探蝶逍遥記

初めてアサマシジミと出会う(7月8日)

 オオムラサキ探索にでかけた7月8日、笹子トンネルを抜けたら雨模様。そこで急遽予定を変更し、アサマシジミの探索に午前中充ててみました。管理人はヒメ、ミヤマ、アサマのブルー3兄弟の中で、ヒメ・ミヤマについて撮影経験に乏しく、アサマに至ってはまだ観察したこともありません。市町村レベルでのラフなポイント情報を元に2時間程度かけて草地を探索いたしました。食草のナンテンハギもしくはヨツバハギを探索のメインキーワードに、そして生息環境上、「ススキが共存する場所」をサブキーワードにしてウロチョロ探しました。似たような環境の草地は結構あって、苦労します。雨も完全に上がった10時過ぎ、ススキの根際からスレた1頭のヒメウラナミジャノメが飛び出しました。しかし、時期的にヒメウラナミの2化が出るのには少し早いし、色が妙に黒っぽいなぁ~と思って、止まった個体を良く見ると、なんと、これが探していた宝物でした。                                                      ++横位置画像はクリックで拡大されます++
f0090680_22451148.jpg
D90-85VR、ISO=400、F8-1/800、-0.7EV、撮影時刻:10時05分

 ちょっと草臥れた♀ですね。それでも黒点が明確で「濃い」お顔をした個体だと思います。実はこのポイントにはミヤマの食草、コマツナギも生えていて、丁度新鮮な(第2化?)ツバメシジミ♀が産卵したりしておりました。実際、ミヤマが生息していても不思議ではない環境なので、帰宅してからPC画面上で、この♀裏面をよく確認するまで、アサマかどうかは半信半疑でありました。この♀、動きは鈍く、概略3mX3m程度の空間から出ようとはしません。時々、ヒメジョオンで吸蜜をしておりました。
f0090680_22452540.jpg
D90-85VR、ISO=400、F8-1/1000、-0.7EV、撮影時刻:11時18分

 吸蜜が終わると、下草に潜って、半開翅休息するパターンです。
f0090680_22453488.jpg
GXR@5.1mm、ISO=100、F9.1-1/80、-0.7EV、撮影時刻:11時18分

 この日の探索で出会った個体数は♂1頭、♀3頭のみ。♂には残念ながら逃げられて撮影は失敗。ブログ仲間の皆さんの画像を拝見すると、やはり新鮮な♂の翅表は魅力的ですね。このポイントでの♂撮影は来シーズンの楽しみに取っておきたいと思います。
by fanseab | 2011-07-13 22:46 | | Comments(8)
Commented by naoggio at 2011-07-14 09:57 x
アサマシジミ初撮りおめでとうございます。
fanseabさんがアサマシジミ初見というのは意外でした。
海外遠征がお忙しいとそう言う事もあるのでしょうね。
ピンポイントで発生するアサマシジミ、市町村レベルのくくりでは相当苦労が予想されますがよく見つけられましたね。
私も既知以外のポイントとなると1日歩いて見つけた事が1回、キマルリを探していて偶然1頭見かけたのが1回です。
2時間で見つけられたとは・・・さすがという他ありません。
↓のオオムラサキ♂どうしのお見合い、貴重な写真ですね。
Commented by fanseab at 2011-07-14 21:39 x
naoggioさん、コメント有難うございます。
小生、国内産については、結構未撮影種が多いですよ。既知ポイントを独力で探すのは色々と謎解きの面白さがあって、楽しいです。でも新規ポイント開拓の方がより深味がありますが・・・。今回は運よく2時間程度でポイントに到着できました。
オオムラサキの誤求愛含め、個体数が多いと色々な生態撮影のチャンスが増えるように思います。
Commented by ダンダラ at 2011-07-15 10:26 x
アサマシジミのポイントを独力で見つけられるとはすごいです。
いつも人を当てにしている自分を大いに反省ですが、やはりこう行ったことは常に意識していないとできませんね。
Commented by kmkurobe at 2011-07-15 16:45 x
やはりススキと関係が深いようですね。何人かの方に聞いても同意されていました。本当の高地型はどんなパターンなのか知りたい物ですね。その昔クモツキと同じ場所にいたアサマはあまり草が茂ったところにはいなくて、草津記のはずれのような場所で幼虫がたくさん見つかりました。地元では終齢が6月末。
多分今頃は最盛期のはずですが、今や昔の話です。
もう一度出会いたい物ですね。上高地のものとほぼ同じ感じでした。
Commented by ヘムレン at 2011-07-15 21:21 x
アサマシジミの発見!お見事です。
ヒメはポイントは多いですし、ミヤマは探すポイントがある程度わかりやすいですが、アサマは一番局所的でもあり、ポイントも少ないので凄いと思います。そういう努力して見つけられたポイント・・・いつまでも大事に残したいですね(^^)おめでとうございます。
山梨の草むらは・・・マムシに注意しましょう(笑)
Commented by fanseab at 2011-07-17 21:44 x
ダンダラさん、連続コメント有難うございます。
独力でポイントを見出したと言っても、恐らくブログ仲間が行かれているポイントと同一かもしれません。探索の面白さは「いないことを証明する」よりは、「ちゃんと生息している」ことを見出す点にありますね。
Commented by fanseab at 2011-07-17 21:46 x
kmkurobeさん、先日はお世話になりました。
ススキの件は、ブログ仲間の記事に記載があったので、参考にしてみました。クロシジミやゴマシジミもススキと関係あるポイントが多いような気がします。ヤリガタケシジミともなると、生息環境は大いに異なるのでしょうね。
Commented by fanseab at 2011-07-17 21:48 x
ヘムレンさん、小雨でも探索可能と思って、少し時間を割いてみました。発見できると嬉しいですね。マムシの件はもちろん注意しましたよ。持参した一脚で草を払いながら、ビクビクして探索をしておりました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード