探蝶逍遥記

アカボシゴマダラの蛹2題(12月25日)

 拙宅庭のエノキにおける首題蛹観察は、今月8日の記事 でご紹介した個体が最終でした。ただ、11月から近所の観察で終齢幼虫(もちろん長角型)数頭の行く末が気になっておりました。そのうちの1頭を本日運よく発見できました。                                 
f0090680_2233854.jpg
D7K-24、ISO=100、F10-1/320、-0.3EV、内蔵ストロボ、撮影時刻:11時41分

 エノキの葉が殆ど落ちてくれたため蛹はかなり目立ちます。しかし、残念ながら褐色に変色した死蛹でした。食害にあったようにも見えず、珍しく「野垂れ死に」のパターンかと思いました。念のため、裏側に回って写したのがこの一枚。
f0090680_2234812.jpg
D7K-24、ISO=100、F10-1/320、-0.3EV、内蔵ストロボ、撮影時刻:11時41分

 良く見ると、右側面に孔が開いており、中身の大半が食われています。アゲハに付く寄生蜂のような明確な脱出孔ではないけれど、寄生された個体だったのでしょう。この個体から200m程東側に同様に終齢幼虫を追跡調査していたエノキの実生があります。ここもチェックしてみると、こちらでは色鮮やかな蛹を発見できました。
f0090680_224315.jpg
D7K-24、ISO=400、F11-1/200、-0.7EV、内蔵ストロボ、撮影時刻:11時51分

 この実生での終齢幼虫は今月4日まで確認しており、その後、姿が見えなくなりました。てっきりエノキを離れて別の植物の葉裏に移動したものとして、調査を打ち切っておりましたが、何と、その実生で蛹化していたのです。アカボシ蛹が見せる擬態の巧妙さには毎回唸らされます。今月5日に蛹化したと仮定して、現在の蛹期は21日。この時期の蛹期は一ケ月を超えるものも多いので、このまま順調なら、お正月過ぎに羽化するのでしょう。ただこの蛹の付いているエノキの葉は枝に吐糸固定されているものの、この日の強い北風に煽られてクルクル風車のように回っておりました。糸もほつれており、地上に落下するのも時間の問題かもしれません。今後、蛹回収等をせず、このまま様子を見守ることにしました。なお、この株には越冬型の幼虫が2頭、枝にへばり付いておりました。
f0090680_2241594.jpg
D7K-24、ISO=400、F11-1/160、-1.0EV、内蔵ストロボ、撮影時刻:11時53分

 この株から更に100mほど東側には8日の記事でご紹介した長角型越冬幼虫が幹上で無事に越冬を継続しておりました。
f0090680_2242776.jpg
D7K-24、ISO=640、F7.1-1/40、-0.3EV、内蔵ストロボ、撮影時刻:11時56分

 これから徐々に増す冷え込みに対しては、問題なく過ごせることでしょう。これまでの経験から、むしろ春先の三寒四温のような温度変動が大敵だと思います。つまり温度の単調減少には追随可能だが、急激な温度サイクルは細胞組織にとって、負荷が強いのではないかと推測しています。そこを乗り切れば成虫まで辿りつくことも考えられます。今後の経過を見守りたいと思います。
by fanseab | 2011-12-25 22:06 | | Comments(2)
Commented by naoggio at 2011-12-26 17:57 x
アカボシゴマダラの自然状態での1月羽化、記録としてはあるのでしょうか?
先日クマソ撮影の時お会いした方々がそれについて話し合っていらしたようでした。
新鮮なアカボシがお正月の暖かめの日に縁側とかにやって来たら楽しいですね。
Commented by fanseab at 2011-12-26 22:36 x
naoggioさん、連続コメント恐れ入ります。
1月の羽化記録は小生の知る限りないようです。
よほどの異常気象で12月に寒波が全く来ないなら、1月羽化の可能性もあるとは思います。今回アップした個体も更なる寒波で凍死の運命を迎える公算が強いと思っています。
確かに福寿草にアカボシなんて絵が撮れたら面白いですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード