探蝶逍遥記

ムラサキツバメの越冬集団探索:その2(11月28日)

 先週に引き続き越冬集団の様子を見に行きました。この日は快晴ですけど、午前中は物凄い風が吹き荒れていてちょっと心配。現地8:00着。最初は第一集団。数は前回と同じ8頭。                                  ++画像はクリックで拡大されます++
f0090680_2361022.jpg
D90-34、ISO=640、F10-1/200、外部ストロボ、撮影時刻:8時26分

 多少数が増えていることを期待したのですけど、彼らのマンション(仮に1号棟とでも呼びましょう)の定員は8名様と決まっているのでしょうか?続いて2号棟(笑)。こちらも前回同様7頭でした。
f0090680_2363288.jpg
D90-34、ISO=640、F10-1/200、外部ストロボ、撮影時刻:8時29分

 ただ、どちらの集団も前回とは集団の配置が異なっています。天気の良い日に活動して、舞い戻った時に占有するポジションも当然異なるのでしょう。1号棟の様子を広角でも撮影。
f0090680_2365737.jpg
D90-1855VR@18mm、ISO=200、F10-1/60、-0.7EV、内蔵ストロボ、撮影時刻:9時08分

 周囲の灌木類もかなり黄色く色づいてきました。お次は今回主目的の魚露目画像です。1号棟の様子をぐっと住人達に接近して撮影してみました。
f0090680_2371460.jpg
D90-1855VR@55mm-gy8(トリミング)、ISO=400、F25-1/60、-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:8時52分

 魚露目での撮影としては、もう少し頭数が多いと「ひしめき合う」点が強調できるのですが、8頭程度だと少し迫力が欠ける感じがします。さて、1号棟を魚露目で撮影した後、2号棟を撮ろうと、魚露目を接近させた瞬間、パーッとムラツが散ってしまいました。後で振り返ってみると、7頭はほぼ全個体とも立っていて、活発な状態でした。何故かと言えば、地形的に2号棟は朝日が良く当たる位置にあり、全個体の活性が上がっていたのです。対照的に1号棟は午後2時過ぎでないと陽光が当たらない環境。人間が住むマンションですと、2号棟の方が高価かもしれませんが、ムラツの越冬にはむしろ、1号棟の方が御誂え向きのように思います。

 魚露目画像も撮れたので、この日も「3号棟他」を探索してみました。前回より捜索範囲を拡げてみたものの、成果はなく、戻る途中でヤツデの葉に違和感を覚えました。近寄ってみると、♂が全開翅しておりました。折角のチャンスなので、前方から撮影。
f0090680_2373852.jpg
D90-85VR、ISO=200、F10-1/250、-0.7EV、撮影時刻:10時11分

 この渋い藍緑色の輝きは独特なものがありますね。その後、2号棟付近に戻ってみると、先ほど散らばった個体の一部が日光浴しておりました。ちょっとスレた♂の開翅。
f0090680_2375458.jpg
D90-85VR、ISO=200、F10-1/160、-1.0EV、撮影時刻:10時38分
 
 ムラツ♂のブルーが一番光るのは、この絵のように、右前翅が立った状態で、少し後方から覗き込むアングルではないかと思います。また、緑系ゼフと異なり、前方から撮影しても、必ずしもブルーが鮮やかに輝く訳でなく、このシジミの場合は、ことさら鮮やかなブルーの描写に拘るよりは、ムラツ♂独特の鈍い輝きを楽しむべきと思います。

 さて、結構沢山いた♂に比較して、♀はボロが多く、やっと撮影できた個体も、翅面が綺麗でも尾状突起が欠けていました。
f0090680_23863.jpg
D90-34、ISO=400、F5.6-1/1000、-1.0EV、撮影時刻:11時00分

 朝方吹き荒れていた強風も昼前には収まり、陽だまりでムラツと戯れながら、楽しい一時を過ごすことができました。
by fanseab | 2010-11-29 23:09 | | Comments(12)
Commented by cactuss at 2010-11-30 00:00
自力で見付けたムラツ集団越冬は一人で独占できるので、いいですね。
こちらではまだ、ムラツ越冬を見付けた事はないですが、山の南側の北風の当たらない所にはいるかもしれませんね。
Commented by fanseab at 2010-11-30 07:08 x
cactussさん、冬場の蝶観察としてゼフの越冬卵探索がありますが、ムラツ越冬集団探索も晩秋のこの時期ならではの楽しさかあります。ある程度まとまった発生数が期待できれば、群馬や栃木でも発見の可能性があると思います。是非トライしてみて下さい。
Commented by yoda-1 at 2010-11-30 12:41
魚露目撮影は、背景も鮮明でいいですね。
YODAもやがてはトライしてみたいです。
しかし、ムラツの各住居棟は、天気の良い日はもぬけの空になる可能性もあるのでしょうか。
匂いが残っていて、帰着できるのかな。
この辺の同種の団体行動に、生き物の素晴らしさを感じます。
Commented by fanseab at 2010-11-30 23:45 x
yoda-1さん、コメント有難うございます。
魚露目は使い方が難しいレンズで、かなり描画目的を絞らないと散漫な絵を乱発することになります。レンズ自体はとても安価なのですけど、マスターレンズとの組合せ技術は結構奥が深いものがあります。
ムラツ集団は気温が高いと外出して、その後不思議と同じ葉に戻ってきます。確かにフェロモンのような誘因物質を頼りに帰巣できるのかも知れません。
Commented at 2010-12-01 18:27
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by fanseab at 2010-12-01 21:55 x
鍵コメさん、それは完璧に越冬集団です。
ムラツは常緑樹に横向きで集団を作って枯葉っぽく擬態するのに対し、ムラシは普通枯葉を好んでその風景に紛れ込む作戦を取るように思います。蜘蛛の巣にひっかかった枯葉等に隠れていますね。拙ブログの下記を参照してください。
http://fanseab.exblog.jp/7369633
Commented by chochoensis at 2010-12-01 22:06 x
fanseabさん、「ムラサキツバメ」越冬集団すばらしいですね・・・懐かしいです・・・数年前に観察できた埼玉での集団は、ここのところ観察できないでいます。ぜひ、又観察してみたいものです・・・。
Commented by fanseab at 2010-12-02 07:08 x
chochoensisさん、ムラツ越冬集団探索は宝探しの楽しさがあります。一旦飛び散った集団が再び元の位置に舞い戻れるのは、何とも不思議です。身を寄せあった仲間が匂い付けをしているのでしょうか?
Commented by MatsuHImeji at 2010-12-04 22:55
fanseabさん、どうもありがとうございました。
今日確認に出向きましたら、5頭から6頭に増えていました。
枯れ葉と蜘蛛の巣との合作みたいなゴミゴミした場所で、風雨に耐えられるかと案じましたが、チョウの見る目の方が確かでした。(^^ゞ  あそこにはクモの姿も写り込んでいるんで、やはり老婆心が働きます。
Commented by ダンダラ at 2010-12-06 11:36 x
ゼフ類だと、オスの翅が一番輝くのは斜め前方からのように思いますが、ムラツの場合は前方からだと少し色合いが濃くなるようですね。
昨日撮影してみてそう思いました。
カシオのパスト連射で集団が飛び立つ瞬間を撮りたいと思っているのですが、なかなか良い集団が見つかりません。
他の方が観察している場所では集団を散らしてしまうのも少しためらわれますし。
でもきっとすごい写真が撮れると思っているのですが。
Commented by fanseab at 2010-12-06 22:58 x
Matsuhimejiさん、数が少しでも増えると嬉しくなりますね。これから先、どこまで集団が維持できるか?継続観察の楽しみができたと思います。蜘蛛の巣で絡んだ枯葉は、強風で飛ばされない訳で、よくぞ彼らがそんな越冬場所を選択する知恵があるのか、本当に不思議です。
Commented by fanseab at 2010-12-06 23:01 x
ダンダラさん、今回はほぼ前方ですが、やや斜め前方だと、多少色合いがブルーの強い藍緑色になるようです。いずれにせよ、この幻光は他のシジミでは発現しない色ですから貴重だと思います。
パスト連射ですか?今度一度試してみたいと思います。ただ暗くて光量が不足しがちなので、一工夫要りますね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード