探蝶逍遥記

【第8回 チョウ類の保全を考える集い ご案内】

 2月19日一杯、本記事がトップに配されています。本文記事は本記事の後にあります
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 管理人も所属する、日本チョウ類保全協会が毎年2月に開催しております首題集いを、今年も下記の要領で開催しますので、ご案内いたします。

★興味・関心のある方は、どなたでもご参加できます。
★1日だけの参加もいただけます。

多くのみなさまのご参加をお待ちしております

◆日時:
  2012年2月18日(土)・19日(日)
  受付開始:18日(土) 12:30~

◆場所:
  神奈川県立 生命の星・地球博物館 講義室(入口を入ってすぐ右手)
  
◆主なプログラム:

 <2/18(土)>
 13:00 開会
 13:20~14:20 チョウ類の状況及び活動報告
      ヒメチャマダラセセリの現状-植生の変化による個体数の減少-
           渡辺康之氏(NRC)
      北杜市オオムラサキセンターの活動とオオムラサキの状況
           伊藤麻美氏(北杜市オオムラサキセンター)

 14:20~15:20 東日本大震災の津波による生物多様性への影響
         永幡嘉之氏(自然写真家・日本チョウ類保全協会事務局)

 15:50~16:30 保全協会のプロジェクト報告

 16:30~17:10 ブータンシボリアゲハの生態と生息環境について
          矢後勝也氏ほか(東京大学総合研究博物館)

 17:30~     懇親会(博物館) 会費3000円

 <2/19(日)>

 9:15~    受付

 9:20~9:50  自然しらべ2011 チョウの分布 今・昔の結果報告
          萩原正朗氏((財)日本自然保護協会)

 10:30~11:00 絶滅危惧種の状況と今後の保全

 11:00~12:00 チョウ類の保全に関するディスカッション

 13:00~15:00 グループ討論:今後のプロジェクトの進め方について

 15:00     閉会

 大会参加費:会員 500円、非会員 1000円
 お車でお越しの方は博物館受付にお申し出てください。

 会場:講義室(博物館の入口を入ってすぐに右手にあります)。
    本会のみ参加の場合には、入館料は必要ありません。

★参加申し込み
 当日の参加も可能ですが、準備の都合上、参加をご希望の方はできるだけ2月
14日(火)までにお申し込みください。なお、2/18日(土)17:30より、懇親会
を予定しており、会費は3000円の予定です。懇親会の参加についても合わせてご
連絡をお願いします。また、2/19日の昼食(弁当600円)の注文も可能です。こ
ちらもご希望の方は事前にご連絡ください。申込み先は下記の通り。
*********************************************************
  特定非営利活動法人 日本チョウ類保全協会 事務局
  140-0014 東京都品川区大井1-36-1 曽根プラザ301号
  TEL 080-5127-1696
  Email:jbcs@japan-inter.net
  http://www.japan-inter.net/butterfly-conservation/
*********************************************************
 画像がないのも寂しいので、2/18(土)の話題に登場するオオムラサキ♂同士の
お見合い?写真を再掲載しておきましょう(画像はクリックで拡大されます)。
f0090680_23123037.jpg
D90-34、ISO=640、F8-1/320、-0.7EV、撮影地:山梨県甲府盆地、撮影年月日・時刻:2011年7月8日、15時02分
by fanseab | 2012-02-19 23:59 | | Comments(2)
Commented by himeoo27 at 2012-02-20 19:47
会場ではお世話になりました。
盛り沢山の講演や議題で楽しかったですね!
Commented by fanseab at 2012-02-21 00:34 x
himeooさん、こちらこそ楽しい一時を有難うございました。アサギマダラの幼虫探しもされていたようでビックリいたしました。来年の集いも楽しみです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード