1/1000、-0.7EV、撮影年月日・時刻: 2011年6月23日、11時20分

 6月下旬にまだツマキが観察できるとは、流石に北海道です。雨が止みかかったとは言え、ムチャ肌寒い空模様にツマキも管理人もちょっぴり震えておりました。他に飛ぶ蝶もいないので、縦位置でもじっくりと撮影。
f0090680_2147869.jpg
D90-85VR、ISO=200、F5.6-1/800、-0.7EV、撮影年月日・時刻: 2011年6月23日、11時21分

 さて、北海道でシロチョウと言えば、エゾシロチョウを外す訳にはいきません。なにせ某国立大学・昆虫研究会の会誌名(蝦夷白蝶)にもなっているくらいですから・・・。ただ、今回の遠征では出会いは唯の一度限り。maedaさんにご案内頂いたカラフトヒョウモンのポイントで、maedaさんがハシドイに止まっている個体を見つけてくれました。                
f0090680_21521681.jpg
D7K-34、ISO=640、F11-1/1600、-0.7EV、外部ストロボ、撮影年月日・時刻: 2011年6月25日、12時21分

 全体の雰囲気から♂でしょうか?折から雲が厚くなって、活動する様子が全くありません。食樹のバラ科樹木は近くには見当たらず、風で吹き飛ばされてきたのでしょうか?そのうち、風に煽られて半開翅してくれました。
f0090680_21474610.jpg
D7K-34、ISO=400、F11-1/800、-0.7EV、外部ストロボ、撮影年月日・時刻: 2011年6月25日、12時22分

 ほぼ羽化直に近い新鮮な個体であることが伺えます。少し天気が回復すれば吸蜜シーンとかも撮れたのでしょうが、これっきりでした(^^;

 大雪・コマクサ平へ二度目のチャレンジをした27日午後も色々と探索モードでウロチョロしておりましたが、道路脇に飛ぶシロチョウを発見。これまたツマキ並みのサイズ。ようやくエゾスジグロシロチョウに出会えました。
f0090680_2148543.jpg
D90-85VR(トリミング)、ISO=200、F4.5-1/500、-0.7EV、撮影年月日・時刻: 2011年6月27日、16時07分

 ただ、露出を完璧に失敗。RAW現像で何とか調子を整えました(^^; このシロチョウはサイズ的にとても可愛く、次回北海道遠征では撮り直しの筆頭に挙げてもいいかもしれません。とても気に入りました。しかし、同時に裏面の黒い翅脈が表翅に淡く映り込む、デリケートな雰囲気を表現するのに難しい蝶だと悟ったのでした。
<次回に続く>
by fanseab | 2012-03-16 21:49 | | Comments(6)
Commented by kenken at 2012-03-17 12:38 x
ツマキ♀のエゾシロ、白と黒のみの蝶の表現は大変難しく感じています。貴兄の「露出を完璧に失敗。RAW現像で何とか調子を整えました」ってな記事を読んで、ホッとしたりしています。(笑)

ツマキ♀の全開翅、よろしいなぁ~私も撮ってみたく思っておりますが、なかなかチャンスに恵まれません。これは、撮影情報を拝見するとノン・ストロボでの描写のようですが、何か意図がおありだったのでしょか?
Commented by himeoo27 at 2012-03-17 16:50
2コマ目のツマキチョウ♀閉翅の画像綺麗ですね!
この可憐な、淡い雰囲気の蝶、大好きです。
Commented by fanseab at 2012-03-17 20:44 x
kenkenさん、シロチョウは種類に限らず露出は難しいです。モンシロが一番難易度が高く、エゾシロとかAporiaはまだ楽な感じがします。
ツマキ♀はフィールド図鑑も意識して撮影しておりました。なかなか全開してくれない蝶なので、多少スレ品でしたけど、真面目に撮りました。ストロボ使用で白地部分が吹っ飛ぶ恐れもあるので、基本的にストロボは回避しておりまして、この事例でもそれに倣いました。
Commented by fanseab at 2012-03-17 20:47 x
himeooさん、ツマキは春先はどうしても活発で閉翅をきちんと撮るチャンスが意外とない感じがしております。ですので、この時は他に飛んでいる蝶もいないこともあって、じっくり取り組めました。後翅裏面の唐草模様は独特ですよね。
もう、あとちょっとすればツマキが関東でも飛ぶでしょう。月日の経つのは本当に早いものです。
Commented by naoggio at 2012-03-18 09:58 x
ツマキチョウの♀、惚れ直しました。画像が少ないのでまたチャレンジしてみます。
エゾシロチョウもいい写真ですね。花との相性も抜群です。
そしてこれが正真正銘のエゾスジグロシロチョウな訳ですね。おっしゃっている事よくわかります。でもfanseabさんのイメージどおり撮れたらさぞ奇麗でしょうね。是非狙ってみて下さい。
Commented by fanseab at 2012-03-18 12:31 x
naoggioさん、いつもコメント有難うございます。ツマキ♀は春先に頑張ってもなかなか撮れないことが多いですね。気温が低めなこともあって、この時はおとなしく被写体になってくれました。
エゾシロも♀と群れている場面とか他にも撮影したシーンはあるので、次回のお楽しみに取っておきたいと思います。エゾスジグロも夏型よりは春型の方が可愛い感じがするので、撮り直しの時期もよく考えねばなりません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード