探蝶逍遥記

香港遠征日記(13)5月2日前半その1

 さて、遠征の最終日を迎えました。張り切って朝5時起床。眠い目をこすりながら朝食を取りにホテルを出ました。眠気を覚ます意味でちょっぴり刺激のある物が食いたい・・・。そう思って入った店(24hrs営業のチェーン店「大家食」)で頼んだのが、酸辣麺(コーラ付27HK$=310円)。                                               ++横位置画像はクリックで拡大されます++
f0090680_22272663.jpg
GX100@5.1mm、ISO=80、F7.2-1/10、-0.3EV、撮影時刻:5時28分
     
 画像右上にちょっと掲示が見えますが、辛さのカテゴリーに「小辣」、「中辣」・・・「特辣」とあって、小心者の管理人は「小辣」を選択。スープに唐辛子の赤色が染みこんでいないので、楽勝かと思ったら、大間違いでした!麺を一口すする度に「舌から喉が痺れる」凄い刺激が襲ってきます。甘めのホットコーヒーで口直しするも効き目不足で、慌ててホット豆乳(7HK$=80円)を追加。何とか食べきった後で、体中から汗が噴き出してきました。眠気覚ましにはあまりにも強烈な刺激でございました。ハイ本当に。

 ホテルに帰宅して6時30分にチェックアウト。KCR旺角から大埔墟下車で、今日は時間を節約してタクシー(26.2HK$=300円)を使い鳳園へ。鳳園には7時13分着。朝から腰を据えての撮影になりました。先ずは活動開始前のタイワンモンシロチョウ(Pieris canidia canidia)雨季型♂の閉翅をパチリ。
f0090680_22275524.jpg
D5K-85VR、ISO=400、F7.1-1/800、-1.0EV、撮影時刻:7時27分

 早朝限定で飛ぶセセリ類を期待してウロチョロしていると、見覚えのある周回飛行をするTagiadesが出現。シナシロシタセセリ(Tagiades litigiosus litigiosus)の♂でした。
f0090680_22282545.jpg
D90-34、ISO=500、F8-1/400、-1.0EV、外部ストロボ、撮影時刻:7時47分

 ちょい、ピン甘(^^; 相当に敏感でじっとしてくれません。Tagiadesスラウェシで撮影して以来の出会いでした。お花畑を追いかけ回すと吸蜜を開始。別個体かなと思ったら、♀でした。
f0090680_22285632.jpg
D90-34、ISO=500、F8-1/400、-1.0EV、外部ストロボ、撮影時刻:7時50分

 ♂♀共にちょっとスレ個体です。シロシタ類の後翅縁毛付近は痛みやすく、なかなか完品に出会うことが難しいのですが、運よく短時間で♂♀撮り分けられたのは良かったです。お花畑から離れた灌木脇にフワフワ飛ぶヒメアサギマダラ(Parantica aglea melanoides)♂が登場。
f0090680_22291084.jpg
D90-34、ISO=500、F9-1/320、外部ストロボ、撮影時刻:7時56分

 例によって、枯茎から出るアルカロイドを吸汁しているシーンです。ヒメアサギマダラはどこで出会っても何と言うか、捉えどころのないマダラチョウで、かっちりと写せない悩ましい対象です。お花畑に戻ると黒系セセリが舞っていました。ボロのクロセセリ(Notocrypta curvifascia curvifascia)でした。
f0090680_22292266.jpg
D90-34、ISO=500、F9-1/1600、-2.0EV、外部ストロボ、撮影時刻:8時02分

 クロセセリは国外での初撮影。ストロボ照射に敏感で、前翅を引き上げています。広角で吸蜜に訪れたお花畑の雰囲気も取り込んでみました。
f0090680_22293275.jpg
GX100@5.1mm、ISO=80、F7.2-1/50、-0.7EV、撮影時刻:8時03分

 徐々に気温が上がって、タイワンモンシロチョウも飛び始めましたので飛翔を撮影。
f0090680_2229455.jpg
D40-10.5-X1.4TC(トリミング)、ISO=400、F2.8-1/2500、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:8時36分
 
 白飛びするんで、朝方や夕暮れ時のシロチョウ類飛翔撮影は難しいですね。<続く>
by fanseab | 2011-02-16 22:31 | | Comments(8)
Commented by 虫林 at 2011-02-17 12:09 x
楽しく拝見していました。
香港は安全で、チョウの種類も多いので楽しいところですね。僕も再び訪れてみたいな。
シナシロシタセセリは僕もマレーシアで撮影しましたが、とても綺麗な蝶ですね。でも似たのも多くて困ります。
Commented by naoggio at 2011-02-18 14:12 x
朝から大変でしたね。
私、辛さに強い方ではないので、読んでいるだけで汗が出そうでした。小辣でもそんなに辛いものなんですか。
シナシロシタセセリ、きれいな蝶ですね。コウトウシロシタと似てますがちょっと柔らかみがあるような。腹端の白も面積が広いように見えます。
タイワンモンシロチョウは裏だと良くわかりませんが、飛翔写真で表を見ると縁の黒紋が見えて違いが良くわかりますね。
Commented by yoda-1 at 2011-02-18 22:08
YODAは台湾で、コウトウシロシタセセリの方を観察して、その飛翔時の綺麗さに感嘆しました。
このシナシロシタにも早く遇いたいものです。
腕力を鍛え直している感じのヒメアサギマダラの画像が楽しいです。
Commented by fanseab at 2011-02-19 20:57 x
虫林さん、香港は治安の面での心配をせずに撮影できる点は良いですね。特別行政区になった直後は郊野公園での強盗事件とかありましたが、現在は落ち着いているようです。Tagiadesのグループは本当に良く似た種類が多くて困ります。しかも日中は葉影に隠れるのが多いのも辛いですね。
Commented by fanseab at 2011-02-19 20:59 x
naoggioさん、小生は辛いものが大好きですが、この麺には参りました。シロシタの仲間は東南アジア遠征で撮りたい撮りたいと思うのですが、どうも相性が悪くていけません。今回は何とか撮影できてホッとしております。
Commented by fanseab at 2011-02-19 21:01 x
yoda-1さん、シロシタの周回飛行はなかなかの見物ですね。ヒメアサギマダラはまっとうな吸蜜シーンを撮りたいのですが、いつも変な場面でしか撮れてません。鳳園でも数が少なかったように思います。
Commented by kenken at 2011-02-19 21:02 x
えっ?この汁そば、そんなに辛いんですかっ。まったくそんなふうに見えません。GX-100でF7.2ということは、絞り優先でぐっと絞り込んでの撮影でしょうか。オレンジのおねぇさんがくっきりですね。
シロシタセセリ、なかなかすばしっこそうです。
Commented by fanseab at 2011-02-19 21:15 x
kenkenさん、でしょ?辛くみえないので、騙されました。お店の雰囲気と麺の状態を表現するため絞り込んでいます。結果1/10sec.になりましたが、テーブルにカメラ固定しているので、GX100の手振れ補正が効いてシャープに撮れました。チェーン店なんで小姐はユニフォームを着てますね。シロシタはダイミョウに近縁なので、習性はダイミョウそっくりですが、飛翔時はかなりスピード感あります。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード