探蝶逍遥記

柳の下のコムラサキ(10月1日)

 「柳の下のドジョウ・・・」なる諺があります。河畔の柳の下で偶然ドジョウを捕ることはできても、必ずしも2匹目のドジョウが捕れるとは限らない・・・、そんな戒めを述べているものでした。さて、多摩川の柳の下にドジョウが生息しているか?管理人は不案内ですが、ブログネタは沢山転がっているものです(笑)

 10月1日は午前中、陽射しが差さず、昼過ぎからようやく青空が広がってきました。慌てて二匹目のドジョウならぬ、コムラサキを求めて出撃です。先週から1週間経過しているので、狙いは♀の産卵シーン。現地に着くと、コムラサキの姿がありません。さては例の樹液酒場で油を売っているのかいな?と覗いてみても、そこにも姿がありません。これは坊主だなと覚悟していると、ようやく1頭の♂が高い位置にテリを張りました。300mmで覗くと比較的新鮮な個体です。その後、ライバルとなる♂も全く出現せず、テリ張り飛翔も殆どしてくれない状況が続きます。そんな中、何とか1枚飛翔をゲット。                                             ++横位置画像はクリックで拡大されます++
f0090680_2140027.jpg
D7K-34(トリミング)、ISO=640、F5.6-1/4000、-0.7EV、撮影時刻:13時17分

 ただ、紫色幻光は微かに表現できた程度で、出来栄えは前回の作例と五十歩百歩でしょう。相変わらず、裏面に合焦する確率が高くて困ります。
f0090680_21401140.jpg
D7K-34(トリミング)、ISO=640、F5.6-1/4000、-0.7EV、撮影時刻:13時17分

 一方、♀ですが、ヤナギの葉の茂みに目をこらすも、どうも飛んではおりません。そのうち、ヤナギの南側から1個体が飛んできました。一瞬♂が絡みますが、直ぐに諦めます。飛んできた個体はヤナギの周辺で明らかな産卵行動を始めました。やっと♀であることに気づき、先ずは飛翔を撮影。
f0090680_21403066.jpg
D7K-34(トリミング)、ISO=800、F4-1/4000、-0.7EV、撮影時刻:13時34分

 結構スレた個体です。こちらは紫色幻光の表現は不要ですので、歩留りはまずまずです。しかし、肝心の産卵シーン撮影は現場まで遠いのと、葉陰に隠れてしまうので、失敗。慌てて対岸に移動して距離を詰めることにしました。しかし、管理人の思いとは裏腹に対岸に到着すると、ノンビリと日光浴モードに突入。
f0090680_21404051.jpg
D7K-34(トリミング)、ISO=800、F8-1/1600、-0.7EV、撮影時刻:13時43分

 この後、姿を見失いました。どうやら♀は一本のヤナギに執着することなく、多摩川縁の複数のヤナギを求めて巡回しながら、産卵している様子でした。冷静に反省してみると、産卵を狙うにはこのポイントではちょっと撮影ポジションが苦しく、東京都側でまたチャンスを探したいと思います。
by fanseab | 2011-10-03 21:44 | | Comments(4)
Commented by himeoo27 at 2011-10-04 20:23
コムラサキ元気にまだ飛び回っているのですね!
今年もあつらこちらで出会えましたが結局金属光沢の♂の表翅の輝きが写せなかったことが心残りでした。
Commented by kenken at 2011-10-04 21:34 x
いつもながら、クリアに撮っておられますね。そう、貴兄の画像からは、太陽光が感じ取れるんです。
この日は、ぐっと秋らしくなって、活動時間帯や場所が以前と変わったのではないでしょうか?
ようやく秋の蝶らしい気温になってきました。当方は、そろそろシルビアでも見に行ってみようかなぁ~ってところです。
Commented by fanseab at 2011-10-04 21:49 x
himeooさん、低地では10月まで飛んでいますよ。ただ♂はもうそろそろ限界かもしれません。ムラサキ色の輝きだけを写すなら蠅みたいに沢山いる上高地で狙うのが楽かもしれません。ただ、低地産は意外と大きな個体がいるので、紫色の映え具合はむしろ低地産の方がいい感じがします。
Commented by fanseab at 2011-10-04 21:52 x
kenkenさん、コメント有難うございます。
飛翔中の紫色表現、やはり目標になるのは、この分野の大先輩、Aさんのサイトにある画像ですね。ほぼ翅全面で紫色幻光を発色させています。今回撮影して、この表現がいかに難しいか?を実感できました。
ご指摘のように、気温の上昇が遅いので、活動が活発になる時間帯も微妙にズレているようです。
貴ブログでご紹介頂いた担担麺のお店、しかとメモいたしました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード