探蝶逍遥記

安曇野のカシワ林探索(7/15~16):その(1)ウラジロミドリシジミ

 昨年に引き続き、ブログ仲間、 kmkurobeさん(安曇野の蝶と自然)の地元にお邪魔して、ウラジロ他のゼフ撮影です。
 今回のメインターゲットは、ウラジロ♂の開翅シーンを再撮影すること。昨年も撮影に成功していますが、ウラジロ本来の色を出すに至らず、今回がリベンジマッチとなります。現地5時着で、ポイントに入ると既に同好者が長竿でペシペシやられています。ご挨拶すると、何とブログ仲間の kontyさん(蝶超天国)でした。2人してペシペシ作業をやって、そこそこの個体を確保し、待機することに。しかし、kmkurobeさんのブログ記事通り、この日も陽が差し始めると強烈な朝日がモロに各個体に当たり、モゾモゾし始めた後、開翅せずにすぐに梢に飛んでしまう個体が殆どで、成果が上がりません。そこで管理人は直射日光が直ぐに当たらない日陰側に回って、♀個体を下すことに成功。縁毛も綺麗な個体で、開翅を期待して待ちます。                                                                   ++横位置画像はクリックで拡大されます++                   
f0090680_14295779.jpg
D7K-85VR、ISO=500、F4.5-1/1250、-0.7EV、撮影月日・時刻:7月15日、6時21分

 そして何回か間欠的に開翅してくれました。
f0090680_14303133.jpg
D7K-85VR、ISO=640、F9-1/320、-0.7EV、撮影月日・時刻:7月15日、6時17分

 シットリとした表現には成功しましたが、残念ながら両前翅に傷が入っていました。クロツバメシジミ等、一様な黒褐色の蝶は傷が目立ちやすいですね。裏面の新鮮さに騙された感じでしょうか? 撮影した環境も横広角でご紹介しておきましょう。
f0090680_1430516.jpg
GXR@5.1mm、ISO=200、F6.5-1/160、-0.7EV、撮影月日・時刻:7月15日、6時21分

 さて、日差しが直接当たる場所に落下した♀個体は比較的長く草地に留まりますが、日差しを避ける傾向にあるようです。ハギの葉下に潜り込んだ個体をパチリ。
f0090680_1431838.jpg
D7K-85VR、ISO=200、F8-1/400、-0.7EV、外部ストロボ、撮影月日・時刻:7月15日、6時35分

 途中からkmkurobeさんご本人も現地に到着。色々とご協力して頂きました。「こっちで♂が開いたよ~」の掛け声で慌てて駆けつけてみると・・・・。
f0090680_14312957.jpg
D90-34、ISO=640、F10-1/1000、-1.0EV、撮影月日・時刻:7月15日、6時48分

 ウーン、残念ながらカシワ葉上で後ろ向きポーズ。殆ど光らないアングルです。結局、15日はこれ以上の成果がなく、また翌日チャレンジすることに・・・・。

 さて、16日。早朝5時より探索開始。期待とは裏腹にこの日もカシワ林は強烈な日差しに見舞われました。♂は降りても直ぐに上に戻る最悪のパターン。仕方なく、1頭の♀と心中? 何とか無傷の個体にて開翅撮影に成功。
f0090680_14315727.jpg
D90-34、ISO=200、F10-1/400、-1.3EV、撮影月日・時刻:7月16日、6時16分

 直射日光が当たる悪条件の中、RAW現像で何とかシットリ感を出そうとしてみました。結局この画像以外には成果が出せず、そろそろ撤収かな?と帰り支度をしながら、これまでビーディングを実施したことのない、孤立したカシワの木に着目。殆ど期待しないまま、叩くと2頭の♂が飛び出し、運よく1頭が管理人脇の葉上に着地。
f0090680_14321877.jpg
D7K-85VR、ISO=800、F9-1/320、-1.0EV、外部ストロボ、撮影月日・時刻:7月16日、7時07分

 良く見ると、黄色いストローで吸水している様子です。この子は落ち着きなく何回か飛び出しますが、体が温まりきっていないのか、すぐに着地します。そしてススキの葉上に飛び移った直後、突如、ガバッと開翅してくれたのでした!!
f0090680_14322927.jpg
D7K-85VR、ISO=500、F10-1/320、-1.3EV、撮影月日・時刻:7月16日、7時10分

 丁度上手い具合に光線が当たり、種saphirinus特有のサファイアブルーを何とか表現することができました。厳密に言えば、露出設定ミスがあって、直ぐに正規の設定に戻したのですが、その時には既に閉翅する過程にあり、最適ブルーの表現はできませんでした。その後、十分な日光を浴びたのか、草地沿いに飛び去って行きました。

 海外遠征でも最終日の撤収間際に幸運が舞い込むことがよくあり、目的種の撮影が土壇場で成功する体験を何回もしています。この日のウラジロ♂も将にそんな状況で、2日間粘って何とか昨年のリベンジを果たした感じです。この日、探索にご協力頂きましたkmkurobeさん、kontyさん、有難うございました。次回はハヤシミドリシジミ他について、ご紹介しましょう。
by fanseab | 2011-07-18 14:34 | | Comments(10)
Commented by 6422j-nozomu2 at 2011-07-18 15:50
信州ではウラジロが適期ですよね。メスは地味ですが、私は好きです。やはり雄のサファイアブルー設定を間違えたようですが、なかなか綺麗に撮影されていますよ。関西も適期終了。来週から信州に遠征予定です。
Commented by ノkmkurobe at 2011-07-18 16:25 x
すばらしい、朝日の中では、その光線のブルーがより輝きます。
私はこの色好きですね。複眼がチャームポイントのウラジロらしいいい絵にできあがっていますね。
Commented by kenken at 2011-07-18 17:33 x
この♀開翅、めちゃくちゃえぇです!
こんなに綺麗に♀を撮れるのか・・・ゼフ♀もクロツ同様、少しでも翅表に瑕があると目立ってしまいますが、この個体は天衣無縫ですね。日射しの加減も貴兄の腕でうまく利用されて、♂の開翅画像をはるかに凌ぐ傑作だと拝見しました。
最後に・・・凄いぞ、凄いぞ!
Commented by banyan10 at 2011-07-18 20:41
僕は今日行ったのですが、雌しか降りませんでした。
雌の全開は撮影していたので雄を探し続けましたが、雌もいいですね。
2日かけての撮影はすごいですね。
Commented by fanseab at 2011-07-18 20:43 x
ノゾピーさん、小生が関西在住時、何故かウラジロとは縁がなく、信州で頑張っています。そういえば関西だと6月の低山地のゼフですもんね。お蔭様で♂のブルーの写し込みに成功しました。信州遠征ですか?オオイチモンジ他高山蝶かな?傑作画像期待しております。
Commented by fanseab at 2011-07-18 20:47 x
kmkurobeさん、先日はお世話になりました。2日間粘った甲斐がありました。現在接近中の台風が通過した後位に曇り日が訪れそうですが、その時には既に擦れているでしょうから、ギリギリのタイミングでの撮影だったと思います。複眼のサファイアブルーは小生も大好きです。
Commented by fanseab at 2011-07-18 20:50 x
kenkenさん、♀開翅画像にお褒めのコメント恐縮です。苦労した甲斐がありました。ゼフの♀は心中覚悟で粘って待機しても、開翅した途端、傷に泣かされることが多いですよね。特に裏面や縁毛が綺麗でも表が傷だらけ・・・の事例が多いです。草むらの中でもがいている内に傷付くのでしょうかねぇ?
Commented by fanseab at 2011-07-18 20:55 x
BANYANさん、本日行かれましたか!♀の方が降りた後、草むらに待機して開翅する確率が高いように思われます。2日観察にかけたのは実はもう一つの目的があったからで、それは次回の記事で述べます。
Commented by konty33 at 2011-07-18 21:01
先日はお疲れ様でした。同じところで撮ったとは思えないほど素晴らしい写真が並んでますね。
kontyもその内にアップしようと思っていますが恥ずかしいです。
♂の開翅もいいですが、♀の新鮮さは素晴らしく、玄人受けする一品かと思います。
ご一緒できなかった2日目の方が成果が大きかったようですね。
Commented by fanseab at 2011-07-18 21:26
kontyさん、現地では色々とお世話になりました。♀開翅は昨年も撮影済みですが、朝日を浴びて赤銅色になりがちなので、RAW現像で、赤味を押えた処理で見た目に合わせてみました。♂のメタリック色の再現も難しいですが、♀の表現も凝ると結構しんどいものがあります。2日目はどなたか来られると思っていたものの、小生単独で、下した後、見失うケースが多くて、苦労の連続でした。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード