探蝶逍遥記

師走の天体ショー(12月10日)

 この日は終日、東大で開催された日本蝶類学会(テングアゲハ)の総会・大会・懇親会に出席。学会の様子はまた別の記事に譲るとして、帰宅する途中、自宅から最寄りの駅前で、人だかりができて皆、空を見上げ指さしております。管理人も何だろうと首を上げると、皆既月食! 慌てて自宅に急ぎ機材の準備。雲の切れ間から皆既月食の様子を観察することができました。赤道儀等の自動追尾装置もなく、手持ち撮影でしたが、雰囲気は何とか出せました。                                                              ++画像はクリックで拡大されます++
f0090680_1621963.jpg
D7K-34、ISO=500~1600、F4~5-1/50~80、-1.0EV、トリミングおよび画像処理

 (1)は皆既寸前、(2)・(3)は皆既中、(4)は皆既終了後の絵で、撮影時刻を日本標準時(JST)で表示してあります。今回の月食は皆既がほぼ天頂で継続し、雲はあるものの澄み切った冬空で楽しむことができました。本当に久しぶりに皆既月食を堪能しましたね。
by fanseab | 2011-12-11 15:58 | 天体 | Comments(8)
Commented by himeoo27 at 2011-12-11 16:08
昨日は寒い中「皆既月食」撮影お疲れさまでした。
地球の影に入り鈍く赤い月がとっても印象的です。
私はそのころ布団に入ってグッスリ寝ていました。
Commented by chochoensis at 2011-12-11 21:43 x
fanseabさん、=皆既月食=綺麗に撮影できましたね、おめでとうございます。我が家では、家内が夜中に起きて観察できたと喜んでいました・・・小生は身体管理の上から、今回はパスしました・・・貴殿の写真は凄いです!!!
Commented by fanseab at 2011-12-11 22:47 x
himeooさん、蝶以外の話題にもコメント頂き、サンキューです。小生も疲れていましたが、澄んだ空に浮かぶ赤銅色の月を見て、思わず撮影意欲が湧きました。
Commented by fanseab at 2011-12-11 22:50 x
chochoensisさん、皆既月食はきちんと見れるチャンスは意外と少ないものです。当日の天気が崩れるとか、皆既時間帯が平日の勤務時間帯だったり、空振りになることが多いです。今回は休日、しかも空のコンディションが抜群なので、撮影を試みてみました。駅で見上げていた群集の数も相当いて、沢山の人が天体ショーを楽しまれたようです。
Commented by MatsuHimeji at 2011-12-12 18:18
見逃してしまったので、こちらで凄い画像を見せてもらえてうれしいです。
月が赤黒く見えて神秘的ですが、阪神淡路大震災の前夜の月もこんな色に見えていたのを思い出しました。寒さの中、ご苦労様でした。

↓の台湾遠征記、やはり出かける前の下調べや手配準備が楽しいですね。詳しいレポを読んでると、ついついメモしてしまいそうです。美味しいものの詳細なレポも期待しておりますのでどうぞ宜しく!
Commented by konty33 at 2011-12-12 21:13
日中は快晴だったので、久しぶりの皆既日食を楽しみにしていたのですが、夜になると全天に厚めの雲がかかり、こちらでは観察できませんでした。この写真を拝見しながら想像しています。
Commented by fanseab at 2011-12-12 21:50 x
MatsuHimejiさん、お役に立てて幸いです。
大震災の前の月ですか?不吉な前兆であったのでしょうか?
台湾遠征記、ハイ、小学生の絵日記のように、しょうもない細かいことも今回は書くつもりです。お料理画像もそれなりに載せる予定ですので、ご期待下さい。
Commented by fanseab at 2011-12-12 21:52 x
kontyさん、この日は意外と雲が多くて、撮影には結構手間取りました。来年また見られるチャンスがあるようですが、当日の天気は本当に水物ですよね。そう思って、今回は真面目に観察・撮影をいたしました。天体の写真も蝶以上に難しいです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード