探蝶逍遥記

アサギマダラ他(10月27日)

 先日27日、会議・打合せの全くない空白の一日ができ、奇跡的に平日年休が取得できました。じっくり体を休めるチャンスですけど、好天が予想されたので、つい撮影に出かけてしまいました(^^; 前回に続き、来シーズンに備えて静岡県内を探索です。比較的低標高の山間で駐車すると、朝日を求めてヤマトシジミ♂が開翅していました。                                                              ++横位置画像はクリックで拡大されます++
f0090680_121197.jpg
D90-85VR、ISO=400、F9-1/500、-0.7EV、撮影時刻:9時11分

 色味もかなり白っぽくなって、ヤマトの翅は流石にもう秋でした。渓谷沿いに移動すると林縁をフワフワ飛ぶアサギマダラが目に留まりました。
f0090680_1212062.jpg
D90-85VR(ノートリ)、ISO=400、F3.5-1/2500、-0.7EV、撮影時刻:10時33分

 そのうち、近くに止まりました。
f0090680_1213346.jpg
D90-85VR、ISO=400、F9-1/200、-0.7EV、内蔵ストロボ、撮影時刻:10時36分

 逆光に浅葱色が映えます。後翅の性標がない♀でした。ここでは延べ7頭程、アサギマダラが舞っていましたが、いずれも♀。高原のヒヨドリバナに集う本種は殆ど♂だったりすることを考えると、♀の存在確率は相当なものだと思いました。このポイントは渓谷の南面に小さな茶畑が広がっており、茶畑の周囲は広葉樹に覆われてポカポカと大変暖かい環境。丁度、この日は全国で木枯らし第1号が吹いたのですが、深い広葉樹林が風を遮って、全くの無風状態でした。そのうち、アサギマダラが舞い降りて、お茶の花から吸蜜を始めました。
f0090680_1214921.jpg
D90-85VR、ISO=200、F10-1/200、-1.0EV、内蔵ストロボ、撮影時刻:10時51分

 茶の花は相当に美味しいのか、結構長時間吸蜜しています。別の個体の吸蜜シーンはこちら。
f0090680_1215952.jpg
D90-85VR、ISO=400、F10-1/200、-1.0EV、内蔵ストロボ、撮影時刻:10時53分

 吸蜜が終わると、開翅休息です。
f0090680_1221217.jpg
D90-85VR、ISO=200、F10-1/400、-1.0EV、撮影時刻:11時01分

 10月下旬とは思えない暖かさの中でアサギマダラ達は吸蜜と日光浴を繰り返しておりました。彼女達にとって、別天地のようなポイントなのでしょう。

 さて、茶畑にはアカタテハも訪れていました。開翅吸水のシーン。
f0090680_1222582.jpg
D90-85VR、ISO=200、F9-1/1000、-1.0EV、撮影時刻:10時46分

 白い縁毛もはっきりして、ほぼド完品の個体に満足です。お次はお茶の花からの吸蜜シーン。
f0090680_1223733.jpg
D90-85VR、ISO=200、F9-1/640、-1.0EV、撮影時刻:10時47分

 お茶の花には、この他、アブ類やスズメバチ等、多くの昆虫が引き寄せられていて、この時期の貴重な吸蜜源なのだと思いました。日本茶栽培にとって、花の開花は望ましいことではなく、管理された農園では、蕾を早めに摘み取るようです。逆にこのポイントは半ば放置されたような畑なので、花が沢山咲いていて、アサギマダラにとっては好都合な場所と言えます。

 普段は夏の高原で観察・撮影するチャンスの多いアサギマダラですけど、10月下旬にどのように生活しているのか?今回は興味深い生態を観察できたように思います。アサギマダラの場合は、長距離移動することが有名ですが、長距離移動に焦点が当てられすぎていると個人的には思います。やれ、「福島から沖縄まで行った記録が出た!」、「韓国への渡りを初めて確認!」等、センセーショナルな話題に終始しています。まぁ、「俺がマーキングした個体は800km飛んだぜ!」みたいなゲームのノリもあるのでしょうね。そんなこんなで、まるで全ての個体群が長距離移動をするかのように誤解されがちです。確かに越冬できない北方の個体群が南方に長距離移動することは事実だけれど、①静岡や温暖な西日本で生まれた個体群はそれほど移動しないのではないか?②狭いエリアを小移動するけれど、渡りをしない個体群がいるのではないか?等、究めるべき生態が多いマダラチョウだと思います。「渡らないことを証明するためのマーキング」活動も必要でしょうね。ひょっとすると、今回観察したポイントはミニ集団越冬地なのかもしれません。
by fanseab | 2010-10-30 12:05 | | Comments(10)
Commented by himeoo27 at 2010-10-30 21:04
お茶の花に「アサギマダラ」&「アカタテハ」が吸蜜するとはこの時期大人気ですね!それにしても秋のアカタテハ赤が綺麗です。
Commented by 6422j-nozomu2 at 2010-10-31 11:38
確かにこの時期アサギマダラそれも複数頭とは、渡りにしてはもう遅すぎますし、渡らない個体群もあるという仮説も当たっているかも知れませんね。
Commented by fanseab at 2010-10-31 21:24 x
himeooさん、普段みかけない花弁からの吸蜜シーンが珍しく、思わず撮影しました。ムラサキシジミがよく訪れるツバキと同じ仲間なので、蜜量は多くて、美味しいのだと思います。この日、見かけたタテハは全てアカタテハで、ご指摘の通り、鮮烈な赤は魅力タップリです。
Commented by fanseab at 2010-10-31 21:25 x
ノゾピーさん、機会があれば、同じポイントを訪れて仮説検証をしたいと思います。鮮度はマチマチなので、羽化時期が異なる個体が集合していることは事実です。
Commented by ダンダラ at 2010-11-01 11:44 x
5月下旬から6月上旬にクモツキを探しに山に入ると、アサギマダラを見つけてビックリすることがたまにありますが、これらの個体は南方から渡ってきたと考えるよりは、低地の越冬場所から移動してきたと考えるほうがしっくりすると思います。
渡りをしないグループについては、以前から言われていたかと思いますが、おっしゃるようにマークをしてきちんと確認できると素晴らしいと思います。
確かに渡りばかりに目が向きすぎていますね。
Commented by banyan10 at 2010-11-01 17:49
茶の花の吸蜜は晩秋らしい雰囲気ですね。
アサギマダラは成虫越冬は関東では難しいかもしれませんが、幼虫はあるのではと思っています。
秋に確認はされていますが、越冬できるとしても確率は低いでしょうね。
Commented by yoda-1 at 2010-11-01 18:53
渡りを忘れたアサギマダラの生態が解明されるといいですね。
幼虫越冬の現場とかを押さえてみたいですが、
そもそも本州での幼虫をみていないYODAは経験不足すぎます。
Commented by fanseab at 2010-11-02 07:08 x
ダンダラさん、アサギマダラはフワフワとした飛び方同様に、生態も掴み所が無い蝶のようです。いつもついでに撮影する対象で、ジックリ観察することが少ないですね。5月下旬に北アルプスを飛ぶ個体はどこからやって来たのでしょうね?
Commented by fanseab at 2010-11-02 07:16 x
BANYANさん、茶の花の吸蜜画像は初体験でした。冬場の最近気温が徐々に上昇していけば、関東でも越冬可能なポイントが増えるでしょう。そんな観点からの幼虫探索も面白そうです。
Commented by fanseab at 2010-11-02 07:23 x
yoda-1さん、コメント有難うございます。香港でのマダラチョウ集団越冬観察の経験から、静岡あたりでも十分成虫越冬の可能性を感じます。マーキング活動が夏場に偏っていることも、ちょっと疑問に感じていて、問題提起させて頂きました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード